外壁塗装と防水工事の違いとは?一緒に行うべき具体的箇所とポイントを解説!

この記事では、外壁塗装と防水工事の違いやメリット、施工業者の選び方などをわかりやすく解説します。

 

外壁塗装と防水工事は、どちらも建物の外側に塗料を塗る作業ですが、目的や効果に違いがあります。

 

外壁塗装は、建物の美観を保持することが主な目的であり、防水工事は建物を水から保護することが唯一の目的です。

 

外壁塗装と防水工事を一緒におこうことが、推奨されているということをご存知でしょうか?

 

外壁塗装と防水工事の違いや役割を知りたいという方は、ぜひ参考にしてください

 

外壁塗装と防水工事の違い

外壁塗装とは

外壁塗装は、汚れや色あせ、ひび割れなどで劣化した外壁の表面を整えて塗装を施す工事です。

 

見た目がきれいになり、建物の寿命を延ばすことができます。

 

外壁塗装には様々な種類の塗料がありますが、一般的にはシリコン系やフッ素系など、耐久性や耐候性に優れたものが多く使われます。

 

外壁塗装は約10年に1回程度行うのが目安ですが、外壁の状態や塗料の種類によって違いがあります。

防水工事とは

防水工事は、建物の屋根やベランダなどに水が浸入しないようにするために行う工事です。

 

雨漏りや湿気によって、建物の内部が傷んだりカビが発生したりするのを防いでいるのです。

 

防水工事には液状やシート状の防水材料を使って防水層を作ります。

 

防水層は伸縮性や弾力性が高く、ひび割れに強いものが多いです。

 

防水工事は15年から20年に1回程度行うのが目安ですが、施工箇所の状態によっては早めに施工する場合もあります。

 

外壁塗装と防水工事の違いをまとめると、以下のようになります。

 

項目 外壁塗装 防水工事
目的 美観 防水
塗料 シリコン系、フッ素系など 液状、シート状など
塗膜 耐久性、耐候性 伸縮性、弾力性
頻度 約10年に1回 約15~20年に1回

外壁塗装と防水工事を一緒に行うべき理由

 

外壁塗装と防水工事は別々の工事ですが、一緒に行うことで以下のメリットがあります。

  • 防水効果を高めることができる
  • 工期や費用を節約することができる
  • トラブルやクレームを減らすことができる

 

たとえば、屋根の場合、勾配屋根(三角屋根)ならば外壁塗装だけでもある程度の防水効果が得られます。

 

しかし、陸屋根(平屋根)ならば雨水が溜まりやすく、外壁塗装だけでは不十分です。

 

そのため、陸屋根ではウレタンゴム系やアスファルトシート系などの防水工事を併せて行うことで、完全な防水を実現できます。

 

また、外壁塗装と防水工事を同時に行うことで、工期や費用を節約することもできます。

 

同じ箇所を2回施工する必要がなくなりますし、足場代や人件費も抑えられます。

 

さらに、同じ業者に依頼することで、施工品質やアフターサービスも安心です。

 

トラブルやクレームも減らせるため、別の業者に依頼するより安心です。

 

外壁塗装と防水工事を一緒に行うメリットを表でまとめると以下のようになります。

 

項目 メリット
防水効果 屋根やベランダなどの水の浸入を防ぐ
工期 同じ箇所を2回施工する必要がない
費用 足場代や人件費などのコストを抑える
トラブル 施工品質やアフターサービスの責任が明確

外壁塗装業者と防水工事業者の特徴や違い

 

外壁塗装業者と防水工事業者は、それぞれが得意な分野があります。

 

外壁塗装業者は美観や耐久性に関する知識や技術が豊富であり、防水工事業者は防水性能や安全性に関する知識や技術が豊富です。

 

そのため、外壁塗装と防水工事を一緒に行う場合は、以下のような業者を選ぶことがおすすめです。

 

  • 外壁塗装と防水工事の両方に対応できる業者
  • 外壁塗装と防水工事のそれぞれの専門業者と連携できる業者
  • 外壁塗装と防水工事のそれぞれの実績や評判が良い業者

 

外壁塗装と防水工事の両方に対応できる業者は、一貫した施工管理や責任を持ってくれますし、コストパフォーマンスも高いです。

 

しかし、そういった業者は少ないかもしれません。

 

その場合は、外壁塗装と防水工事のそれぞれの専門業者と連携できる業者を探すことが大切です。

 

その際は、施工品質やアフターサービスなどの契約内容をしっかり確認してください。

 

また、外壁塗装と防水工事のそれぞれの実績や評判が良い業者を選ぶことも重要です。

 

外壁塗装業者と防水工事業者の特徴や違いを表でまとめると以下のようになります。

 

項目 外壁塗装業者 防水工事業者
知識・技術 美観や耐久性に関する知識や技術が豊富ですが、防水工事には専門的な資格や経験が必要です。 防水性能や安全性に関する知識や技術が豊富ですが、外壁塗装には色彩やデザインに関するセンスや提案力が必要です。
資格・経験 外壁塗装の資格はないが、経験が豊富です。 防水工事の資格は必須で、経験も重要です。
センス・提案力 色彩やデザインに関するセンスや提案力が必要です。 防水性能や安全性に関するセンスや提案力が必要です。

 

外壁塗装業者と防水工事業者はそれぞれが得意な分野があります。

 

外壁塗装と防水工事を一緒に行う場合は、両方に対応できる業者か、それぞれの専門業者と連携できる業者を選ぶことがおすすめです。

外壁塗装と防水工事の違いについてよくある質問

 

外壁塗装と防水工事はどちらも必要ですか?

一般的には、外壁塗装と防水工事はそれぞれ別の目的で行う工事ですが、一緒に行うことで防水効果を高めることができます。
とくに、陸屋根やベランダなどの水の浸入が心配な箇所では、外壁塗装だけでは不十分な場合があります。

 

そのため、外壁塗装と防水工事を同時に行うことをおすすめします。

 

外壁塗装と防水工事の費用はどのくらいかかりますか?

外壁塗装と防水工事の費用は、建物の規模や状態、使用する塗料や防水材料、業者の料金体系などによって違います。
一般的には、外壁塗装は約50万円から150万円、防水工事は約50万円から200万円程度が相場です。

 

ただし、外壁塗装と防水工事を同時に行うことで、足場代や人件費などのコストを節約することができます。

 

また、業者によっては割引やキャンペーンなどもありますので、複数の見積もりを比較してください。

 

外壁塗装と防水工事の業者はどう選べばいいですか?

外壁塗装と防水工事の業者は、それぞれが得意な分野があります。

 

外壁塗装業者は美観や耐久性に関する知識や技術が豊富ですが、防水工事には専門的な資格や経験が必要です。

 

防水工事業者は防水性能や安全性に関する知識や技術が豊富ですが、外壁塗装には色彩やデザインに関するセンスや提案力が必要です。

 

そのため、外壁塗装と防水工事を一緒に行う場合は、両方に対応できる業者か、それぞれの専門業者と連携できる業者を選ぶことがおすすめです。

外壁塗装と防水工事の違いとは?一緒に行うべき具体的箇所とポイントを解説!まとめ

外壁塗装と防水工事の違いについて紹介しました。

 

外壁塗装と防水工事は別々の工事ですが、一緒に行うことで防水効果を高めることができます。

 

外壁塗装と防水工事を同時に行う場合は、両方に対応できる業者か、それぞれの専門業者と連携できる業者を選ぶことがおすすめです。

 

外壁塗装・防水工事をおこなう際は、実績や評判もチェックしたうえで、信頼できる業者を見つけてください。

外壁塗装

外壁塗装