地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

コンクリート外壁の塗装費用は?塗装時期や注意すべき4つのポイントも紹介!

コンクリートの外壁にもメンテナンスは必要です。コンクリートだけに強いイメージはありますが、年月の経過とともに確実に劣化は進みます。

 

コンクリート外壁のメンテナンスに費用は、塗装面積や塗料の種類、下地処理等によりことなります。

 

コンクリート外壁の塗装をお考えでしたら、ぜひ参考にしてください。

 

コンクリート外壁塗装とは?

 

コンクリート外壁は、コンクリートを型枠に流し込んで形成します。

 

どんな形にも施工でき、強度が高く耐久性が高いことが特徴です。

 

デザイン性に優れており、モダンな住宅に採用されています。

コンクリート外壁のメリット

強度が高い

コンクリートはセメントと砂・水を混ぜてつくられます。

 

非常に強度が高く、地震や台風などの自然災害の影響を受けにくいのが特徴です。

耐久性が高い

コンクリートは水に強く、腐食しにくいのが特徴です。

 

そのため、メンテナンスにかける手間が少なく、美しい外観を長期にわたって保つことができます。

デザイン性が高い

コンクリートはどんな形にも施工できます。

 

デザイン性が高く、モダンな住宅から和風の住宅まで、さまざまな住宅に採用されています。

コンクリート外壁のデメリット

価格が高い

コンクリートは他の外壁材に比べて価格が高いのが特徴です。
そのため、予算が限られている場合には採用できないこともあります。

熱伝導率が高い

コンクリートは熱伝導率が高いため、「夏は暑く」「冬は寒く」感じやすい特徴があります。

 

そのため、断熱材を併用するなど断熱効果を高める必要があります。

重量が重い

コンクリートは重力が重いことが特徴です。そのため、地盤が弱い場所では施工できないこともあります。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

コンクリート外壁の塗り替え時期

 

コンクリート外壁の塗り替え時期の目安は、10年から15年です。

 

>ただし、劣化状況は建物の立地や環境によってことなります。

 

建物が海に近い地域や日当たりが良い地域では、劣化が進みやすいため早めの塗り替えが必要です。

 

コンクリート外壁の塗り替え時期の目安は、以下のような場合です。

塗膜のひび割れやはがれ

  • 色あせや変色
  • カビやコケの発生
  • 雨漏り

コンクリート外壁にこれらの症状が見られた場合は、塗り替え時期のサインです。

 

コンクリート外壁の塗装には専用の塗料を使い、塗り方によって仕上がりに大きく影響します。知識豊富な専門業者に依頼しましょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

コンクリート外壁塗装で使う塗料

 

コンクリート外壁の塗装で使われている塗料は、大きく分けて以下の3種類です。

アクリル塗料

アクリル塗料は、もっとも一般的な種類の塗料です。

 

耐久性・耐候性に優れており、コンクリート外壁の塗装によく使用されます。

 

また、価格が比較的安価であることから、費用を抑えた施工にむいている塗料です。

シリコン塗料

シリコン塗料は、アクリル塗料より耐久性・耐候性に優れています。

 

汚れやカビにも強く、外壁の美しさを長持ちさせたいとお考えの方に最適です。ただし、価格はアクリル塗料より高くなります。

フッ素塗料

フッ素塗料は、3種類のなかで最も耐久性・耐候性にすぐれています。

 

汚れやカビに強く、さらに紫外線の影響を受けにくい特性があるため、外壁の美しさを長持ちさせることができます。

 

ただし、価格は3種類のなかで最も高くなっています。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

コンクリート外壁塗装費用の相場は?

 

外壁塗装の費用相場は、塗装面積や使用する塗料によってことなります。

 

一般的には、塗料の種類ごとに以下のような費用相場です。

 

塗料の種類 価格(1㎡あたり)
アクリル塗料 1,000円~2,000円
シリコン塗料 2,000円~3,000円
フッ素塗料 3,000円~4,000円

 

塗料の種類で価格相場は大きくことなるため、塗装面積が広くなると必然的に見積金額は高額になります。

 

コンクリート外壁の費用をおさえるには、塗料の種類を場所によって変更したり、劣化状況を見ながら塗装面積を最小限におさえることが大切です。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

コンクリート外壁の塗装費用の見積もりのポイント

 

コンクリート外壁の塗装費用を知るためには、業者から見積もりを取る必要があります。

 

しかし、見積もりを取る際には注意することがあります。以下に、見積もりを取る際のポイントを紹介します。

見積もりを依頼する前に確認すべきこと

  1. 自分の家の外壁の面積や状態を把握する
    外壁の面積や状態によって、工事範囲や工程が変わるため、見積もりの精度が高まります。

  2. 自分の希望や予算を明確にする
    塗料の種類や色、工事期間など、自分の希望や予算に合った見積もりを取るためには、事前に考えておくことが大切です。

  3. 複数の業者から見積もりを取る
    業者によって見積もりやサービス内容が異なるため、比較することで、適正な費用や信頼できる業者を見つけることができます。

 

見積もりを比較する際に注意すべきこと

  1. 内訳や条件を確認する
    見積もりの金額だけでなく、内訳や条件を詳しく確認することが重要です。
    たとえば、足場代や処分費、保証期間やアフターサービスなどが含まれているかどうかをチェックしましょう。

  2. 安い見積もりには注意する
    安い見積もりは魅力的に見えますが、品質や安全性が低い場合があります。
    安い見積もりには理由があるはずなので、業者にしっかりと確認しましょう。

  3. 交渉する余地があることを知っておく
    見積もりはあくまで目安であり、最終的な費用は交渉次第で変わることがあります。
    業者によっては値引きやサービスの追加などの柔軟な対応をしてくれる場合があります。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

コンクリート外壁塗装の注意点

 

コンクリート外壁塗装における注意点をご紹介します。おもな注意点は、以下の4つがあげられます。

天候

コンクリート外壁に限らず、塗装は天候の良い日におこないます。

 

雨天はもちろんですが、風が強いも塗料が乾きにくく仕上がりが悪くなるためおすすめしません。

気温

コンクリート外壁の塗装は、外気温が10度以上ある日を選んでおこないます。

 

気温が低いと塗料が乾きにくく、仕上がりが悪くなるからです。

塗料の種類

コンクリート外壁の塗装用とし、さまざまな種類の塗料があります。

 

塗料は種類ごとに耐久性や耐候性がことなるため、塗装する場所や塗面の状態を考慮して選ぶことが大切です。

塗り方

コンクリート外壁は、塗り方がとても重要です。塗りが悪ければ塗面にムラができたり、はがれやすくなったりします。

 

コンクリート外壁塗装は、見た目の美しさ保ち、耐久性を高めるために欠かせないメンテナンスです。

 

コンクリート外壁の塗装は、見た目以上に高度な知識と経験が必要となるため必ず専門の業者に依頼しましょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

コンクリート外壁塗装の費用についてよくある質問

 

コンクリートの外壁塗装はどのくらいの頻度で行うべきですか?

コンクリートの外壁塗装は、一般的には約10年に一度のメンテナンスとされています。
しかし、コンクリートの劣化状況や塗装材料の種類によっては、もっと早く塗り替えが必要な場合もあります。

 

コンクリートにひび割れや浮きが見られたら、早めに専門業者に相談しましょう。

 

コンクリートの外壁塗装にはどんな種類の塗料が適していますか?

コンクリートの外壁塗装には、コンクリートの特性に合わせた塗料を選ぶことが重要です。
コンクリートは水分や空気に触れるとアルカリ性になり、一般的な塗料との相性が悪くなります。

 

そのため、コンクリート用の塗料を使用する必要があります。

 

コンクリート用の塗料には、シリコン系、ウレタン系、フッ素系などがあります。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので、コンクリートの状態や予算に応じて選びましょう。

 

コンクリートの外壁塗装の費用はどのように決まりますか?

コンクリートの外壁塗装の費用は、塗装面積、塗装工程、塗装材料、施工業者によって決まります。
それぞれによって費用が変わるので、見積もりを取って比較することがおすすめです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

まとめ:外壁塗装でコンクリート外壁の塗装費用は?塗装で注意すべき4つのポイントも紹介!

コンクリート外壁塗装は、外壁を美しく保つために欠かせないメンテナンスです。

 

費用をおさえつつ最適な塗装をおこなうためには、コンクリート外壁のケアに関する情報を収集することが欠かせません。

 

実際に外壁塗装をおこなう際には「相見積もり」を必ずとり、複数社で費用の相場を比較してみましょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

建築士

建築士