外壁塗装の営業がしつこいと感じたら?対処法と優良業者の見分け方を紹介!

この記事では、外壁塗装の営業マンがしつこい理由や対処法、そして安心できる優良業者の見分け方をご紹介します。

 

「外壁塗装の営業マンがしつこいので困った」という経験はありませんか?

 

じつは、しつこい営業の背景には工事の質やサービスに問題がある業者が多く、トラブルの原因になることがあります。

 

そこで、外壁塗装のしつこい営業マン対策を学んでおく必要があるわけです。

 

あなたに合った外壁業者を選ぶためにも、ぜひ参考にしてください。

 

外壁塗装の営業マンがしつこい理由

 

外壁塗装の営業マンがしつこい理由を、以下の3つにわけてご紹介します。

正当な方法では依頼が集まらないから

外壁塗装の業界は競争が激しく、多くの業者が同じエリアで営業を行っています。その中で、顧客を獲得するためには、工事の質や価格、サービスなどに差別化を図る必要があります。

 

しかし、一部の業者は、正当な方法で顧客を獲得できないと判断し、訪問営業を行っています。

 

訪問営業とは、事前のアポイントメントなしに、住宅の玄関先に直接訪れて、外壁塗装の契約を勧める営業方法です。

 

訪問営業を行う業者の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 工事の質が低い
  • 価格が不透明で高い
  • サービスやアフターフォローが悪い
  • 契約を急がせる
  • 不安や恐怖を煽る
  • 下請けに工事を回す

これらの特徴から、訪問営業を行う業者は、正当な方法では依頼が集まらないから、しつこく営業をかけてくるといえます。

 

一般的に、訪問営業を行う業者は、工事の質が低いために、インターネットや口コミで評判にならず、依頼が集まらないため、しつこい営業活動に頼らざるを得ないという状態があります。

 

また、価格が不透明で高いため、見積もりを比較されると不利になると考えて契約を急がせる傾向にあるのです。

 

このように、訪問営業を行う業者は、自分たちの工事やサービスに自信がなく、正当な方法では依頼が集まらないと判断しているため、しつこく営業をかけてくるのです。

市場価格より高いからから

中間マージンが発生したり、不要な工事を勧めたりして追加料金を請求する傾向にあるのが、訪問営業の特徴です。
これらの場合、外壁塗装の費用は高くなりますので、他社と比較されるのを嫌がります。

 

外壁塗装一括見積もりサービスを利用すれば、数日で複数の見積もり金額を比較できるので、外壁塗装の訪問営業マンが強引に契約させようとするのも無理ありません。

 

他社と比較する余裕を与えず、巧みなセールストークで強引に契約してしまいたいので、必然的にしつこい営業活動になってしまうのです。

アフターサービスがないから

アフターサービスがない業者には、次のような理由があります。

  • 工事の質に自信がないから
  • 顧客との長期的な関係を築こうとしないから
  • コストや手間を削減しようとするから

工事の質に自信がないから

アフターサービスを行うということは、工事の品質に責任をもつということです。

 

工事後に不具合が発生した場合、無償で補修する必要があります。

 

しかし、工事の質が低いと、不具合が多く発生し、補修にかかる費用や時間が増えてしまいます。

 

そのため、工事の質に自信がない業者は、アフターサービスを行わないことで、自分たちのリスクを回避しようとするのです。

顧客との長期的な関係を築こうとしないから

アフターサービスを行うということは、顧客との長期的な関係を築くということです。

 

定期点検を行うことで、顧客の住宅の状態を把握し、メンテナンスの提案やアドバイスを行うことができます。

 

また、顧客の信頼を得ることで、リピートや紹介のチャンスも増えます。

 

しかし、顧客との長期的な関係を築こうとしない業者は、アフターサービスを行わないことで、自分たちの手間やコミュニケーションを省こうとするのです。

コストや手間を削減しようとするから

アフターサービスを行うということは、コストや手間をかけるということです。

 

定期点検や保証を行うには、人員や資材、車両などの費用が必要です。

 

また、顧客との連絡や対応にも時間がかかります。

 

しかし、コストや手間を削減しようとする業者は、アフターサービスを行わないことで、自分たちの利益を最大化しようとするのです。

外壁塗装営業マンのしつこい営業事例

 

外壁塗装でしつこい営業マンの事例を2つご紹介します。

 

しつこい営業マンに出会ってしまったら、ぜひ断る際の参考にしてください。

Aさんは、外壁塗装の営業マンから電話で「今日は近くに来ていますので、お家の外壁を見せてください」と言われました。
しかし、Aさんは外壁塗装に興味がなく、断ろうとしました。
すると、営業マンは「外壁は10年に一度は塗り替えないと劣化しますよ。
今ならキャンペーン中で半額でやります」と言ってきました。
Aさんは、営業マンの言葉に惑わされそうになりましたが、はっきりと「今は外壁塗装を考えていません。もう電話しないでください」と言いました。
すると、営業マンは「わかりました。では、また後日お電話させていただきます」と言って電話を切りました。

Bさんは、外壁塗装の営業マンから訪問を受けました。
営業マンは「お家の外壁がかなり劣化していますね。これでは雨漏りやカビの原因になりますよ。今ならモニターになっていただければ、特別価格で工事をさせていただきます」と言ってきました。
しかし、Bさんは外壁塗装に興味がなく、断ろうとしました。
すると、営業マンは「このまま放置すると、家が傷むだけでなく、健康にも悪影響がありますよ。今すぐにでも契約してください」と言ってきました。
Bさんは、営業マンの言葉に圧倒されそうになりましたが、はっきりと「外壁塗装は必要ありません。もう帰ってください」と言いました。
すると、営業マンは「そうですか。では、また後日お伺いさせていただきます」と言って帰りました。

以上のように、しつこい営業マンに対しては、はっきりと断ることが大切です。

 

断るときには、理由を説明する必要はありません。

 

また、営業マンの言葉に惑わされないように、自分の判断を信じることが重要です。

外壁塗装のしつこい営業マンが使うセールストーク事例

 

しつこい外壁塗装営業マンが日常的に使っているセールストークを3つご紹介します。

Cさんは、外壁塗装の営業マンから「今月末までに契約していただければ、キャンペーン価格で工事をさせていただきます」と言われました。
しかし、Cさんは他の業者からも見積もりを取りたいと思っていました。
すると、営業マンは「このキャンペーンは今だけの特別なものです。
他の業者は高いだけで、工事の質も悪いですよ」と言ってきました。
Cさんは、営業マンの言葉に騙されそうになりましたが、はっきりと「他の業者と比較したいので、今は決められません」と言いました。
すると、営業マンは「そうですか。では、また後日お電話させていただきます」と言って電話を切りました。

Dさんは、外壁塗装の営業マンから「モニターになっていただければ、通常の半額で工事をさせていただきます」と言われました。
しかし、Dさんは外壁塗装に必要性を感じていませんでした。
すると、営業マンは「モニターになると、工事の様子や結果を写真や動画で撮影して、ホームページやSNSに掲載します。それによって、宣伝効果が高まります。だから、安くできるんですよ」と言ってきました。
Dさんは、営業マンの言葉に興味を持ちそうになりましたが、はっきりと「外壁塗装は必要ないと思っています。モニターになることにも同意できません」と言いました。
すると、営業マンは「そうですか。では、また後日お伺いさせていただきます」と言って帰りました。

Eさんは、外壁塗装の営業マンから「お家の外壁がかなり劣化していますね。これでは雨漏りやカビの原因になりますよ。
今すぐにでも工事をしないと、大変なことになります」と言われました。
しかし、Eさんは外壁塗装に予算がありませんでした。
すると、営業マンは「外壁塗装は家の命です。劣化が進むと、家が崩れるかもしれませんよ。今なら分割払いやローンもご用意できます。ぜひ、契約してください」と言ってきました。
Eさんは、営業マンの言葉に恐れを抱きそうになりましたが、はっきりと「外壁塗装は今はできません。
もう帰ってください」と言いました。
すると、営業マンは「そうですか。では、また後日お伺いさせていただきます」と言って帰りました。

こののように、よくあるセールストークには、キャンペーンやモニター、劣化の緊急性などをアピールしてきますが、これらは信じないことです。

 

これらのセールストークは、業者の利益のために、客を誘惑したり、脅したりするものです。

 

実際には、キャンペーンは常に行われていたり、モニターは個人情報の漏洩や悪用の危険があったり、劣化の緊急性が誇張されていたりすることが多いです。

 

ですから、これらのセールストークには惑わされず、自分の判断で外壁塗装をするかどうか決めることが大切です。

しつこい外壁塗装営業マンの対処法

 

外壁塗装のしつこい営業マン撃退法をご紹介します。

ドアを開けない
訪問営業は、ドアを開けて話を聞いてしまうと、断りにくくなってしまいます。
インターホンやドアスコープで確認して、訪問販売であれば、ドアを開けないようにしましょう。
ドア越しに「興味がない」とはっきり断りましょう。

同業者がいると伝える
訪問営業は、競合他社に負けたくないという気持ちが強いです。
そのため、「もう外壁塗装は契約済みだ」とか「知り合いに外壁塗装の業者がいる」と伝えると、諦めてくれる可能性が高まります。

訪問営業お断りのステッカーを貼る
訪問営業は、訪問先の住宅の状態や住人の様子を見て、ターゲットを絞っています。
そのため、「訪問営業お断り」というステッカーを玄関に貼ると、訪問を避けてくれることがあります。
ステッカーは、消費者センターや市役所などで入手できます。

警察に連絡する
訪問営業は、断られてもしつこく営業をかけてくることがあります。
その場合、無視しても効果がないことが多いです。
そんなときは、警察に連絡して、不審者として通報しましょう。
警察が来ると聞けば、すぐに立ち去ることでしょう。

以上のように、しつこい外壁塗装営業マンには強気で断ることが大切です。

 

訪問営業は、正当な方法で依頼が集まらない業者が行っていることが多いので、信頼できる業者とはいえません。

外壁塗装のしつこい営業マンに騙されない!優良業者を見つける3つのポイント

 

しつこい営業マンのセールストークで強引に契約しないために、優良業者を見分ける3つのポイントを紹介します。

口コミで評判が良く、施工実績や資格が豊富

優良業者は、インターネットや口コミで評判が良く、施工実績や資格が豊富です。

 

インターネットや口コミでは、実際に外壁塗装を依頼した人の感想や評価を見ることができます。

 

これらの情報は、業者の信頼性や実力を判断するのに役立ちます。

 

施工実績や資格は、業者の経験や技術を示すものです。

 

施工実績は、どのような工事をどれだけおこなってきたかを表します。

 

資格は、どのような知識や技能を持っているかを表します。

 

これらの情報は、業者の品質や安全性保証に対する意識が高いことを知るポイントになります。

適正価格の見積もりで工事内容や保証期間が明確

また、適正な価格で見積もりを出し、工事の内容や保証の期間を明確に説明する業者も優良業者の特徴です。

 

適正な価格というのは、市場価格に合わせたもので、不当に高くも安くもないものです。

 

工事の内容や保証の期間というのは、工事の範囲や工程、塗料の種類や量、保証の対象や条件などを具体的に示したものです。

 

これらの情報は、業者の透明性や信頼性を知るポイントになります。

無料相談サイトやマッチングサービスなどを利用する

さらに、無料相談サイトやマッチングサービスなどを利用すると、信頼できる業者を紹介してもらえます。

 

無料相談サイトやマッチングサービスというのは、外壁塗装に関する相談や見積もりを行ってくれるサイトやサービスです。

 

これらのサイトやサービスでは、登録した業者の中から、自分の希望や条件に合った業者を紹介してくれます。

 

業者の選択肢を広げたり、比較検討したりするのに役立ちますので、上手く活用すると良いでしょう。

外壁塗装の営業がしつこいと感じたら?対処法と優良業者の見分け方を紹介!まとめ

外壁塗装のしつこい営業マンの特徴や、撃退方法をご紹介しました。

 

外壁塗装の営業活動は、家のメンテナンスの必要性を伝えるために行われるものです。

 

しかし、その営業活動がしつこく感じられる場合は注意してください。

 

外壁塗装は家の美観や耐久性に大きく影響する重要な工事ですから、自分の家に合った業者を選ぶことが大切です。

 

外壁塗装に関する相談や見積もりは、無料相談サイトやマッチングサービスなどを上手く利用してみてください。

外壁塗装

外壁塗装