外壁塗装で補助金は国から受け取れる?自治体の補助金制度の最新情報

この記事では、国や自治体からの補助金や助成金に関する情報をまとめてご紹介します。

 

外壁塗装は、家の美観や耐久性を高めるだけでなく、省エネや防音などの効果も期待できるリフォームです。

 

しかし、外壁塗装にはそれなりの費用がかかります。

 

そこで、国や自治体からの補助金や助成金を利用すれば、費用の負担を軽減できるかもしれません。

 

補助金や助成金をつかって外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

国からの補助金や助成金は存在しない

 

外壁塗装に使える国の補助金は、省エネのための住宅改修補助金という制度があります。

 

この補助金は、断熱性能の高い外壁塗料を使用することで、エネルギー消費量を削減することを目的としています。

 

省エネのための住宅改修補助金の申請条件は以下の通りです。

 

  1. 平成19年4月1日以前に建築確認を受けたものであること。
  2. 自己所有の住宅であること。
  3. 改修後も5年以上居住することを確約すること。
  4. 改修前の熱損失係数が2.8以上であること。
  5. 改修後の熱損失係数が改修前より0.3以上低くなること。
  6. 改修後の熱損失係数が2.0以下になること。
  7. 改修工事に着手する前に、助成金の申請を行うこと。
  8. 改修工事に着手する前に、省エネ診断を受けること。
  9. 改修工事に着手する前に、改修工事の見積書を提出すること。
  10. 改修工事に着手する前に、改修工事の施工業者を選定すること。
  11. 改修工事に着手する前に、改修工事の施工業者が、省エネのための住宅改修補助金の登録業者であること。
  12. 改修工事に着手した後に、改修工事の完了報告書を提出すること。
  13. 改修工事に着手した後に、改修工事の完了検査を受けること。
  14. 改修工事に着手した後に、改修工事の領収書を提出すること。

 

省エネのための住宅改修補助金の金額は、改修工事の費用の1/3(上限10万円)です。

 

ただし、改修工事の費用が30万円未満の場合は、改修工事の費用の1/2(上限10万円)です。

 

また、国の補助金とは別に、各都道府県や市区町村によっても外壁塗装に関する助成金や補助金の制度があります。

 

これらの制度は、地域の景観や環境を整備することや、耐震性や防災性を向上させることなどを目的としています。

 

各地域の助成金や補助金の内容や条件は異なりますので、詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。

自治体からの補助金や助成金は各地域によって異なる

国からの補助金や助成金がないとしても、自治体からの補助金や助成金を利用することができる場合があります。

 

自治体からの補助金や助成金は、各地域によって存在するかどうか、また、その額や条件も異なります。

 

そのため、自分が住んでいる市町村や近隣の市町村の制度を調べることが重要です。

 

自治体からの補助金や助成金は、一般的には以下のような特徴があります。

 

  • 外壁塗装だけでなく、屋根やバルコニーなどの改修工事も対象となる場合が多い。
  • 助成金額は、施工費用の5%程度が多く、上限は10万円程度が多い。
  • 助成金の支給は現金ではなく、商品券やポイントカードなどの場合が多い。
  • 市町村内の業者や加盟団体の業者を利用することが条件となる場合が多い。
  • 工事着工前に申請することが必要な場合が多い。

 

自治体からの補助金や助成金は、国からの補助金や助成金に比べて、額は少ないかもしれませんが、条件も緩い場合があります。

 

また、市町村によっては、独自の制度を設けている場合もあります。

 

例えば、さいたま市では、屋根に高遮熱塗装を行った場合に限り、外壁塗装も対象となる制度があります。

 

高遮熱塗装とは、太陽光線を反射して屋根表面温度を下げることで、室内温度上昇を抑える効果がある塗料です。

 

高遮熱塗装は、夏場のエアコン使用量を減らすことができるため、省エネ対策として推奨されています。

 

このように、自治体からの補助金や助成金は、各地域によって異なる制度があります。

 

自分の住んでいる市町村や近隣の市町村のホームページで確認してみましょう。

補助金や助成金を受けるためには省エネ化がポイント

外壁塗装に助成金や補助金を受けるためには、単に外壁をきれいにするだけではなく、省エネ化や環境対策にも配慮することが重要です。

 

自治体からの補助金や助成金の多くは、省エネ性を高める工事や機器の導入を対象としています。

 

例えば、高遮熱塗装や断熱材の施工などが対象です。

 

これらの工事や機器は、外壁塗装と併せて行うことで、家の快適性や省エネ効果をさらに高めることができます。

 

省エネ化や環境対策に関する補助金や助成金は、国からも提供されています。

 

例えば、次世代住宅ポイント制度という制度があります。

 

この制度は、省エネ性能や耐震性能などを向上させるリフォームをした場合に、ポイントを付与するというものです。

 

ポイントは、商品券や電化製品などと交換できます。

 

この制度では、外壁塗装だけではなく、屋根塗装や窓の断熱改修なども対象となります。

 

このように、外壁塗装に助成金や補助金を受けるためには、省エネ化や環境対策にも目を向けることがポイントです。

 

省エネ化や環境対策に関する補助金や助成金の詳細は、各自治体のホームページをご覧ください。

補助金や助成金を探す方法と申請する方法

外壁塗装に助成金や補助金を受けるためには、まず、自分の住んでいる市町村や近隣の市町村の制度を探すことが必要です。

 

補助金や助成金を探したら、次は申請することが必要です。

 

申請方法は、市町村によって異なりますが、一般的には以下のような手順になります。

  1. 市町村のホームページから申請書をダウンロードするか、市役所や支所にある申請書を入手する。
  2. 申請書に必要事項を記入し、必要書類(見積書、収入証明書など)を添付する。
  3. 契約締結後、かつ、工事着工前に市役所や支所に持参するか、郵送する。
  4. 工事が完了したら、完了報告書と領収書を提出する。
  5. 助成金が振り込まれるか、商品券やポイントカードが送られる。

 

また、申請する際には以下の点に注意してください。

 

  • 申請期限や支給時期は市町村によって異なります。遅れないように注意してください。
  • 申請書や必要書類は正確に記入してください。不備や虚偽があると助成金が下りない場合があります。
  • 助成金を受けた場合、所得税や住民税の課税対象となる場合があります。確定申告や納税の手続きを忘れないようにしてください。

 

このように、補助金や助成金を探す方法と申請する方法は、それほど難しくありません。

 

しかし、手間や時間がかかることも事実です。

 

そこで、補助金や助成金を受けるためには、専門的な知識や経験を持った業者に相談することもおすすめします。

外壁塗装で補助金は国から受け取れる?自治体の補助金制度の最新情報まとめ

外壁塗装で国から受けられる補助金の種類や特徴を紹介しました。

 

外壁塗装に助成金や補助金を受けることで、お得にリフォームすることができます。

 

また、補助金や助成金の情報は常に変わる可能性がありますので、最新の情報を確認することをお忘れなく。

 

専門的な知識や経験を持った業者に相談することもおすすめします。

外壁塗装

外壁塗装