地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

信頼できる外壁塗装業者の見極め方|安心できるサービスを選ぶためのガイド

外壁塗装業者の評判はあまり良くありませんので、「信頼できる業者ってるの?」という疑問をおもちの方も多いと思います。

 

ネットの情報では、「失敗した」とか「やめたほうが良い」といった声も多く見られますので、信頼できる業者に出会えるか不安を感じるのも当然でしょう。

 

そこで今回この記事では、信頼できる外壁塗装業者を見つける方法をご紹介します。

 

悪徳業者特有のの営業トークや見積書のチェックポイントも紹介しますので、悪い業者に引っかかる心配はありません!

 

悪質業者を見抜くコツを頭に入れておけば、信頼できる業者に絞って見積もりを依頼できます。

 

もしも、悪質業者を見極めるコツを知らなければ、法外な請求といい加減な仕上がりに、後悔する瞬間が訪れるかもしれません。

 

外壁塗装は必ず必要な工事ですので、信頼できる業者だけに見積もりを依頼して、適正価格で工事をおこなってもらいましょう!

 

外壁塗装工事で失敗したくなければ、悪質業者に騙されない方法を学んでください!

 

信頼できる業者に出会って、イメージ通りの外壁工事を実現しましょう。

外壁塗装をするタイミングはいつ?

 

外壁塗装は見た目をきれいに保つだけでなく、内部へのダメージを防ぐ大切な役割をもっています。

 

そのため、適切な時期に外壁工事をおこなうことで、建物をよい状態で長期にわたって維持することができるのです。

 

この項では、外壁塗装が必要な理由と工事の適切なタイミングについて解説します。

外壁塗装の必要性

外壁塗装は、建物の美しさを保つために必要なだけでなく、様々なメリットをもたらします。

 

以下、外壁塗装の必要性についての詳しく紹介します。

 

保護機能の強化
外壁塗装は、建物を風雨や紫外線、汚染物質などの外的要因から保護する重要な役割を果たしています。
塗膜が劣化すると、建物の構造に損害を与える可能性がある「雨漏り」や「下地の腐食」が発生するリスクが高まります。
新築時に施工された塗料の耐久年数は約7~10年であり、その後は塗膜が劣化し、保護機能が低下します。

 

美観の維持と向上
定期的な外壁塗装により、建物の外観が長期間にわたって美しく保たれます。
これは、住宅の市場価値を維持、あるいは向上させる上で非常に重要です。
外壁の色あせや汚れ、コケやカビなどの劣化が目立つようになると、建物の印象が悪くなります。
外壁塗装を行うことで、新築時のような美しい外観に生まれ変わらせることができます。

 

付加機能による防護強化
最新の塗料には、遮熱機能や防水機能、防汚機能、防カビ・防藻機能、防錆機能など、様々な追加機能があります。
これらの付加機能によって建物の快適性や耐久性が向上し、メンテナンスコストの削減に繋がります。

 

資産価値の保護
外壁塗装は、住宅の資産価値を保護する効果もあります。
外壁塗装が定期的に行われている住宅は、見た目の美しさや耐久性が保たれているため、塗装を行っていない住宅に比べて資産価値が高くなります。

 

以上の点から、外壁塗装は単に美観を保つだけでなく、建物を保護し、機能性を高め、資産価値を維持するためにも非常に重要なのです。

 

定期的なメンテナンスとして、外壁塗装を検討することをお勧めします。

外壁塗装のタイミング

外壁塗装のタイミングは、建物の健康な状態を維持するうえでとても重要です。

 

以下に、外壁塗装の適切なタイミングについての詳しく紹介します。

 

築年数に基づくタイミング
一般的に、新築から約10年が外壁塗装の最初の目安とされていますが、これはあくまで一般的なガイドラインです。
実際には、建物の立地条件や使用されている材料、気候などによって、塗装が必要な時期はことなります。

 

劣化のサインを見逃さない
壁の艶がなくなったり、色が変色したりするのは、塗膜の劣化が始まっているサインです。
チョーキング現象は、塗膜が紫外線によって劣化し、塗料の顔料が露出している状態をいいます。
藻や苔の発生、ひび割れ、塗膜のはがれや膨れも、外壁塗装を検討すべき重要なサインです。

 

外壁塗装の最適な季節
外壁塗装には最適な季節があり、春(3月から5月)と秋(9月から11月)が作業を行うのに適しているとされています。
これは、これらの季節が比較的温暖で湿度が低く、塗料の乾燥に適しているためです。

 

定期的な点検の重要性
外壁の劣化は徐々に進行するため、定期的な点検を行い、小さな問題が大きな修繕費用につながらないようにすることが重要です。
とくに築年数が5~7年を迎えた住宅は、防水性能が低下し始める時期とされているため、外壁の状態をチェックし、必要に応じて専門家に相談することをおすすめします。

 

外壁塗装を検討するタイミングとして、以下のような事例をご紹介します。

事例1
 築10年の戸建て住宅では、南面の外壁に色あせやチョーキング現象が見られました。
これは塗膜の劣化が進んでいるサインであり、外壁塗装が必要なタイミングです。

事例2
築7年で、外壁に小さなひび割れが発生し始めた住宅がありました。
このような場合、早めの塗装によって、ひび割れが大きくなるのを防ぐことができます。

 

外壁塗装は、見た目だけでなく、建物を長期間保護するためにも重要です。

 

定期的な点検とメンテナンスにより、適切なタイミングで塗装を行うことをおすすめします。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

信頼できる外壁塗装業者の選び方

 

信頼できる外壁塗装業者を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントがあります。

 

以下に、優良業者と悪質業者を見分けるためのチェックリストと、具体的な事例を交えて説明します。

優良業者と悪質業者の見分け方

優良業者と悪質業者を見分けるための詳細な情報をお探しであれば、以下のポイントを参考にしてください。

相見積もりを取る

相見積もりを取ることは、優良業者を選定するうえでとても重要です。

 

ここでは、優良業者を選ぶための具体的なながれを紹介します。

 

1.複数の業者から見積もりを取る
まず、同じ工事内容に対して、複数の業者に見積もりを依頼します。
これにより、業者ごとの価格設定やサービス内容を比較検討することができます。

 

2.価格や提案内容を比較する
各業者から提出された見積もりを基に、価格だけでなく、提案内容の質や工事の範囲、使用される材料の種類や品質、工事の期間など、総合的な観点から比較します。

 

3.相場を理解する
業界の相場をあらかじめ調査し、それに基づいて各見積もりを比較・検討します。
相場よりも明らかに高い、または低すぎる見積もりは、それぞれ不当な利益を求める可能性や、品質の低下を招く恐れがあるため、注意が必要です。

不自然に高いまたは安すぎる見積もりを出す業者に注意する

見積もりが不自然に高い業者については、以下の点に注意が必要です。

 

まず、過剰な利益を求めている可能性があります。

 

これは、業者が市場価格よりもかなり高い価格を設定している場合に考えられます。

 

また、見積もりに含まれていない隠れたコストが後から発生する可能性があります。

 

これには、追加の材料費や、予期せぬ作業費などが含まれることがあります。

 

一方、異常に安い見積もりを出す業者に関しては、工事の品質が低下している可能性があります。

 

これは、低品質の材料の使用や、熟練した労働力を使わずにコストを削減している場合に起こり得ます。

 

さらに、工事に必要な工程を省いていることで、初期のコストは下がるかもしれませんが、長期的にはメンテナンス費用が増加するリスクがあります。

 

したがって、見積もりを評価する際には、市場価格と比較して妥当性を判断することが重要です。

 

また、契約を結ぶ前に、詳細な内訳を業者に要求し、隠れたコストがないことを確認することが望ましいです。

 

さらに、過去の実績や評判を調査することで、業者の信頼性を見極めることができます。

 

最後に、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが賢明です。

 

これにより、最もコスト効率が良く、品質の高い業者を選ぶことができるでしょう。

適切な価格設定をする業者を選ぶ

相場に基づいた適切な価格設定をしている業者は、信頼性が高いと考えられます。

 

価格だけでなく、提案内容の具体性や、工事に対する理解度も重要な判断材料となります。

 

相見積もりを取る際には、単に価格を比較するだけでなく、業者の対応や提案内容の質、工事の詳細など、多角的に業者を評価することが大切です。

 

また、見積もりの際には、業者に対して質問を積極的に行い、疑問点を明確にすることも重要です。

 

これにより、業者の専門性や誠実さを見極めることができます。

 

信頼できる業者は、顧客の要望に応じた適切な提案を行い、透明性のある見積もりを提供することで、長期的な信頼関係を築くことを心がけています。

施工実績を確認する

施工実績の確認は、業者の信頼性と品質を判断する上で非常に重要な要素です。

 

以下に、施工実績を確認する際のポイントを詳しく解説します。

 

施工事例の確認
業者に過去の施工事例を提供してもらい、それらの写真や詳細な説明を確認しましょう。
事例を通じて、業者の技術力やデザインのセンス、使用材料の質などを確認することができます。
いずれにせよ、外壁塗装についての基礎知識を知っておくのが良いです。

 

品質の評価
施工事例の品質を見ることで、業者の仕事の丁寧さや完成度を評価します。
仕上がりの美しさだけでなく、細部にわたる注意と精度も重要です。
チェックポイントとしては、ことなる素材同士の継ぎ目部分を見ることをおすすめします。
いい加減な業者の場合、継ぎ目部分の塗装に粗さが目立ちます。

 

顧客の満足度の判断
施工事例に関連する顧客のレビューや評価を参照します。
顧客の声は、業者のサービスの質やアフターフォローの良さを反映しています。
ポイントとしては、良いレビューだけでなく悪いレビューを意識して探すのがおすすめです。

 

透明性の高さ
実績が豊富で、それを積極的に公開している業者は、自社の仕事に自信を持っており、顧客に対して透明性を提供している証拠です。
ウェブサイトで代表者やスタッフの顔写真を掲載している業者の場合、自信と責任を負って仕事をしている姿勢が感じられるのでおすすめです。

 

施工実績を確認する際には、単に写真を見るだけでなく、どんな内容の工事であったかの説明を受けるようにしましょう。

 

可能であれば、実際に施工された場所を訪問して、実物を確認することも有効です。

 

実際の工事を見ることで、業者の実力をより正確に把握することができます。

 

信頼できる業者は、これらの情報を進んで提供し、顧客が納得できるまで丁寧に説明を行うことを心がけています。

営業マンの対応をチェックする

営業マンの対応をチェックすることは、業者の信頼性を見極めるうえで非常に重要です。

 

以下に、営業マンの対応を評価する際のポイントを詳しく解説します。

 

誠実な態度であるか
営業マンが顧客の質問に対して、どのように対応するかを見ます。
誠実な営業マンは、顧客の疑問や懸念に対して、丁寧に耳を傾け、明確で理解しやすい回答を提供します。

 

契約を急がせないか
契約を急かすような営業マンの対応は、顧客の利益よりも自社の利益を優先している可能性があります。
顧客が納得するまで時間をかけて説明を行う営業マンは、信頼できる業者の特徴です。

 

説明が分かりやすいか
良い営業マンは、顧客が理解できるように、専門用語を避け、簡潔かつ具体的に説明を行います。

 

質問に丁寧に答えてくれるか
良い営業マンは、顧客からの質問に対して面倒がらずに答えてくれます。
顧客のニーズを理解し、本当に必要なサービスだけを提供する姿勢が感じられます。

 

プラスの情報を教えてくれるか
良い営業マンは、顧客が求めている情報だけでなく、顧客が知らないかもしれない重要な情報を積極的に提供します。
場合によっては、顧客にプラスと判断すればお得な方法も提供してくれます。

 

営業マンの対応をチェックする際には、その人がどれだけ顧客の立場に立って考えてくれるかを見ることが大切です。

 

また、営業マンが提供する情報の正確さや、顧客とのコミュニケーションの質にも注目しましょう。

 

信頼できる業者は、営業マンを通じて顧客との長期的な関係を築くことを重視しています。

 

営業マンの対応は、業者全体の姿勢を反映する鏡のようなものです。

 

そのため、営業マンの対応をしっかりと評価することで、業者の信頼性を見極めることができます。

資格や許可を持っているか確認する

塗装技能士の資格や建築業の許可は、業者が一定の基準を満たしていることを示す重要な指標です。

 

これらの資格や許可を持つ業者は、法律で定められた専門的な知識や技術を有しており、安全かつ適切な作業を行うことができます。

 

塗装技能士の資格は、塗装工事に関する専門的な技術や知識を認定するもので、国家資格の一つです。
この資格を取得するには、実務経験を積んだ後、試験に合格する必要があります。
資格を持っている塗装技能士は、塗料の選定から塗装方法、仕上げに至るまで、高い技術力を持っていると認められています。

建築業の許可は、建築工事を行う企業が国や自治体から認められていることを示します。
許可を受けるためには、企業の財務状況、技術者の資格、過去の実績などが審査されます。
許可を持つ企業は、建築基準法などの法律を遵守し、信頼できる工事を提供することが期待されます。

 

これらの資格や許可を持つ業者を選ぶことは、品質の高いサービスを受けるための一つの方法です。

 

また、万が一のトラブルが発生した場合には、法的な保護を受けやすくなるというメリットもあります。

 

したがって、塗装や建築工事を依頼する際には、業者が適切な資格や許可を持っているかを確認することが重要です。

アフターフォローや保証内容を確認する

工事のアフターフォローや保証内容は、業者が提供するサービスの質を示す重要な要素です。

 

アフターフォローとは、工事完了後も顧客の不明点に対応したり、問題が発生した場合に迅速に対処するサポートのことを指します。

 

一方、保証内容は、工事に関する品質や耐久性に対する業者の約束であり、通常、保証期間や保証範囲が明記されています。

 

保証内容が明確で、アフターサービスが充実している業者は、顧客の満足度を高め、長期的な信頼関係を築くことに繋がります。

 

そのため、業者選びをする際には以下の点を確認することが大切です。

 

  1. 保証期間:どのくらいの期間、工事に対する保証があるかを確認します。
  2. 保証範囲:どのような状況や部分が保証の対象になるかを明確にします。
  3. アフターサービス:工事後のメンテナンスや修理に対応してくれるか、その条件を確認します。

 

また、業者選びにおいては、以下の情報源も参考にすると良いでしょう。

 

  1. インターネットでの口コミや評判:他の顧客の経験談は、業者のサービスの実際の質を知る手がかりになります。
  2. 第三者機関の認証や評価:認証を受けているか、どのような評価を受けているかは、業者の信頼性を判断する指標になります。
  3. 地元での評価:地域社会での評判は、業者が地元でどのように認識されているかを示します。

 

契約前には、これらのポイントをしっかりと確認し、細かい条件を理解した上で進めることが重要です。

 

信頼できる業者は、顧客とのコミュニケーションを重視し、問題が発生した際にも適切に対応することで、長期的な関係を築くことを目指しています。

業者選びのチェックリスト

業者選びの際には、以下のチェックリストを参考にすると良いでしょう。

 

これらのポイントは、信頼できる業者を見極めるための基準となります。

 

1.見積書の記載内容
見積もりは、工事にかかる費用の詳細を理解するための重要な資料です。
見積書には、材料費、人件費、その他の経費が明確に記載されている必要があります。
また、追加料金が発生する可能性のある条件も確認し、隠れた費用がないかをチェックします。

 

2.施工方法やスケジュールの説明
施工方法やスケジュールについての具体的な説明は、業者がどのような手順で工事を行うかを知るうえで大切です。
工事に関する質問に対して明確な回答が得られるかどうかも、業者の信頼度をはかるうえで重要なポイントです。

 

3.体験者のレビュー
他の顧客からの評価やレビューは、業者の過去の実績や顧客満足度を知る良い情報源です。
良いレビューは業者の信頼性を知るうえで大切ですが、悪いレビューについても目を通してください。

 

契約書の内容
契約書は、業者と顧客の間の契約内容を法的に保証する文書です。
契約書は明確で理解しやすい内容であることが重要です。
また、キャンセルについての記載が明記されているかも確認しましょう。

 

これらのポイントを踏まえ、業者選びを行う際には、インターネットでの口コミや評判、第三者機関の認証や評価、そして地元での評価なども参考にすると良いでしょう。

 

また、契約前には必ず細かい条件を確認し、理解したうえで進めることが重要です。

 

信頼できる業者は、顧客とのコミュニケーションを大切にし、長期的な関係を築くことを目指しています。

 

具体的な事例
施工事例を豊富にウェブサイトに掲載しており、顧客からの高い評価を受けている場合、その業者は信頼できる条件を備えています。

 

また、見積書の記載内容が明確で、質問に対して具体的な回答を提供し、適切な資格を持つ職人が施工を行っている場合も、優良業者である可能性が高いです。

 

逆に、見積もりが不明瞭で、施工実績がほとんどない、または営業マンの対応が不誠実な業者は、悪質な可能性があります。
とくに、契約を急かすような業者や、アフターフォローが不十分な業者は避けるべきです。

 

外壁塗装業者を選ぶ際は、これらのポイントを参考にしながら、慎重に業者を選定することが重要です。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装業者の比較ポイント

 

外壁塗装業者を比較する際には、料金とサービスのバランス、技術力と実績の確認が重要なポイントです。

 

以下に、これらのポイントに基づいた比較方法と実際の事例を交えて説明します。

料金とサービスのバランスを考える

外壁塗装の料金は、使用する塗料の種類や施工の難易度、建物の大きさによってことなります。

 

安価な見積もりを提供する業者もいれば、高品質なサービスを提供するために高額な料金を設定する業者もいます。

 

料金だけでなく、提供されるサービスの質を考慮して業者を選ぶことが大切です。

事例
ある業者は非常に低い料金を提示していましたが、使用する塗料の品質が低かったため、数年で塗装が剥がれる問題が発生しました。
別の業者は料金は高めでしたが、高品質な塗料を使用し、長期間にわたる保証を提供していたため、結果的に顧客の満足度が高くなりました。

技術力と実績の確認方法

外壁塗装業者の技術力を確認するためには、その業者の施工実績をチェックすることが有効です。

 

実際に施工した建物の写真や、顧客からのフィードバックを参考にすると良いでしょう。

事例
一定の技術力と実績を持つ業者は、公式ウェブサイトやSNSで施工事例を公開しています。
これらの情報をもとに、業者の技術力を評価することができます。
また、過去の顧客からのレビューや評価も、業者選びの参考になります。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の相見積もりの重要性

 

外壁塗装の相見積もりは、相場を知るうえでも大切です。

 

以下に、複数の見積もりを取るメリットと相見積もりの際の注意点、そして実際の事例を交えて説明します。

複数の見積もりを取るメリット

複数の見積もりを取ることには、いくつかのメリットがあります。

 

以下に、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

 

価格の比較
複数の業者から見積もりを取ることで、同じ工事やサービスに対する価格を比較することができます。
これにより、市場価格を理解し、適正な価格でサービスを受けられるかどうかを判断することにも役立ちます。

 

サービスの質の比較
各業者が提案する内容やサービスの質を比較することで、最も信頼できる業者を選ぶことができます。
見積もりには、使用する材料の種類や品質、施工方法、工期などの情報が含まれているため、これらの情報を基に業者の提供するサービスの質を判断することができます。

 

交渉材料としての利用
複数の見積もりを持っていることは、価格やサービス内容に関する交渉を行う際の有利な材料となります。
他の業者の見積もりを示すことで、より良い条件を引き出すことが可能です。

 

これらのメリットを活かすためには、見積もりを取る際には、以下の点に注意することが大切です。

 

  1. 見積もりは詳細に記載されているか
  2. 隠れた費用はないか
  3. 施工方法について具体的な説明があるか
  4. 過去のクライアントのレビューはどうか
  5. 契約書の内容は明確か

 

以上の点を確認し、複数の業者から見積もりを取ることで、最適な業者選びを行うことができます。

相見積もりの際の注意点

相見積もりを行う際には、以下の点に注意してください。

同じ条件で見積もりを取る

 

複数の業者に対して、同じ仕様、条件、要望を提示しましょう。
これにより、各業者が提出する見積もりを公平に比較することができます。
たとえば、リフォームを依頼する場合、使用する材料の種類やグレード、工事の範囲、工期など、全ての業者に対して同じ情報を伝える必要があります。

 

見積もりの内訳を確認する
見積もりの総額だけでなく、その内訳を詳細に確認しましょう。
内訳を確認することで、工事の内容や使用される材料の品質、それぞれのコストがどのように計算されているかを理解することができます。
これにより、不明瞭な費用が請求されていないか、または必要以上に高額な材料が使用されていないかなどをチェックすることができます。

 

相見積もりは、業者選びにおいて適正な価格とサービスを判断するために重要です。

 

もし不明な点があれば、業者に質問をすることを恐れず、納得のいくまで情報を得ることが大切です。

 

また、見積もりは契約ではないため、納得できない場合は交渉を行うことも可能です。

 

最終的には、費用対効果を考慮し、信頼できる業者と契約を結ぶことが望ましいでしょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装後のアフターサービス

 

外壁塗装後のアフターサービスは、施工の品質を長期間保証し、顧客満足度を高めるために非常に重要です。

 

以下に、保証内容とフォローアップサービスの重要性について、具体的な事例を交えて説明します。

 

保証内容の重要性

外壁塗装の保証は、施工業者が提供する品質と耐久性に対する約束のようなものです。

 

一般的な保証期間は3年から5年、場合によっては10年以上となることもあります。

 

保証内容には、塗装の剥がれや色あせなど、特定の不具合が発生した場合に無償で補修することが含まれます。

 

事例
ある施工業者は、高耐久で高価格な塗料を使用し、保証期間を10年と設定しています。
この業者は、定期点検を含む充実したアフターサービスを提供し、顧客から高い評価を受けています。

アフターフォローの重要性

アフターフォロー、とくに定期点検は、外壁の状態を監視し、早期に問題を発見して対処するために不可欠です。

 

定期点検は通常、施工後1年、3年、5年ごとに行われ、外壁の色褪せや剥がれ、ひび割れなどをチェックします。

 

事例
別の施工業者は、施工後の定期点検を行い、点検時に発見された小さなひび割れを早期に補修しました。
この迅速な対応により、大きな損傷を防ぎ、顧客の信頼を得ることができました。

 

アフターサービスの内容は業者によって異なりますが、保証内容と定期点検の有無は、外壁塗装業者を選ぶ際の重要な判断基準となります。

 

しっかりとしたアフターサービスを提供する業者を選ぶことで、外壁塗装の品質と顧客の満足度を長期間保つことができます。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

信頼できる外壁塗装業者の見極め方|安心できるサービスを選ぶためのガイドまとめ

外壁塗装で信頼できる業者を見つけるポイントをご紹介しました。

 

外壁塗装業者のなかには悪質な業者がいることも事実ですが、この記事でまとめたような特徴を備えた業者であれば、問題なく良い仕事をしてもらえます。

 

外壁塗装は必ず必要な工事の一つですが、普段から塗装業者との付き合いが多い方は少ないでしょう。

 

そのため、業者を選ぶ基準を知る方はとても少ないのです。

 

今回ご紹介したポイントをふまえて、外壁工事を成功させてください!

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

建築士

建築士