福島県で外壁塗装をお得に実現するコツ!県や市町村が提供する助成金・補助金の活用法

外壁塗装は、家の美しさや耐久性を高めるだけでなく、快適な暮らしにも欠かせません。

 

しかし、高額な工事費用がネックになっている方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、この記事では、福島県で外壁塗装をお得にする方法をご紹介します。

 

福島県でも、リフォームなどに使える補助金・助成金はありました。

 

その中でも、外壁塗装に利用できるものをピックアップしてみました。

 

助成金や補助金の概要や申請方法、注意点などを詳しく解説します。

 

ぜひ参考にして、お得に外壁塗装を実現してください。

 

福島県で外壁塗装に利用できる補助金・助成金


福島県が実施する補助金を調べましたが、外壁塗装に利用できるものはありませんでした。

 

「福島県省エネルギー住宅改修補助事業」という補助事業が募集しています。

 

しかし、事業について調べてみると「断熱改修にあたらない外壁塗装(遮熱、断熱タイプ含む)及び屋根の葺替え等の改修は補助対象外」という注意書きがありました。

 

外壁塗装で使用する塗料には遮熱・断熱効果が見込める種類もありますが、「福島県省エネルギー住宅改修補助事業」の対象ではありません。

 

詳しくは、【福島県のホームページ】でご確認ください。

福島県内の市町村で外壁塗装に利用できる補助金・助成金

福島県内の市町村でも、外壁塗装に利用できる補助金・助成金があります。

 

ただ、国や県が主体となって再建をすすめているため、市町村独自の補助金は少なかったです。

 

唯一、外壁塗装に利用できる補助金としては以下のとおりでした。

 

こちらも「空き家改修」が一つの条件であるため、一般リフォームとしては利用できません。

 

しかし、これまで町外からの移住者を対象とした事業でしたが、令和4年4月からは町内居住者の方も利用できるようになったため、柔軟に利用できるようになりました。

 

市町村名 制度名 補助額 対象工事費
柳津町 柳津町空き家改修支援事業

町内事業者による施工50%(上限100万円)
町外事業者による施工25%(上限100万円)

-

補助金申請から受け取りまでの流れ

補助金を申請する際には、以下のような流れになります。

  1. 補助金対象となる改修工事や新築工事を計画する。
  2. 補助金対象となる市町村や団体に問い合わせて、申請方法や必要書類を確認する。
  3. 改修費用や新築費用の見積もりを取る。
  4. 必要書類を揃えて、申請書を作成する。
  5. 申請書と必要書類を提出する。
  6. 審査が行われる。
  7. 審査結果が通知される。
  8. 改修工事や新築工事を開始する。
  9. 改修工事や新築工事が完了する。
  10. 改修工事や新築工事の完了報告書と領収書を提出する。
  11. 補助金が振り込まれる。

補助金申請の提出する書類の記載事項

補助金交付申請書

補助金交付申請書には、以下の項目を記載(または入力)します。

  • 住所
  • 氏名
  • 工事物件所在地
  • 補助対象工事費
  • 交付申請額
  • 改修工事期間
  • 返還誓約書

空き家改修承諾書

空き家を改修したうえで、借り受ける契約をした場合に提出しなければいけません。

 

借り入れ契約終了後、改修箇所の原状回復または無償での残置を約束するための書類です。

改修支援事業変更等承認申請書

改修事業の変更または中止となった際に提出する書類です。

 

変更または中止となった理由を記載して提出しなければいけません。

改修支援事業補助金実績報告書

改修工事が終了後に提出する書類です。以下の内容を記載して提出しなければいけません。

  • 工事物件所在地
  • 工事内容
  • 工事期間
  • 補助金交付決定額
  • 工事完了証明署名・押印

改修支援事業補助金請求書

市(町)に対して補助金を請求するための書類です。

 

おもに、補助金振込先の口座情報を記載します。

 

最終的にこの書類を提出することで、補助金を受け取る手続きがおわります。

補助金を受ける際の注意点

補助金を受ける際には、以下のような注意点があります。

  • 補助金の対象となる改修工事や新築工事は、申請前に開始してはいけません。申請後に審査が通った場合に、工事を開始することができます。
  • 補助金の対象となる改修工事や新築工事は、指定された期間内に完了しなければなりません。期間を超えた場合は、補助金の支給が取り消される可能性があります。
  • 補助金の対象となる改修工事や新築工事は、指定された内容に沿って行わなければなりません。内容を変更した場合は、補助金の支給が取り消される可能性があります。
  • 補助金の対象となる改修工事や新築工事は、指定された業者に依頼しなければなりません。業者を変更した場合は、補助金の支給が取り消される可能性があります。
  • 補助金の対象となる住宅は、申請者自身が居住するものでなければなりません。他人に貸したり売ったりした場合は、補助金の返還を求められる可能性があります。
  • 補助金の対象となる住宅は、申請者自身が所有するものでなければなりません。他人から借りたり借用したりした場合は、補助金の支給ができません。

福島県で外壁塗装をお得に実現するコツ!県や市町村が提供する助成金・補助金の活用法まとめ

この記事では、福島県で外壁塗装をお得にする方法として、助成金や補助金の活用術をご紹介しました。

 

福島県では、県全体や市町村ごとに様々な制度がありますので、お住まいの地域の情報を確認してみてください。

 

外壁塗装は、家の美しさや耐久性を高めるだけでなく、快適な暮らしにも欠かせません。

 

ぜひ補助金を活用して、外壁塗装を考えてみてください。

外壁塗装

外壁塗装