地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

外壁洗浄と塗装費用の相場はいくら?適正価格でおすすめ業者を見つける方法を紹介!

外壁の汚れは、見た目だけでなく、住宅の耐久性や健康にも影響を与える可能性があります。

 

しかし、外壁の洗浄や塗装は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

また、どのように業者を選ぶと良いのでしょうか?

 

外壁の洗浄や塗装は、住まいの美観や快適性を保つために必要なメンテナンスです。

 

ぜひ、この記事を参考にして、自分の家に合ったプランを見つけてください。

外壁の洗浄と塗装とは

 

外壁は、家の見た目や耐久性に大きく影響する部分です。

 

しかし、外壁は日々の気象条件や汚染物質などにさらされており、汚れや劣化が進んでしまいます。

 

そのため、定期的に外壁の洗浄と塗装を行うことが必要です。

外壁の汚れや劣化の原因と症状を紹介

外壁の汚れや劣化には、以下のような原因と症状があります。

 

カビやコケ
湿気や雨水などによって外壁にカビやコケが発生し、黒ずんだり緑色になったりします。
カビやコケは外壁の素材を傷めたり、アレルギーの原因になったりするので、早めに除去する必要があります。

 

ひび割れや剥がれ
外壁の塗膜が劣化すると、ひび割れや剥がれが発生します。
ひび割れや剥がれは外壁の防水性や断熱性を低下させたり、さらに劣化を進めたりするので、補修や塗り替えを行う必要があります。

 

色あせや汚れ
外壁の色は、紫外線や熱などによって徐々に色あせていきます。
また、排気ガスやほこりなどの汚染物質によって外壁に汚れが付着します。
色あせや汚れは外壁の美観を損なうだけでなく、塗膜の劣化を早めるので、洗浄や塗り替えを行う必要があります。

外壁の洗浄と塗装の目的と効果を説明

外壁の洗浄と塗装には、以下のような目的と効果があります。

 

外壁の美観を回復する
外壁の洗浄と塗装を行うことで、外壁の色や質感を新品同様に戻すことができます。
外壁の美観が回復すると、家の印象や価値も向上します。

 

外壁の性能を維持する
外壁の洗浄と塗装を行うことで、外壁の防水性や断熱性などの性能を維持することができます。
外壁の性能が維持されると、家の快適性や省エネ効果も高まります。

 

外壁の寿命を延ばす
外壁の洗浄と塗装を行うことで、外壁の劣化を防ぐことができます。
外壁の劣化を防ぐと、外壁の寿命を延ばすことができます。
外壁の寿命が延びると、外壁の交換や補修などの費用を抑えることができます。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁の洗浄と塗装の費用相場

 

外壁の洗浄と塗装にかかる費用の内訳と単価を紹介

外壁の洗浄と塗装にかかる費用をまとめると、以下の表のような内容になります。

 

項目 単位 単価
足場代 800~1,200円
養生代 200~300円
シーリング代 m 500~1,500円
軒天・雨どい・雨戸などの付帯部分の塗装代 ㎡ or m or 枚 800~4,000円
廃棄物処理代 10,000~30,000円
運搬・交通費 10,000~30,000円
下地処理代 300~2,500円
高圧洗浄代 100~300円
塗装代 1,000~3,000円

 

※単価は目安であり、地域や業者によって異なります。また、税込みか税抜きかも確認してください。

外壁の種類や面積、塗料の種類やグレードなどによる費用の違いを解説

外壁の洗浄と塗装の費用は、上記の項目の単価と、外壁の種類や面積、塗料の種類やグレードなどによって変わります。

 

外壁の種類や面積による費用の違い

外壁の種類や面積は、足場代や養生代、下地処理代、塗装代などに影響します。

 

塗装面積が広ければ足場が多く必要ですし、塗装面積が広ければ塗料も多く使うからです。

 

外壁の種類には、サイディング、ALC、モルタル、タイルなどがありますが、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。

 

  • サイディングは、軽量で施工が容易な外壁材ですが、目地部分のシーリングが劣化しやすく、カビやコケが発生しやすいです。

  • ALCは、断熱性や耐火性に優れた外壁材ですが、ひび割れや剥離が起きやすく、補修が必要になることがあります。

  • モルタルは、耐久性や防音性に優れた外壁材ですが、重量が重く、塗装の際には下地処理が重要になります。

  • タイルは、高級感やデザイン性に優れた外壁材ですが、コーキングや接着剤の劣化により、剥がれや浮きが起きやすく、定期的なメンテナンスが必要です。

 

外壁の種類によって、洗浄や塗装の方法や難易度が異なるため、単価も変わってきます。

 

一般的には、サイディングやALCは比較的安価に洗浄や塗装ができますが、モルタルやタイルは高価になります。

 

外壁の面積は、塗装する壁の面積によって決まります。

 

坪数が同じでも、家の形やドア・窓などの開口部の面積によって、塗装面積は異なります。

 

また、開口部が多いと養生代が多くかかることになります。

 

外壁の面積は、以下のように計算できます。

 

延べ坪数×3.3(1坪=3.3㎡)×1.2(外壁の面積を計算する際の係数)=外壁塗装の面積(㎡)

 

例えば、30坪の住宅の場合、外壁塗装の面積は約119㎡になります。

塗料の種類やグレードによる費用の違い

塗料の種類やグレードは、塗装代に影響します。

 

塗料の価格はさまざまであり、塗装料金に直結しているからです。

 

塗料の種類には、水性塗料、油性塗料、シリコン塗料、フッ素塗料などがありますが、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。

 

  • 水性塗料は、環境に優しく、乾きやすい塗料ですが、耐久性や耐候性に劣ります。

  • 油性塗料は、耐久性や耐候性に優れた塗料ですが、有機溶剤を含むため、環境に悪く、臭いが強いです。

  • シリコン塗料は、耐久性や耐候性に優れ、汚れにくい塗料ですが、価格が高く、塗り重ねができないです。

  • フッ素塗料は、最高級の塗料で、耐久性や耐候性、汚れにくさに優れますが、価格が非常に高く、施工が難しいです。

 

塗料の種類によって、単価や塗装回数が異なるため、費用も変わってきます。

 

一般的には、水性塗料や油性塗料は比較的安価に塗装ができますが、シリコン塗料やフッ素塗料は高価になります。

 

塗料のグレードは、塗料の品質や性能によって決まります。

 

グレードが高ければ、耐久性や耐候性、汚れにくさなどが高くなりますが、価格も高くなります。

 

一般的には、塗料のグレードは、以下のように分類されます。

 

  • 標準グレード:最も一般的で、低価格な塗料です。耐久年数は約5年です。

  • 高耐久グレード:標準グレードよりも耐久性や耐候性が高い塗料です。耐久年数は約10年です。

  • 超高耐久グレード:最高級の塗料で、耐久性や耐候性、汚れにくさが非常に高い塗料です。耐久年数は15年以上となります。

 

塗料のグレードによって、塗装代の単価は約1.5倍~3倍になります。

 

例えば、標準グレードの塗料の単価が1,000円/㎡の場合、高耐久グレードの塗料の単価は約1,500円/㎡、超高耐久グレードの塗料の単価は約3,000円/㎡になります。

 

塗料のグレードを選ぶ際には、予算や目的に合わせて、最適なものを選ぶことが大切です。

 

塗料のグレードが高ければ、初期費用は高くなりますが、メンテナンス費用や塗り替えの頻度は低くなります。

 

逆に、塗料のグレードが低ければ、初期費用は安くなりますが、メンテナンス費用や塗り替えの頻度は高くなります。

 

どちらのメリットが大きいのか、総合的に判断するための知識をもつことが大事です。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁の洗浄と塗装の適正価格を知る方法

 

外壁塗装の費用は高額になりますが、業者によっても大きくことなります。

 

そこで、外壁塗装の適正価格を知る方法について、以下のポイントをご紹介します。

複数の業者から見積もりを取ることの重要性とポイント

外壁塗装の適正価格を知るためには、まず複数の業者から見積もりを取ることが必要です。

 

一つの業者だけに依頼すると、相場よりも高い価格を提示されたり、不必要な工事を勧められたりする可能性があります。

 

複数の業者から見積もりを取ることで、以下のメリットがあります。

 

  • 市場の相場や価格の幅を把握できる
  • 業者の信頼性や技術力を比較できる
  • 交渉や値引きの余地が生まれる
  • 自分の希望や予算に合った業者を選べる

 

また、複数の業者から見積もりを取る際のポイントは、以下のようなものがあります。

 

  • 見積もりは無料であることを確認する
  • 見積もりは書面で提出してもらう
  • 見積もりは詳細に項目別に分けてもらう
  • 見積もりは同じ条件で比較する(塗料の種類や塗装面積など)
  • 見積もりは消費税や諸経費が含まれているか確認する

見積もりを比較する際の注意点やチェック項目

複数の業者から見積もりを取ったら、次に見積もりを比較することが重要です。

 

見積もりを比較する際の注意点やチェック項目は、以下のようなものがあります。

 

  • 見積もりの総額だけでなく、単価や内訳も確認する
  • 見積もりに含まれる工事内容や工程を確認する
  • 見積もりに含まれない工事やオプションがあるか確認する
  • 見積もりに保証期間やアフターサービスが記載されているか確認する
  • 見積もりに不明点や疑問点があれば、業者に質問する

 

見積もりを比較することで、適正価格やコスパの高い業者を見つけることができます。

 

また、見積もりを比較することで、業者の対応や誠実さも判断できます。

信頼できる業者の選び方やおすすめの紹介サービス

見積もりを比較した後は、信頼できる業者を選ぶことが最終的な判断になります。

 

信頼できる業者の選び方やおすすめの紹介サービスは、以下のようなものがあります。

 

  • 口コミや評判を調べる
  • 実績や施工事例を見る
  • 資格や認定を持っているか確認する
  • 相見積もりや現地調査をしてくれるか確認する
  • 契約内容や工事内容をしっかり説明してくれるか確認する

 

信頼できる業者を選ぶためには、自分で調べたり、周囲の人に聞いたりする方法もありますが、時間や手間がかかる場合もあります。

 

そこで、「外壁塗装一括見積もり比較サービス」を利用すると、以下のメリットがあります。

 

  • 信頼できる業者を厳選して紹介してくれる
  • 複数の業者から一括で見積もりを取ることができる
  • 見積もりの比較や相談ができる
  • 無料で利用できる

 

おすすめの紹介サービスには、「外壁塗装パートナーズ」が安心かつ便利でお得です。

 

最大5社の見積もりが無料で比較できますので、適正かつ安価で外壁工事をおこなうことができます。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁洗浄と塗装費用の相場はいくら?適正価格でおすすめ業者を見つける方法を紹介!まとめ

外壁洗浄と塗装費用相場を知るには、複数の業者から見積もりを取り寄せて比較することが大切です。

 

外壁の汚れが目立ってくると、同時に外壁材や塗料なども劣化が進んでいます。

 

家の見た目だけでなく、建物の耐久性を維持していくうえでも、外壁塗装は欠かせないリフォーム工事です。

 

快適な生活を適正価格で実現するために、まずは外壁塗装業者がおこなう無料相談で話を聞いてみると良いでしょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

建築士

建築士