地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

外壁塗装でガイナ塗料のメリットとデメリットは?ガイナ塗料の選び方や費用相場も紹介

ガイナ塗料は遮音性や断熱性に優れており、財布や環境に優しい塗料として人気があります。

 

しかし、価格は一般的な塗料より高めであるため、すべての方におすすめできる塗料ではありません。

 

今回は、ガイナ塗料の特徴や価格相場についても紹介しますので、気になる方はぜひチェックしてください!

 

ガイナ塗料とは?特徴や施工方法を解説

 

ガイナ塗料とは、日進産業が販売している遮熱・断熱塗料です。

 

宇宙ロケットの塗装技術を参考にして作られた特殊セラミックを多層化した塗料で、高い遮熱・断熱効果を持ちます。

 

ガイナ塗料は以下のような特徴があります。

 

  • 夏は外からの熱を反射して室内を涼しく、冬は室内の熱を逃さずに暖かくします。
  • 遮音・防音効果があり、騒音を軽減します。
  • 消臭効果があり、空気を清浄化します。
  • 結露を抑制し、カビやダニの発生を防ぎます。
  • 紫外線に強く、建物の劣化を防ぎます。
  • 色は淡色系が多く、デザイン性が高いです。

 

ガイナ塗料の特徴や施工方法は以下のようになります。

 

  • 塗装面積は1平方メートルあたり約0.3リットルです。
  • 塗装回数は2回以上です。
  • 塗装方法はハケ・ローラー・コテ・吹き付けなどが可能です。
  • ガイナ塗料は、遮熱・断熱性能が高く、省エネや快適な住環境に貢献する塗料です。

ガイナ塗料のメリット:遮熱・断熱効果や耐久性など

 

ガイナ塗料のメリットは、以下のようになります。

 

遮熱・断熱効果
特殊セラミックが多層化しており、夏は外からの熱を反射し、冬は室内の熱を逃さないようにします。
エアコンの使用を減らすことで省エネに貢献します。

 

耐久性
特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂のハイブリットで、一般的な塗料の2倍以上の耐久性を持ちます。
紫外線や熱に強く、建物の劣化を防ぎます。

 

消臭効果
特殊セラミックが遠赤外線を放射し、空気中の水分を振動させてマイナスイオン化します。
空気を清浄化することにより、嫌な臭いの発生を抑えます。

 

防音効果
特殊セラミックが音を反射させることで、外部や内部の騒音を軽減します。
約4~10デシベルの防音効果があります。

ガイナ塗料のデメリット:価格や汚れやすさなど

 

ガイナ塗料のデメリットは、以下のようになります。

 

価格が高い
ガイナ塗料は、高い断熱・遮熱性能や耐久性を持つ塗料ですが、その分、一般的な塗料よりも費用が高く なります。

 

一般的な住宅の場合、シリコン塗料で90~100万円程度の外壁塗装の費用がかかるのに対し、ガイナ塗料の場合は130~150万円程度かかるのが一般的です。

 

汚れが付着しやすい
ガイナ塗料は、親水性効果や防汚性、帯電防止性などを持つ塗料ですが、それでも 汚れが付着しやすい傾向があります。

 

とくに、濃い色の塗料を選んだ場合や、環境によっては汚れが目立ちやすくなるため、定期的なメンテナンスが必要です。

 

施工期間が長くなる可能性がある
ガイナ塗料は、塗装するためにはある程度の職人の技術が必要となる塗料です。

 

また、塗装回数も2回以上となるため、 施工期間が長くなる可能性があるというデメリットがあります。
施工期間が長くなると、工事の騒音や塗料の臭いなどの不快感も長引くことになります。

 

色の選択肢の少なさ
ガイナ塗料は、色のバリエーションが豊富といわれていますが、それでも 濃い色には対応できないというデメリットがあります。

 

ガイナ塗料は、遮熱効果を発揮するためには淡色系の色が適しています。
濃い色にすると、遮熱効果が低下したり、塗膜が劣化したりする可能性があります。

 

塗膜がフラットにならない
ガイナ塗料は、中空セラミックビーズが含まれているため、 塗膜が凸凹の表面の仕上がりになるというデメリットがあります。

 

フラットな表面を希望する方にとっては、ガイナ塗料は不向きです。
また、塗膜が凸凹になると、汚れが付着しやすくなるという欠点もあります。

 

ガイナ塗料は、メリットだけでなく、デメリットもあることを理解しておく必要があります。

ガイナ塗料の価格・平米単価の相場は?

 

ガイナ塗料の価格・平米単価の相場は、一般的な塗料に比べて高く、 約3,800~4,500円/㎡ です。

 

ただし、耐用年数や機能性を考慮すると、長期的にはコストパフォーマンスが高いといえます。

 

ガイナ塗料の価格は、塗装面積や塗装箇所、塗装店によってもことなります。

 

正確な見積もりを知るには、現場調査や見積書のチェックが必要です。

ガイナ塗料をおすすめできる人・おすすめできない人

 

ガイナ塗料をおすすめできる人・おすすめできない人は、以下のようになります。

 

おすすめできる人

 

遮熱・断熱効果を重視する人
ガイナ塗料は、特殊セラミックが多層化して、夏は外からの熱を反射し、冬は室内の熱を逃さないようにします。
これにより、エアコンの使用を減らし、省エネに貢献します。

 

耐久性を重視する人
ガイナ塗料は、特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂のハイブリットで、一般的な塗料の2倍以上の耐久性を持ちます。
紫外線や熱に強く、建物の劣化を防ぎます。

 

防音・消臭効果を重視する人
ガイナ塗料は、特殊セラミックが音を反射させることで、外部や内部の騒音を軽減します。約4~10デシベルの防音効果があります。

 

また、特殊セラミックが遠赤外線を放射し、空気中の水分を振動させてマイナスイオン化します。
これにより、空気を清浄化し、嫌な臭いの発生を抑えます。

おすすめできない人

 

価格を重視する人
ガイナ塗料は、高い断熱・遮熱性能や耐久性を持つ塗料ですが、その分、一般的な塗料よりも 費用が高く なります。

 

一般的な住宅の場合、シリコン塗料で90~100万円程度の外壁塗装の費用がかかるのに対し、ガイナ塗料の場合は130~150万円程度かかります。

 

濃い色を希望する人
ガイナ塗料は、色のバリエーションが豊富と言われていますが、それでも 濃い色には対応できない というデメリットがあります。

 

ガイナ塗料は、遮熱効果を発揮するためには淡色系の色が適しています。
濃い色にすると、遮熱効果が低下したり、塗膜が劣化したりする可能性があります。

 

フラットな表面を希望する人
ガイナ塗料は、中空セラミックビーズが含まれているため、 塗膜が凸凹の表面の仕上がりになる というデメリットがあります。

 

フラットな表面を希望する方にとっては、ガイナ塗料は不向きです。
また、塗膜が凸凹になると、汚れが付着しやすくなるという欠点もあります。

ガイナ塗料の口コミ・評判は?

 

ガイナ塗料の口コミ・評判は、一般的には 良好 といえます。

 

ガイナ塗料は、遮熱・断熱・防音・消臭などの機能性や、高耐久性や美観性などの特徴を持つ塗料です。

 

多くの施工実績や実証データがあり、品質に関しても信頼できます。

 

しかし、ガイナ塗料にも デメリット があります。

 

たとえば、価格が高い、汚れが付着しやすい、施工期間が長くなる可能性がある、濃い色に対応できない、塗膜が凸凹になるなどです。

 

また、ガイナ塗料の効果に対して 期待しすぎる と、期待外れに感じる可能性もあります。

 

たとえば、断熱・遮熱効果は、屋根や外壁だけでなく、窓や断熱材などの総合的な対策が必要です。

 

ガイナ塗料だけで完璧な断熱・遮熱ができるわけではありませんので注意してください。

外壁塗装でガイナ塗料のメリットとデメリットは?ガイナ塗料の選び方や費用相場も紹介まとめ

今回は外壁塗装で使われているガイナ塗料の特徴や価格相場を紹介しました。

 

ガイナ塗料は他の種類に比べて高価であるため、誰にでもおすすめできるわけではありません。

 

ガイナ塗料の特徴や価格相場をチェックし、そのうえで正式に依頼すべきか決めなければいけません。

 

この記事で紹介した内容をふまえて、実際の施工時は何に気をつけるべきか覚えておいてください。

建築士

建築士