地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

外壁塗装の費用を相場より節約する長期的視点に立った4つの方法

外壁塗装の費用って、やっぱり高額ですし気になりますよね。

 

絶対に必要な工事であることはわかっていますが、予算は限られていますし悩ましいところです。

 

そんなあなたに、無理なく、賢く節約する方法をご紹介します。

 

この記事でご紹介するポイントをおさえておけば、外壁塗装費用を節約できるだけでなく、安心して任せられる業者の見つけ方がわかります。

 

無駄なコストをかけたくないなら、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装の費用を相場より節約すべき理由

 

外壁塗装の費用相場は、家の大きさや使用する塗料の種類、塗装の方法によってことなります。

 

一般的な30坪の住宅であれば、60~100万円程度が相場とされています。

 

必要な工事ではありますが、決して安くはありませんよね。

 

外壁塗装費用の節約が大切な理由は、家の修繕・維持に欠かせない工事であり、長期的に見てトータルコストを抑えられるからです。

 

新築または前回の施工から10年~20年ごとに塗装をおこなうことで、外壁材の張替えや内部の修繕といった高額な修繕費用の発生を避けることができます。

 

また、使用する塗料の種類によっては断熱性を高めることができ、エアコンなどの使用頻度を減らすことにも貢献します。

 

家の外側にある外壁の状態は、普段じっくり見る機会がないため、劣化の進行を感じにくいのも事実です。

 

しかし、定期的にメンテナンスをおこなわなければ、いずれは「雨漏り」や「サビ」など目に見える形でのドラブルを引き起こします。

 

長期的な視点で考えると、外壁塗装は家の見た目を良くするだけでなく、経済的な効果も大きい大切な工事なのです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の費用相場って?節約できるの?

 

外壁塗装の費用は、塗装面積によって大きく変動します。以下は、坪数ごとの費用相場の一例です。

 

塗装面積 費用相場
20坪 約40~90万円
30坪 約60~100万円
40坪 約80~130万円
50坪 約90~160万円
60坪 約120~200万円

 

塗装面積が増えると、使用する塗料の量も当然増えます。

 

また、塗装面積が大きければ職人の数も増やさなければいけません。

 

少人数で作業をしていては、工期が必要以上にかかってしまうからです。

 

さらに、塗装面積が大きいということは「足場」の数もふやさなければいけません。

 

足場は家の周囲を取り囲むように設置するわけですが、規模が大きくなれば足場の台数を増やす他ありません。

 

加えて建物の形状や立地条件も、作業効率に影響を及ぼします。

 

使用する塗料や足場といった資材はもちろんですが、作業をおこなう職人の人件費も塗装面積によって大きな違いがあるのです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装費用を相場より節約する4つの方法

 

外壁塗装にかかる費用を節約する方法を4つご紹介します。

 

いずれも工事費用を相場より安くするうえで大切なポイントとなります。

 

ここでご紹介するポイントを知っておけば、塗装会社を選ぶ際や工事を進めるうえで役立つでしょう。

必ず相見積もりを取ること

相見積もりとは、複数の業者から見積もりを取り、価格やサービスを比較することです。

 

相見積もりをとって比較することで、適正価格を把握し、コストパフォーマンスの高い業者を選ぶことができます。

 

相見積もりを比較するうえで欠かせないのは、条件を揃えて比較するということです。

 

複数の塗装会社に見積もり依頼をかけても、金額にバラつきがあるのがほとんどです。

 

なぜなら、施工方法や期間、職人の数など塗装会社によって提示される条件がことなるためです。

 

そこで、見積書に記載された内容のうち、共通項目を横並びで比較します。

 

たとえば、「足場代がいくら」「施工期間が何日」といった項目を比較してみましょう。

 

また、業者の対応や信頼性を事前に評価する機会にもなりますので、わからないことについては積極的に確認してみることをおすすめします。

 

そして、相見積もりを取る際に利用したいのが「外壁塗装一括見積もりサイト」の利用です。

 

無料で3~5社の塗装会社から無料で見積書を取り寄せることができます。

 

しかも、外壁塗装一括見積もりサイトに加盟する業者は厳しい審査を経たうえで登録しているため、悪質な業者に出遭う確率が極めて低いこともメリットです。

 

自力で塗装会社から見積書を取り寄せることもできますが、相手に期待させてしまうリスクもあるためおすすめしません。

 

外壁塗装一括見積もりサイトでは「断り代行」もサービスの一つとなっていますので、工事を依頼しなかった業者への断りに苦慮する必要がなくおすすめです。

地域密着型の業者を選ぶこと

地域密着型の業者は、地元の市場や顧客のニーズを深く理解しているため、あなたの希望に沿ったサービスが期待できます。

 

緊急を要するような場合など、地元にある業者に頼めるメリットは大きいです。

 

たとえば、台風などの自然災害で外壁にダメージが生じた場合でも、地元業者ならではのフットワークで、スピード感のある対応をしてもらえるでしょう。

 

我が家も、冷蔵庫やエアコンなど壊れたら困る電化製品の一部については、多少高くても地元のお店で購入しています。

 

また、施工後の点検も丁寧におこなってもらえるので、メンテナンス費用もおさえられます。

 

地元にある業者に依頼する一番のメリットは、「顔が見える安心感」です。塗装会社そのものが地元にありますので、悪質な施工をおこなうリスクは極めて低いです。

 

なぜなら、悪い評判が立つと会社の存続すら危うくなってしまうからです。

 

なかでも地方にある塗装会社は、昔ながらの技術をもった職人をかかえていることが多いです。

 

このような昔気質の職人さんは、少々頑固な一面はあるものの、真面目な仕事ぶりと仕上がりの丁寧さが秀逸です。

 

若い職人さんのなかには、ベテランから技術を教わっている方も多いので、地元の塗装会社で出会えたらとてもラッキーだといえます。

 

さらに、地方にある塗装会社は見積もり金額も良心的であり、都会地に比べてお得に工事をできる可能性が高いです。

 

見積もり金額が極端に高い業者には注意すべきですが、適正価格の範囲であれば話しを聞いてみる価値はあります。

 

見積もり金額が安価である理由など、一歩踏み込んだ質問をしてみるのも良いでしょう。

塗料の選び方に注意すること

塗料を選ぶ際は、耐候性や用途に合ったものを選ぶことが重要です。

 

オーバースペックな塗料を選ぶと無駄なコストがかかるため、必要十分な性能を持つ塗料を選ぶことがコスト削減につながります。

 

以下の表では、塗料の種類による特徴と耐久性を比較しました。

 

価格 耐久性(年) 特徴
アクリル塗料 6~8年 価格は安いが耐久性が低い
シリコン塗料 10~15年 紫外線に強く価格と耐久性のバランスがよい
フッ素塗料 15~20年 耐久性・耐候性に優れるが価格は高い
遮熱塗料 15~20年 遮熱効果に優れるが非常に高額

 

外壁塗装のメンテナンス周期は、一般的に10~15年といわれていますので、通常は価格と耐久性とのバランスに優れたシリコン塗料を使用することが多いです。

 

もちろん、より高性能な塗料を使えば長持ちする可能性は高くなりますが、立地や気候などの要因でカタログ数値ほどの効果が得られないことも多々あります。

 

とくにこだわりがなければ、シリコン塗料が一番おすすめできる塗料です。

補助金や火災保険を積極的に活用すること

外壁塗装に関しては、自治体の補助金や助成金を利用することで、工事費用の一部を補助してもらえる場合があります。

 

とくに、地方の自治体では子育て世帯や移住者を対象として、さまざまな助成が受けられる場合が多いです。

 

ただし、高性能な塗料を使用するなど断熱効果を高める工事が補助対象となっていることも少なくありません。

 

対象となるかどうか塗装会社でも確認できますが、確実なのは自治体窓口で直接聞いてみるのがおすすめです。

 

補助率は工事費全体の10%程度がほとんどであり、工事費用も10~30万円以上を対象としていることが多いです。

 

工事後の報告書提出など面倒な一面もありますが、確実に費用を抑えられるので確認してみて損はありません。

 

また、自然災害による損害があった場合、火災保険を適用して修理費用の一部をカバーすることも可能です。

 

こちらも保険適用になるかは保険会社の判断に委ねられる部分ではありますが、工事費用が実質的に安くなるなら積極的に活用すべきです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装費用を相場より節約できた事例

 

外壁塗装の費用を相場より節約できた事例をご紹介します。

外壁色選びで長期的コスト削減

外壁塗装において「薄い色」を基調として「黒」や「ブラウン系」で締めることは、長期的に見てコスト削減につながります。

 

  1. 熱吸収の違い
    薄い色は太陽光を反射しやすく、暑い季節でも外壁が過度に熱くなりません。
    一方、濃い色は太陽光を吸収しやすく、外壁の温度が上昇します。
    薄い色を選ぶことで、冷暖房のエネルギー消費を抑え、コストを削減できます。

  2. 塗料の耐久性
    薄い色の塗料は通常、濃い色のものよりも耐久性が高いです。
    これは、薄い色が紫外線に対して耐性を持っているためです。
    耐久性が高い塗料を選ぶことで、再塗装の頻度を減らし、コストを削減できます。

  3. メンテナンスの簡素化
    薄い色は汚れが目立ちにくく、汚れが付着した場合でも洗浄が容易です。
    一方、濃い色は汚れが目立ちやすく、洗浄に手間がかかります。
    薄い色を選ぶことで、メンテナンスの手間とコストを削減できます。

 

このように、薄い色を基調として黒やブラウン系で締めるアプローチは、見た目の印象を高めつつ、コストを抑える効果的な方法といえます。

黒住宅の外構と環境バランス

黒を基調とした住宅の外構デザインがコスト削減につながる理由は、以下の通りです。

 

  1. 計画の効率化
    施工会社との綿密な相談により、計画段階時間的な無駄を省くことができます。
    具体的なデザインと予算のバランスを事前に詰めることで、後からの変更や追加工事が少なくなり、結果的にコストを抑えられます。

  2. 材料選定の最適化
    「黒」という色は、様々な材料で一貫した見た目を実現しやすい色です。
    そのため、高価な特注材料に頼らずとも、市場に出回っている標準的な材料で統一感のある外観を作り出すことができ、資材価格という目に見えたコストを削減できます。

  3. メンテナンスの容易さ
    黒色は汚れが目立ちにくいため、外壁のメンテナンス頻度を下げることができます。
    長期的に見て清掃や塗り替えの頻度を減らすことでコストを削減できます。

  4. 環境との調和
    「黒」は自然環境と調和しやすい色であり、周囲の景観に溶け込むことで、地域の規制や条件に合わせた設計変更の必要性を減らすことができます。地域の実状に合わせた色を選択することで、再塗装など余計なコストをかけずに済みます。

ツートンカラー住宅のコントラスト

ツートンカラー住宅のコントラストがコスト削減につながる理由は、以下の通りです。

 

  1. デザインのシンプルさ
    ツートンカラーの採用は、複雑なパターンやデザイン要素を必要とせず、シンプルながらも効果的な外観を実現します。
    このシンプルさが、デザインや施工の手間を減らし、結果としてコストを削減することにつながります。

  2. 塗料の選択肢の広がり
    ツートンカラーでは、一色だけでなく、市場に広く出回っている様々な塗料から選ぶことができます。
    これにより、コストパフォーマンスに優れた塗料を選択でき、結果としてコスト削減につながるというわけです。

  3. メンテナンスの容易さ
    上下で色を分けることで、特に汚れやすい部分には汚れに強い色を選ぶことができます。
    これにより、メンテナンスの手間とコストを削減できます。

  4. 再塗装の柔軟性
    将来的な再塗装の際にも、ツートンカラーは一部分だけの塗り替えが容易であり、全体を一新する必要がないため、コストを抑えることができます。

 

以上のような点から、ツートンカラーを採用することは、コントラストを強調し、重厚感を演出するだけでなく、経済的にも合理的な選択といえるでしょう。

住宅ローン減税と外壁塗装に関する所得税減額

住宅ローン減税を活用して、外壁塗装に関する所得税を減額することが、コスト削減につながる理由は以下の通りです。

 

  1. 住宅ローン減税の適用
    住宅ローン減税は、住宅関連のローンに対して所得税の控除を受けられる制度です。
    外壁塗装を含むリフォームをローンでおこなった場合、特定の条件を満たせば、年末時点のローン残高の一定割合が所得税から控除されます。
    これにより、外壁塗装の費用を含めた住宅関連のコストを効果的に削減できるというわけです。

  2. 控除額の上限
    住宅ローン減税の控除額は、年間最大40万円までとなっており、10年間で最大400万円の控除を受けることが可能です。
    この控除を利用することで、外壁塗装のコストを含む住宅ローンの返済負担を軽減できるため、長期的なコスト削減できます。

  3. 経済的なメンテナンス
    外壁塗装は住宅の保護に不可欠であり、適切なメンテナンスによって住宅の寿命を延ばすことができます。
    住宅ローン減税を活用することで、経済的な負担を軽減しながら、必要なメンテナンスを適切な時期におこなえるため、長期的コストの削減ができます。

 

以上の点から、住宅ローン減税を活用することは、外壁塗装を含む住宅関連のコスト削減に有効な手段といえるでしょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装で失敗しないための業者選び

 

信頼できる業者の選び方

  1. 実績と評判を確認
    長年の実績と良い評判を持つ業者は信頼できる指標になります。
    過去の施工事例は自社サイトで写真付きで紹介されていることが多いです。
    また、実際に外壁塗装を依頼した顧客のレビューもチェックしてみましょう。

  2. 明確な見積もり記載
    信頼できる業者は、詳細で分かりやすい見積書を提示してくれます。
    また、見積書記載の内容について質問をすれば、丁寧に説明してもらえます。
    反対に、質問に対して明確な回答ができない業者には注意すべきです。

悪徳業者の見分け方

  1. 訪問販売に注意
    訪問販売を行う業者の中には、悪徳業者が含まれることがあります。
    外壁塗装の場合、ほとんどは電話やウェブサイトからの問い合わせを経て施工につながることが多いです。
    不審に感じたら、所属を確認し、日本訪問販売協会(JDSA)に加入しているかチェックしましょう。

  2. 金額が安すぎる場合は注意
    相場より極端に安い見積もりを提示する業者は注意が必要です。
    手抜き工事や追加工事など、隠れた費用が発生する可能性があります。
    数社の見積もり金額を比較して、相場がどれくらいか知っておくことが重要です。

  3. 良い業者は相見積もりを快諾
    複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。
    相見積もりを快諾しない業者は、疑わしいといえます。
    このようなケースでは見積もり価格が相場より高いため、他社と比較されたくないという理由があります。
    反対に、他社から相見積もりをとることに理解してくれる業者は信頼度高めです。

  4. 工事後の保証は必須
    工事が終わった後の保証があるかどうであるかも確認しましょう。
    保証内容や期間については、見積書に記載されている場合もあります。
    保証の範囲や期間、条件をしっかりと確認しましょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の費用を抑える!相場を知って賢く節約する4つの方法まとめ

今回この記事では、外壁塗装の費用を相場より節約する、具体的な方法をご紹介しました。

 

外壁塗装は必ずおこなうべきですが、簡単に決断できないほどの高額な工事です。

 

それだけに、少しでも安くしたいと思うのは当然のことでしょう。

 

ここでご紹介したポイントをおさえて工事をすれば、価格と品質のどちらも満足できる仕上がりが実現できます。

 

まずは、あなたの家の相場を知り、外壁塗装一括見積もりサイトを利用してお得に工事をしてください。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

建築士

建築士