地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

外壁塗装の費用についてのトラブル5つと防ぐための対策方法を徹底紹介!

外壁塗装には多大な費用がかかるためトラブルに遭うケースも少なくありません。

 

ここでは、外壁塗装でよくあるトラブルを5つご紹介します。

 

トラブルを防ぐための方法と解決策も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装費用についてのトラブル

 

外壁塗装費用についてのトラブルについて、以下の5つをご紹介します。

1.見積もり金額と実際の費用が違う

外壁塗装の費用トラブルで多いのが、見積もり金額より高くなるというケースです。

 

これは、見積書の記載に問題があることがほとんどです。

 

具体的には、塗装面積や塗料の種類などの情報が正しく書かれていなかった場合があげられます。

 

トラブルになりやすい見積書には、「◯◯工事……一式 ◯◯◯円」などと書かれていたりします。

 

工事中に予想を超える追加工事が必要となる場合は少なくありません。

 

そのような点からも、見積書は「数字」で記載してあることが大前提なのです。

2.追加費用が発生する

見積もりの際には気づかなかったが、いざ工事を始めてみたら思わぬ補修が必要になるケースも少なくありません。

 

見積もりを計算するにあたっては、実際に見える箇所だけを基準にして計算するからです。

 

たとえば、下地の状態が想定よりも悪かった場合があげられます。

 

表面的にはきれいに見えていても、古い塗装の内側が傷んでいることもあるからです。

 

このようなケースでは、下地の補修にかかる材料費や経費が追加費用として計上されます。

 

当然、工期も延長されるため事情を知らなければストレスをかかえることになるでしょう。

 

見積もりの際には追加費用が発生する可能性を理解し、必要に応じて業者から説明を受けることが大切です。

3.手抜き工事

費用に関するトラブルとして、意外に多いのが手抜き工事です。

 

具体的に、手抜き工事の内容としては次のようなものがあります。

塗料の塗りムラや塗り残しがある場合

塗料の塗りムラや塗り残しがある場合とは、塗装業者が塗装を丁寧に行わなかった場合です。

 

これは、塗装業者の技術不足や、塗装業者の作業員の数が足りていない場合などに発生します。

 

塗りムラがあると、外観が悪くなるだけでなく塗料の耐久性も低下します。

 

塗り残しがあることで雨水が侵入しやすくなり、外壁の劣化につながるのです。

 

トラブルを防ぐためには、塗装業者に塗装を丁寧に行わせることが重要です。

 

塗りムラや塗り残しがないか確認し、場合によっては業者に対して意見することも必要です。

下地処理が不十分な場合

下地処理が不十分な場合とは、外壁塗装を行う前に外壁の表面をきれいに清掃したり、ひび割れや欠けがある箇所を補修したりしなかった場合です。

 

下地処理が不十分な場合、塗料が外壁に密着せず塗膜がはがれたり、ひび割れたりすることがあります。

 

また、塗料が外壁の劣化を防ぐことができず、外壁の寿命が短くなる可能性があります。

 

トラブルを防ぐためには、塗装業者に下地処理をきちんと行うように依頼することが重要です。

 

きちんと下地処理がおこなわれているか、さりげなく確認してみると効果的です。

塗料の種類が安価なものを使用している場合

塗料の種類が安価なものを使用している場合とは、塗装業者が見積もりより安価な塗料を使用した場合です。

 

これは、塗装業者の利益を上げたい場合や、塗装業者の塗装技術が低い場合などに発生します。

 

安価な塗料を使用した場合、塗料の耐久性が低くなり「剥がれ」や「ひび割れ」の原因になります。

 

また、安価な塗料は遮熱性や断熱性が低く、室内の温度が上がりやすく、冷え込みやすくなるため注意が必要です。

 

見積書に記載された塗料が適切に使用されているか?作業の進捗を確認しながら聞いて見るのが良いでしょう。

4.塗料の色が違う

塗料の色が違う場合とは、塗装業者が提示した見積書と実際に塗装された色が違う場合です。

 

塗装業者が塗料の色を間違えた場合や、塗装業者が塗料の色を正しく伝えなかった場合などに発生します。

 

塗装業者が塗料の色を間違えた場合、塗料を再調達する必要があります。

 

また、塗装後に色が違っていたことに気づいたときにも塗り直しが必要になるでしょう。

 

色を間違えたことが業者の責任であれば追加費用は発生しませんが、作業の進捗を見ながら適時確認することが大切です。

 

外壁塗装の費用についてのトラブルを防ぐためには、塗装業者に塗料の色を明確に伝えておくことが重要です。

 

塗料の色見本を見せてもらったうえで、一つひとつ確認をとりながら契約しましょう。

5.工期が遅れる

外壁塗装の費用についてのトラブルで、工期が遅れる場合があげられます。

 

契約時に説明を受けた工期以上に時間がかかってしまう場合が該当します。

 

具体的には、塗装業者の作業自体が遅れている場合や、天候が悪くて塗装ができない場合などに発生します。

 

塗装業者の作業が遅れている場合、塗装が完了するまでに時間がかかるだけでなく、追加料金が発生することもあります。

 

下地処理が必要である場合の追加費用は仕方ありませんが、塗装業者側の責任で工期が延びた場合の費用は支払う必要はありません。

 

きちんと説明を受けたうえで、納得した内容についてのみ支払うのが基本です。

 

工期が遅れる可能性がある場合は、事前に連絡してもらったうえで対応してもらいましょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装費用トラブル予防法と解決策

 

外壁塗装費用のトラブルは、残念ながら増加傾向にあります。

 

そのため、トラブルを未然に防ぐための対策を知っておくことが重要です。

複数の業者に見積もりを取る

見積もり金額は、業者によって大きくことなります。

 

同じ条件で見積もりを依頼しても、見積もり金額に倍以上の開きがあることさえあるのです。

 

しかし、同じ条件で複数の業者に見積もりを依頼することで「価格相場」を知ることができます。

 

「外壁塗装一括見積もり比較サービス」は、一度に複数社の業者から見積もりを取り寄せることができて便利です。

 

見積もり相場が分かれば、極端に高い業者や安い業者を候補から外すことができるのです。

見積書の記載内容をよく確認する

見積書には、工事内容・工期・費用・保証内容など、さまざまな情報が記載されています。

 

また、見積書に記載された内容と施工状態を照合することで、正確に工事がおこなわれていることを確認することができるのです。

 

見積書の記載内容を確認し、分からないところは業者に説明を求めるようにしましょう。

契約書を交わす

契約書は、業者と依頼者との間で、工事内容・工期・費用・保証内容など、さまざまな事項を明確にするためのものです。

 

契約書を交わすことで責任の所在が明確になり、トラブルを防ぐことができます。

トラブルが発生したら業者に連絡する

外壁塗装の工事中にトラブルが発生した場合は、すぐに業者に連絡して対応を求めるようにしてください。

 

トラブルを放置してしまうと、さらに大きな問題に発展する可能性があります。

 

たとえば、下地の状態が悪いのに中塗りや上塗りをおこなってしまうと、塗料の付きが悪かったり塗面が凸凹になったりして仕上がりが非常に悪くなるのです。

 

上記のようなケースでは、下地処理からやり直すことになり工期が大幅にズレてしまいます。

 

作業内容が不適切であれば、費用は業者の負担となります。

 

遠慮せず、早めに相談することが大切です。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装費用トラブルの相談先

 

外壁塗装費用に関するトラブルの相談先は、以下のとおりです。

消費者ホットライン

消費者ホットラインとは、消費者トラブルの相談や解決を支援する窓口です。

 

188番に電話すると、全国の消費生活センター等につながり、専門の相談員が対応してくれます。

 

相談内容は、商品やサービスの不良、契約トラブル、悪徳商法など、さまざまです。

 

消費者ホットラインは無料で利用することができ、土曜日、日曜日、祝日も対応しています。

 

消費者の権利を守り、消費者トラブルを解決するための重要な役割を果たしています。

 

消費者トラブルに遭った際には、まず消費者ホットラインに相談することをお勧めします。

国民生活センター

国民生活センターは、独立行政法人国民生活センター法に基づき設置された日本の独立行政法人です。

 

国民生活に関する情報の提供及び調査研究をおこなうとともに、消費者紛争についての手続きをおこなっています。

 

具体的には、消費者と事業者の話し合いを仲介したり、必要に応じて行政機関に報告したりするなどの活動を行っています。

 

国民生活センターは全国に47都道府県に設置されており、相談は無料です。

都道府県の消費生活センター

都道府県の消費生活センターは、国民生活センターの地方機関です。

 

国民生活センターの任務を都道府県ごとに担っており、消費者からの相談を受け付けています。

 

国民生活センターと同様、消費者と事業者の話し合いを仲介したり、必要に応じて行政機関に報告したりするなどの活動を行っています。

 

また、消費者トラブルに関する情報や、消費者トラブルに巻き込まれないための啓発活動なども行っています。

 

都道府県の消費生活センターは全国に47都道府県に設置されており、相談は無料です。

弁護士会

弁護士会は、弁護士を構成員として形成される団体です。

 

弁護士相互の情報交換・研修などを目的とする任意団体として構成されている場合もあり、弁護士法に基づいて、全国に47の弁護士会が設置されています。

 

弁護士会は、弁護士の登録・懲戒、法律相談、法律教育・研修、社会活動など、様々な活動を行っています。

 

弁護士会は、弁護士の社会的地位の向上と、市民の法律相談等に対するアクセスの向上を図るために、重要な役割を果たしています。

建築士会

建築士会とは、建築士を構成員として形成される団体です。

 

建築士会の登録・懲戒は、建築士法に基づいて行われます。

 

建築士会は、建築士の登録申請を受け付け、その資格を審査し、登録を行うかどうかを決定します。

 

また、建築士法に違反した建築士に対しては、懲戒を行うことができます。

塗装業協会

塗装業協会は、塗装業者の団体です。外壁塗装に関するトラブルの相談も受け付けています。

 

外壁塗装に関するトラブルに巻き込まれた場合は、これらの相談先に相談してみてください。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装費用のトラブルに関するよくある質問

 

外壁塗装費用のトラブルとはどのようなものですか?

外壁塗装費用のトラブルで多いのは、以下のようなケースです。

  • 見積もりと実際の請求額が大きく異なる
  • 追加工事やオプションを強要される
  • 工事内容や品質が約束通りでない

 

外壁塗装費用のトラブルを防ぐにはどうすればいいですか?

外壁塗装費用のトラブルを防ぐには、以下のようなことが重要です。

  • 複数の信頼できる業者に見積もりを依頼し、詳細に確認する
  • 契約書や保証書をしっかりと読み、不明点や疑問点を質問する
  • 工事中や工事後に検査や確認を行い、不備や不満があれば早めに伝える

 

外壁塗装費用のトラブルに遭った場合はどう対処すればいいですか?

外壁塗装費用のトラブルに遭った場合は、以下のような対処方法があります。

  • 業者と交渉し、解決策や補償を求める
  • 消費者センターや弁護士などの専門家に相談する
  • 裁判所や仲裁委員会などの第三者機関に訴える

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

まとめ:外壁塗装の費用についてのトラブル5つと防ぐための対策方法を決定紹介!

外壁塗装費用のトラブルを防ぐためには、複数の業者に見積もりを取るようにしましょう。

 

そして、見積書に記載されている内容をよく確認したうえで契約書を交わすことが大切です。

 

トラブルが発生した場合は速やかに業者に連絡し、早期に解決するようにしましょう。

 

外壁塗装は、住宅の価値を守り、長持ちさせるために重要なものです。

 

トラブルに巻き込まれないためにも、事前に対策をしておくことが何より大切です。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

建築士

建築士