ガルバリウム外壁の塗装費用は高い?相場とメリット・デメリットを徹底解説

この記事では、ガルバリウム鋼板に塗装する時期や方法、費用の相場などを詳しく解説します。

 

ガルバリウム鋼板は、鋼板にアルミニウムと亜鉛の合金をメッキした金属建材です。

 

耐久性や耐震性に優れており、外壁や屋根によく使われています。

 

しかし、ガルバリウム鋼板は錆びないわけではありません。年月が経つと錆びが発生し、外壁の劣化を招きます。

 

そこで、ガルバリウム鋼板に塗装することで、外壁の寿命を延ばすことができます。

 

ガルバリウム鋼板の外壁塗装をお考えでしたら、ぜひ参考にしてください。

 

ガルバリウム鋼板を塗装する時期

 

ガルバリウム鋼板を塗装する時期の目安は、施工から10年が目安です。

 

ただし、これはあくまで一般的な平均値であり、環境や使用状況によって変わります。

 

劣化症状が出ている場合は、早めに塗装を行う必要があります。

 

ガルバリウム鋼板の劣化症状としては、以下のようなものがあります。

色あせ

ガルバリウム鋼板は表面に塗装を施しているため、経年劣化や紫外線の影響で色あせが起こります。

 

特に濃色の場合は色あせが目立ちやすく、美観を損なうだけでなく、金属の腐食を促進する可能性もあります。

 

色あせを防ぐためには、定期的な塗装メンテナンスが必要です。

チョーキング現象

チョーキング現象とは、外壁の塗装が劣化してチョークのような粉が表面に浮き出る現象のことです。

 

ガルバリウム鋼板外壁は金属でできた外壁材であるため、耐候性が高いという特徴があります。

 

表面にはクリアな塗膜がありますが、紫外線や雨風によって劣化してチョーキング現象を起こします。

 

チョーキング現象が見られた場合は、外壁塗装のタイミングと考えた方が良いです。

 

傷やへこみ

ガルバリウム鋼板は金属でできた外壁材で、薄くて軽いという特徴がありますが、その反面キズやへこみがつきやすいというデメリットもあります。

 

キズやへこみができると、ガルバリウム鋼板の表面に施されているメッキ加工が剥がれてしまいます。

 

メッキ加工はガルバリウム鋼板を錆びにくくするためのもので、剥がれると風雨の影響を直接受けてしまいます。

 

一般的にガルバリウム鋼板の外壁は10年~15年はメンテナンスが不要といわれていますが、キズやへこみができた場合には早目に対策するのがおすすめです。

錆び

ガルバリウム鋼板は、鋼板にアルミニウム・亜鉛・シリコンの合金をめっきした金属建材で、錆びにくい特性を持っています。

 

しかし、経年劣化や外的要因によって錆びが発生する可能性があります。

 

放置すると穴が開いたり、雨漏りしたりする恐れがあります。

 

このような劣化症状が見られたら、早目に下地処理をおこなったうえでの補修を検討しましょう。

ガルバリウム鋼板の塗装費用・相場

 

ガルバリウム鋼板の塗装費用は塗料の種類や業者によって異なりますが、一般的な相場は以下の通りです。

下地調整費

1㎡あたり160円~2,300円が相場です。費用に幅があるのは下地の状態によって作業工程がことなるからです。

 

部分的な調整で済む場合もあれば、全面的に補修が必要な場合もあります。

ポリウレタン樹脂系

1㎡あたり2,100円が相場です。耐久年数8年~10年と短いことから、風雨や紫外線の影響を受けやすい場所や目立つ場所には使われません。

アクリルシリコン樹脂系

1㎡あたり2,600円が相場です。耐久年数10年~15年といわれており、価格と耐久性のバランスに優れているため使用頻度がもっとも高い塗料です。

フッ素樹脂系

1㎡あたり2,900円が相場です。耐久年数は15年~20年といわれており、長期間メンテナンスが不要であるため人気があります。
上記塗装費用には、足場代や養生費用は含まれていません。

ガルバリウム鋼板を塗装するメリット・デメリット

 

ガルバリウム鋼板を塗装するメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

外壁表面は風雨や紫外線の影響を直接受けるため、年月とともに劣化が進行します。

 

見た目の美しさはもちろん外壁材の耐久性も低下するため、適切な時期に表面を塗装することが重要なのです。

 

ガルバリウム鋼板を使った外壁材も同様であり、施工から一定年数が経過するタイミングで塗装をおこなうことが推奨されています。

 

一般的に、ガルバリウム鋼板の塗装には指定された塗料が推奨されています。

 

また、塗料の種類によっては遮熱効果を高めるものもあり、暑さや寒さに対する備えとしても有効です。

 

遮熱効果のある塗料を使うと、補助金の対象となる場合があります。

 

詳しくは、塗装業者に確認してみると良いでしょう。

 

さらに、塗装の際には色を塗り替えるという楽しみもあります。

 

そもそも全く同じ色で塗装することはできませんので、気分を変えるためにも全く違った色に塗り替えるのも良いと思います。

デメリット

ガルバリウム鋼板の塗装をおこなうにあたり、デメリットといえるような部分はありません。

 

定期的に塗装をおこなうことで、家の耐久性や資産価値は確実に上がっているからです。

 

ガルバリウム鋼板の塗装にも、それなりの工事費が発生します。

 

費用は決して安くはありませんし、工事期間は不便を余儀なくされるためストレスを感じることでしょう。

 

しかし、適切な時期に塗装をおこなわなければトラブルが発生してからの対応となり費用は増すばかりです。

 

その他のトラブルとしては、「相隣関係」に気をつけた方が良いでしょう。

 

工事開始と終わりのタイミングはもちろん、工事中にも適切に訪問してコミュニケーションを円滑にしておくことが大切です。

ガルバリウム鋼板の種類と人気メーカー

 

ガルバリウム鋼板のメーカーは国内外に多数存在しますが、ここでは日本で人気のある4社を紹介します。

日鉄鋼板株式会社

日本最大の製鉄会社である日本製鉄グループの一員で、ガルバリウム鋼板の開発・製造・販売を行っています。

 

ガルバリウム鋼板のブランド名は「ガルバスター」で、一般ガルバリウム鋼板とスーパーガルバリウム鋼板(SGL)の両方を取り扱っています。

 

ガルバスターは、高い耐食性と耐熱性を持ち、屋根や外壁だけでなく自動車や家電などの産業用途にも広く使われています。

JFE鋼板株式会社

日本製鉄に次ぐ規模の製鉄会社であるJFEグループの一員で、ガルバリウム鋼板の開発・製造・販売を行っています。
JFEガルバリウム鋼板は、高い耐食性と耐熱性に加えて遮熱性や断熱性も備えており、屋根や外壁だけでなく、太陽光発電や農業施設などの分野にも応用されています。

株式会社淀川製鋼所

大阪府に本社を置く老舗の金属加工メーカーで、ガルバリウム鋼板の開発・製造・販売を行っています。

 

ガルバリウム鋼板のブランド名は「ヨドGLエコグリーン」で、一般ガルバリウム鋼板のみを取り扱っています。

 

ヨドGLエコグリーンは、高い耐食性と耐熱性に加えて、環境にやさしい塗料を使用しており、屋根や外壁だけでなく、防音壁やパイプなどの用途にも適しています。

アサヒ金属株式会社

東京都に本社を置く金属加工メーカーで、ガルバリウム鋼板の開発・製造・販売を行っています。

 

ガルバリウム鋼板のブランド名は「セリオスサイディング」で、金属系・窯業系の鋼板を取り扱っています。

 

セリオスサイディングは、高い耐食性と耐熱性に加えて、軽量で施工性が高いことが特徴です。

 

屋根や外壁だけでなく、建物の間仕切りや床下空間の仕上げなどにも使用されています。

ガルバリウム鋼板を塗装する際の注意点

 

ガルバリウム鋼板を塗装する際には、以下のような注意点があります。

 

塗装前には高圧洗浄やケレン作業などで外壁をきれいにすることが必要です。

 

汚れやサビが残っていると塗料の密着性が低下し、塗装効果が減少します。

 

塗装する塗料はガルバリウム鋼板に適したものを選ぶことが必要です。

 

金属系外壁材専用の塗料や、金属系外壁材用の下塗り剤を使用することが推奨されています。

 

塗装する際には専門的な技術や機材が必要ですので、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

 

また、塗装後には定期的なメンテナンスが必要です。

 

水洗いや点検をおこなうことで、塗装効果を長持ちさせることができます。

ガルバリウム外壁の塗装費用についてよくある質問

 

ガルバリウム外壁の塗装費用とは何ですか?

ガルバリウム外壁の塗装費用とは、ガルバリウムという亜鉛とアルミニウムの合金でできた外壁材に塗装を施す際にかかる費用のことです。

 

ガルバリウム外壁は、錆びにくく、軽量で、耐久性が高いという特徴がありますが、定期的な塗装をおこなうことで外壁の美しさや耐久性を高めることができます。

 

ガルバリウム外壁の塗装費用の相場はどのくらいですか?

ガルバリウム外壁の塗装費用の相場は、建物の広さや形状、塗料の種類や品質、業者の料金体系などによって異なりますが、一般的には、1㎡あたり3,000円程度が目安と言われています。

 

ガルバリウム外壁の塗装費用を節約する方法はありますか?

ガルバリウム外壁の塗装費用を節約する方法としては、以下のようなものがあります。

  • 複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討する
  • 塗料の種類や品質を適切に選ぶ
  • 工事期間や時期を調整する
  • 補助金や助成金を利用する

基本的には、他の種類の塗料と同じ考え方です。

ガルバリウム外壁の塗装費用は高い?相場とメリット・デメリットを徹底解説まとめ

ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛の合金めっきされた金属建材で、耐久性や耐震性に優れています。

 

しかし、メンテナンスフリーというわけではありません。年月が経つと錆びが発生し、外壁の劣化を招きます。

 

ガルバリウム鋼板に塗装する時期の目安は10年~15年です。

 

劣化症状が見られたら、早目に相談されるのが良いでしょう。

外壁塗装

外壁塗装