外壁塗装の防水効果を高める方法とは?おすすめ塗料や選び方を紹介!

外壁塗装に防水塗料を使うとどんな効果があるのでしょうか?

 

外壁塗装は家の美しさや快適さを保つために重要な工事ですが、防水塗料を使うことでさらにメリットが増えます。

 

防水塗料は外壁のひび割れや水漏れを防ぎ、耐久性や美観性も向上させます。

 

しかし、防水塗料にも種類や特徴があり、選び方や塗り方にも注意が必要です。

 

この記事では、外壁塗装に防水塗料を使うメリットとデメリット、種類と選び方、施工のポイントなどを詳しく解説します。

 

防水塗料の種類と特徴

 

外壁塗装で防水効果を高めるには、塗料を選ぶことから始まります。

 

防水塗料とは、一般的な塗料と比べて防水性能が高い塗料のことです。

 

防水塗料は、建物の外壁や屋上、ベランダなどに塗装することで、雨水の浸入を防ぎ、素材を保護する効果があります。

 

防水塗料には、外壁用と床用の2種類があり、それぞれに特徴や適した場所があります。

 

以下、防水塗料の種類と特徴について解説します。

外壁用の防水塗料

外壁用の防水塗料は、弾力性がある塗料のことで、塗膜自体が伸び縮みする性質があります。

 

これにより、外壁のひび割れを埋めたり、新たなひび割れを防いだりする効果があります。

 

外壁用の防水塗料には、主に以下の4種類があります。

 

種類 特徴 耐用年数
アクリル塗料 発色が良く、安価で扱いやすいですが、耐久性や耐候性に劣ります。 5~6年程度
ウレタン塗料 弾力性や付着性に優れていますが、水と反応しやすく、汚れや劣化が目立ちやすくなります。 6~10年程度
シリコン塗料 耐久性や耐候性が高く、汚れにくいですが、価格は高めです。 10~15年程度
フッ素塗料 最も耐久性や耐候性が高く、汚れや色あせに強いですが、価格は非常に高いです。 15~20年程度

 

外壁用の防水塗料は、コンクリートやモルタルなどでできた外壁に適しています。

 

ただし、雨水の浸入を完全に防ぐことは難しいため、雨漏りのリスクが高い場合は床用の防水塗料を併用する必要があります。

床用の防水塗料

床用の防水塗料は、雨水を完全にシャットダウンすることを目的とした高性能な塗料です。

 

床用の防水塗料は、「防水層」と「トップコート」の2層で構成されています。

 

防水層は水の浸入を防ぐ機能を持ち、トップコートは防水層を紫外線や劣化から保護する機能を持ちます。

 

床用の防水塗料には、主に以下の2種類があります。

FRP(繊維強化プラスチック)防水

ガラス繊維などを不飽和ポリエステル樹脂で固めたシート状の材料であるFRPを貼り付けて防水層を形成します。

 

FRPは強度や耐久性に優れていますが、施工時に切断や接合などの作業が必要です。

ウレタン防水

ウレタン樹脂を液状にしたものを塗布して防水層を形成します。

 

ウレタンは弾力性や伸縮性に優れており、ひび割れにも対応できます。

 

また、施工時には刷毛やローラーなどで塗るだけで済むため、手軽です。
床用の防水塗料は、屋上やベランダなどの平坦な床面に適しています。

 

雨水がたまりやすい場所は、外壁用の防水塗料では不十分なため、床用の防水塗料でしっかりと防水処理をする必要があります。

防水塗料の選び方と塗り方

 

防水塗料を使用する場合は、自分の目的や予算に合わせて適切な種類や色を選ぶことが大切です。

 

また、塗装する前には下地処理や養生などの準備も必要です。

 

以下、防水塗料の選び方と塗り方について解説します。

防水塗料の選び方

防水塗料を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

塗装する場所

外壁用と床用では防水性能や機能が異なるため、塗装する場所に合わせて選びます。

 

外壁用は弾力性がありますが、雨水の浸入を完全に防ぐことはできません。

 

床用は雨水を完全にシャットダウンしますが、価格は高めです。

塗装する素材

コンクリートやモルタルなどの素材はひび割れしやすいため、弾力性や伸縮性のあるウレタンやシリコンなどの塗料がおすすめです。

 

木材や金属などの素材は耐久性や耐候性の高いフッ素などの塗料がおすすめです。

耐用年数

防水塗料には耐用年数があります。

 

耐用年数が長いほど価格は高くなりますが、長期的に見るとコストパフォーマンスが良くなります。

 

自分の予算や目的に合わせて耐用年数を考慮しましょう。

防水塗料にはさまざまな色があります。色は建物の雰囲気や周囲の景観に影響します。

 

また、色によって熱反射率や汚れの目立ち具合も変わります。

 

明るい色は熱反射率が高く涼しくなりますが、汚れが目立ちやすくなります。

 

暗い色は熱反射率が低く暑くなりますが、汚れが目立ちにくくなります。

防水塗料の塗り方

 

防水塗料をきれいに塗るためには、以下のステップで作業をおこないます。

Step1. 塗装する面をきれいにする

古い塗装や汚れを除去しておきます。古い塗装はヘラで剥がし、汚れはブラシや高圧洗浄機で洗浄します。

Step2. 傷みやひび割れを補修する

塗装する面に傷みやひび割れがある場合は、補修材で埋めておきます。

 

補修材は、塗料と同じ原料のものを選ぶと良いでしょう。

 

補修材を塗った後は、乾燥させてからサンドペーパーで平らにします。

Step3. 養生をする

塗装しない部分や周囲の物を養生テープやビニールシートなどで覆っておきます。

 

これにより、塗料が飛んだり付着したりするのを防ぎます。

Step4. 下塗りをする

下塗り用の塗料を塗布します。下塗りは、塗膜の密着性や防水性を高める役割があります。

 

下塗り用の塗料は、通常の塗料よりも薄めに作られています。下塗りは、刷毛やローラーなどで均一に塗ります。

Step5. 中塗りをする

中塗り用の塗料を塗布します。中塗りは、色や厚みを整える役割があります。

 

中塗り用の塗料は、通常の塗料と同じ濃度で作られています。中塗りは、下塗りが乾燥した後に行います。

Step6. 上塗りをする

上塗り用の塗料を塗布します。上塗りは、仕上げや保護の役割があります。

 

上塗り用の塗料は、通常の塗料よりも濃く作られています。上塗りは、中塗りが乾燥した後に行います。

Step7. 乾燥させる

最後に、十分に乾燥させます。乾燥時間は、気温や湿度などによって異なりますが、一般的には1~2日程度です。

 

乾燥させる際は、直射日光や雨などの影響を避けるようにします。
以上が、防水塗料の選び方と塗り方のステップです。

 

防水工事は専門的な技術が必要なため、自分で行う場合は十分に注意してください。

防水工事の費用相場と節約方法

 

防水工事は建物の美観や耐久性を保つために重要なメンテナンスですが、費用も高額になることが多いです。

 

以下、防水工事の費用相場と節約方法について解説します。

防水工事の費用相場

防水工事の費用相場は、以下の表 のようになっています。

 

防水工事の種類 費用相場(税込)
外壁用防水工事 60~100万円
床用防水工事 100~200万円

 

防水工事の費用相場は、使用する防水塗料や工事方法、工事面積などによって変わります。

 

また、業者によっても見積もりや施工品質が異なります。

 

そのため、防水工事の費用を決める際は、複数の業者から見積もりを取って比較することがおすすめです。

 

見積もりを取る際には、以下のポイントに注意しましょう。

 

  • 防水塗料の種類や色、量を明記する
  • 工事方法や工期、保証期間を明記する
  • 施工前後の写真や検査報告書などの証明書を提出する
  • 追加料金やキャンセル料などの条件を確認する

防水工事の節約方法

防水工事の費用を節約するためには、以下の方法があります。

足場代を抑える

足場代は防水工事の費用の約20~30%を占めます。

 

足場代を抑えるためには、外壁塗装と同時に行うことや、近隣と相談して共同で借りることが効果的です。

塗料代を抑える

塗料代は防水工事の費用の約30~40%を占めます。

 

塗料代を抑えるためには、自分の目的や予算に合った塗料を選ぶことや、余分な塗料を使わないようにすることが効果的です。

工事代を抑える

工事代は防水工事の費用の約40~50%を占めます。

 

工事代を抑えるためには、見積もりを比較して安い業者を選ぶことや、交渉して値引きを得ることが効果的です。

外壁塗装の防水効果についてよくある質問

 

外壁塗装に防水塗料を使うメリットは何ですか?

外壁塗装に防水塗料を使うメリットは、外壁のひび割れや水漏れを防ぐことができることです。
防水塗料は伸縮性が高く、外壁の動きに合わせて塗膜が変形するので、ひび割れに強いです。

 

また、防水塗料は耐久性や美観性も優れています。

 

外壁塗装に防水塗料を使うデメリットは何ですか?

外壁塗装に防水塗料を使うデメリットは、コストが高いことや施工が難しいことです。
防水塗料は一般的な塗料よりも価格が高く、厚く均一に塗る必要があります。

 

また、防水塗料は乾燥時間が長く、気温や湿度に影響されやすいので、施工条件に注意する必要があります。

 

外壁塗装に防水塗料を使う場合の注意点は何ですか?

外壁塗装に防水塗料を使う場合の注意点は、外壁材の種類や状態に合わせて適切な製品を選ぶことや、専門的な知識や技術を持った業者に依頼することです。
外壁材によっては防水塗料が不向きなものもありますし、既存の塗膜との相性も考慮する必要があります。

 

また、防水塗料の施工は難易度が高いので、DIYではなくプロに任せる方が安全で確実です。

外壁塗装の防水効果を高める方法とは?おすすめ塗料や選び方を紹介!まとめ

外壁塗装で防水効果を高めることは、外壁の劣化や雨漏りを防ぎ、美しい外観を保つために有効な方法です。

 

しかし、防水塗料には様々な種類や特徴があり、外壁材や状態に合わせて適切な製品を選ぶ必要があります。

 

また、防水塗料の施工は難易度が高いので、専門的な知識や技術を持った業者に依頼することがおすすめです。

 

外壁塗装に防水塗料を使うことで、家の寿命や快適さを長く保つことができます。

外壁塗装

外壁塗装