地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

中古戸建ての外壁塗装費用相場は?塗装する3つのメリットも紹介!

中古戸建て住宅を購入した際、外壁塗装は必ずおこなうことをおすすめします。

 

なぜなら、外観を美しくするだけでなく、風雨や紫外線から家を守る役割も果たしてくれるからです。

 

外壁塗装をおこなうには膨大な費用がかかるイメージがあります。

 

しかし、とくに中古住宅を購入する場合は外壁塗装が必須ともいえますので是非参考にしてください。

 

中古戸建ての外壁塗装の費用相場は?

 

中古戸建ての外壁塗装費用は、住宅の面積によってことなります。

 

大きな住宅であれば、塗装面積に比例して費用も増加します。

 

また、外壁塗装で使用する塗料は複数の種類があり、塗料の特性によって価格がことなります。

 

一般的に、安価な塗料は耐久年数が短いですが、高価な塗料は耐久性が高いです。

 

中古住宅で外壁塗装をおこなった場合、1㎡あたり2,400円~3,000円が相場になります。

 

施工業者によっても見積金額に差があるため、複数の塗装業者に見積もり提出を依頼して比較するのがおすすめです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

中古戸建てに外壁塗装をするメリット

 

中古住宅に費用をかけて外壁塗装をするメリットは、以下の3つにです。

快適性が高まる

中古住宅は古い基準で施工されているため、最新の基準からすると耐久性に劣ります。

 

しかし、外壁塗装をすることで住まいの快適性は大幅に配膳されます。

 

外壁塗装で使う塗料やコーキング材は日々改良されており、厳しい審査基準を経たうえで市場に供給されているからです。

 

たとえば、外壁塗装で耐熱性に優れた塗料を使うことにより、夏の厳しい暑さを和らげることができます。

 

エアコンの設定温度も、リフォーム前より高く設定できるでしょう。

 

また、外壁塗装をおこなえば防湿性も大幅に改善されています。

 

見て確かめることはできませんが、内部への浸水を防げるため住宅の耐久性は高くなります。

資産価値が増す

外壁塗装をおこなうことで、見た目をリフレッシュすることができます。

 

とくに外壁のカビや汚れが目立つ場合、外壁塗装により見違えるほどきれいになるのです。

 

ちろん、見た目がきれいになっただけでは資産価値としての評価は低いのですが、新しい基準の塗材等を使って施工することにより、総合的に住宅価値を高めることができるのです。

安全性が高くなる

耐震工事とまではいきませんが、外壁塗装をおこなうことで将来的な安全性を高める効果があります。

 

新たに塗装することで耐久性が増し、住宅の劣化速度をおさえることができるからです。

 

中古住宅の場合、築年数が20年以上経過している物件も少なくありません。

 

外壁リフォームだけでなく、構造的な補強も必要となるでしょう。

 

塗装をおこなうことが安全性と直結するわけではありませんが、外壁材の劣化による内部への影響を抑えることは可能です。

 

さらに、定期的にメンテナンスをおこなうことで長期にわたって耐久性(安全性)を維持することができるのです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

中古戸建てで外壁塗装費用をかける理由

 

中古戸建てに外壁塗装が必要な理由はいくつかありますが、主につぎの5つがあげられます。

 

  1. 外壁を保護する
    塗装をおこなうことで、風雨や紫外線から外壁を守る効果が高まります。
    一般的に外壁塗装が必要になるのは、新築から10~15年といわれており、定期的にメンテナンスすることで家の耐久性を維持することができるのです。

  2. 雨漏りを防ぐ
    外壁塗装をおこなうと、外壁表面に塗膜が形成されます。
    その結果、雨水の侵入を防ぐことができるのです。外壁は古くなると表面に「ひび割れ」や「亀裂」が発生します。
    劣化状態にもよりますが、古い塗料を落として新たに塗り直すことによって外壁の状態を良好に保つことができるのです。

  3. 断熱性を高める
    外壁塗装で使う塗料には、太陽光を反射する性質があります。
    熱が伝わりにくくなるため、室内が高温になるのを防げるのです。

  4. 美観を向上させる
    古くなった外壁表面を調整し、同色系で新たに塗装することで美観を高めることができます。
    また、家の雰囲気に合った違った系統の色を選べば、新築に戻ったような清々しい気分になれるでしょう。

  5. 資産価値を高める
    中古住宅を外壁塗装することで、建物の寿命を延ばすことになります。
    耐熱性や防水性が高まり、耐久性が大幅に向上することから資産価値が上がるのです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装費用をかけるべき中古住宅のおもな劣化症状

 

中古戸建てで外壁塗装費用をかける場合は、以下のような症状があるときです。

 

  1. ひび割れ
    塗膜のひび割れは、塗装工事の現場では「クラック」といいます。
    クラックは、塗膜の温度変化や湿度が原因となって発生します。
    ひび割れを放置しておくと、症状が広がって雨漏りを引き起こします。

  2. カビや藻の発生
    外壁が古くなると、カビが発生して表面が黒くなったり藻が生えて緑になったりします。
    見た目が悪くなり、築年数以上に古く感じてしまうのです。
    また、外壁面に付着したカビや藻は健康にも悪影響です。
    小さなお子さんがいるご家庭であれば、とくに早めの対策をおすすめします。

  3. 塗膜の剥がれ
    塗膜が古くなり、剥がれてしまう状態です。
    剥がれた部分は「下地」が露出するため、雨や紫外線の影響で腐食しやすくなります。
    古い塗膜を剥がし、下地調整をおこなったうえで新たに塗装することが必要です。

  4. 鉄部のサビや剥がれ
    鉄製部分は、温度や湿度の影響を受けやすいため劣化が早いです。
    また、塗膜にキズが入ることで侵食は広範囲に及ぶことがあります。
    鉄製部分は、外壁部分より短いサイクルでのメンテナンスが必要です。

  5. 塗膜の浮き
    塗膜の一部が膨らみ、塗料の付着性が弱まることで発生します。
    症状を放置しておくと、風雨などの影響で塗膜が剥がれる原因となります。
    古い塗膜を剥がし、下地調整をおこなったうえで新たに塗装する必要があります。

  6. チョーキング
    正式には「白亜化(はくあか)」といいます。
    外壁の表面を手で触ると、塗料が手に付いて白く見える状態のことです。
    紫外線や風雨の影響で、塗膜が劣化することで起こります。
    塗面が古くなり保護機能が低下している状態のため、下地処理を施して塗りなおす必要があります。

  7. 色あせ
    紫外線や風雨の影響で、塗面の防護機能が低下し始めた状態です。
    「ひび割れ」や「剥がれ」など、劣化が進まないうちに対策することで費用をおさえることができます。

  8. シーリングの劣化
    外壁同士の継ぎ目や、サッシなどの境界に施すシーリング材の劣化のことをいいます。
    外壁塗装の現場では「コーキング」とよばれており、内部への浸水等を防いでいるのです。
    コーキング材は、乾燥するとゴムのような伸縮性のある特性を発揮します。
    コーキング材は古くなると硬くなり、伸縮性が失われてシーリング機能が大幅に低下します。
    外壁塗装に合わせて、シーリングの増打ちや打ち替えをおこなって内部への浸水を防ぎましょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

中古戸建ての外壁塗装におすすめの業者は?

 

中古住宅の外壁塗装において注意すべきことは、しっかりと調査をおこなう塗装業者に依頼するということです。

 

築年数が古くなれば外壁の劣化が進むため、場合によっては内部に浸水していることもあります。

 

このような場合は外壁塗装する前に内部の状態を確認しなければいけません。

 

状態が悪ければ「シロアリ」が発生していることもあるからです。

 

このようなケースでは本格的なリフォームが必要となります。

 

残念ながら、塗装業者のなかには事前調査が十分でないために、外壁リフォームから数年後に「雨漏り」などの症状があらわれることもあります。

 

とくに、見積もり金額が相場より大幅に安い場合は注意が必要です。

 

もちろん、悪質な業者は一部に過ぎず、しっかりした調査をおこなう塗装業者がほとんどです。

 

塗装業者を選ぶ際は、必ず3社以上の見積もりを比較されることをおすすめします。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

中古戸建て住宅の外壁塗装費用についてよくある質問

 

中古戸建の外壁塗装は必要ですか?

中古戸建の外壁塗装は、外観の美しさや防水性、耐久性を保つために必要です。
外壁塗装を怠ると、ひび割れやカビ、腐食などのトラブルが発生し、修繕費用が高くなる可能性があります。

 

中古戸建の外壁塗装の費用はどのくらいかかりますか?

中古戸建の外壁塗装の費用は、建物の広さや形状、塗料の種類や品質、業者の料金体系などによってことなります。
一般的には、1㎡あたり2,400円~3,000円が相場と言われています。

 

中古戸建の外壁塗装の費用を節約する方法はありますか?

中古戸建の外壁塗装の費用を節約する方法としては、以下のようなものがあります。

  • 複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討する
  • 塗料の種類や品質を適切に選ぶ
  • 工事期間や時期を調整する
  • 補助金や助成金を利用する

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

まとめ:中古戸建ての外壁塗装費用相場は?塗装する3つのメリットも紹介!

中古戸建ての外壁塗装費用は、平均的に60~100万円程度かかります。

 

しかし、費用は使用する塗料や工事方法、業者によって異なります。

 

そのため、見積もりを取る際は複数の業者から比較してください。

 

また、費用を節約する方法も参考にしてください。

 

今回紹介したポイントを活用して、快適な中古戸建ての外壁塗装工事を行いましょう!

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

建築士

建築士