外壁塗装とベランダの色選びのコツとは?オシャレで汚れが目立たない人気の組み合わせを紹介

この記事では、ベランダ塗装の色選びに関する知識や注意点をわかりやすく説明します。

 

外壁塗装をおこなう際は、ベランダ塗装の色選びについても考えなければいけません。

 

ベランダの色は家の外観に大きく影響する部分であり、色の組み合わせやバランスが重要です。

 

また、ベランダは日光や雨風にさらされるため、耐久性や防水性も考慮する必要があります。

 

ベランダ塗装におすすめの色や組み合わせ、塗料なども紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

外壁塗装でベランダの色が大切な理由

 

外壁塗装でベランダの色選びは大切なポイントです。

 

ベランダは家の顔とも言える部分であり、外壁や屋根の色と調和することで家全体の印象が決まります。

 

また、ベランダはアクセントカラーを入れることで、個性やおしゃれさを表現することもできます。

 

しかし、ベランダ塗装は見た目だけでなく、機能面でも重要です。

 

ベランダは常に日光や雨風にさらされているため、塗膜の劣化や剥がれが起こりやすく、雨漏りやコンクリートの劣化などのトラブルにつながります。

 

また、ベランダは床が水平ではなく勾配になっている場合が多く、水はけが悪くなると水たまりが発生しやすくなります。

 

そのような状態になると、ベランダの寿命が短くなり、最悪の場合は交換が必要になることもあります。

 

ベランダ塗装は定期的にメンテナンスをおこなうことで、見た目だけでなく機能面でも長持ちさせることができるのです。

外壁塗装でベランダの色選びのポイント

 

外壁塗装でベランダの色選びをおこなう際は、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 外壁や屋根と調和する色を選ぶ
  • アクセントカラーを入れる場合は2~3色までにする
  • 色のバランスや割合を考える
  • 汚れや色あせが目立たない色を選ぶ
  • 日光の当たり方や外壁の材質・模様も考慮する
  • 好みの色合いの家を参考にする
  • 迷ったら人気のある色を選ぶ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

外壁や屋根と調和する色を選ぶ

ベランダ塗装の色は外壁や屋根と調和することが大切です。

 

外壁や屋根と同じ色にする場合もありますが、それだと単調に見えてしまうこともあります。

 

その場合は、外壁や屋根よりも少し明るめや暗めの色を選ぶとよいでしょう。

 

また、外壁や屋根と異なる色にする場合もありますが、それだと浮いてしまうこともあります。

 

このようなケースでは、外壁や屋根と同じ色相や明度の色を選ぶとよいでしょう。

 

たとえば、外壁がベージュなら、ベランダはクリームやブラウンなどの色が合います。

 

外壁がグレーなら、ベランダはホワイトやブラックなどの色が合うでしょう。

アクセントカラーを入れる場合は2~3色までにする

ベランダ塗装において、アクセントカラーを入れることで、個性やおしゃれさを表現することができます。

 

しかし、アクセントカラーを入れる場合は、色の数に注意しましょう。

 

色の数が多すぎると、統一感がなくなり、派手に見えてしまいます。

 

アクセントカラーを含めて2~3色までにするのがおすすめです。

 

また、アクセントカラーを入れる場合は、色の割合も考えましょう。

 

アクセントカラーは目立たせるために使う色ですが、目立ちすぎると不自然に見えてしまいます。

 

アクセントカラーは全体の3割程度にするのがよいでしょう。

 

たとえば、外壁がホワイトでベランダがブルーの場合は、ベランダの面積を小さくするか、ブルーを薄めにするのがおすすめです。

色のバランスや割合を考える

ベランダ塗装の色選びにおいては、色のバランスや割合も重要です。

 

色には大きく見せる効果や小さく見せる効果があります。

 

たとえば、明るい色は大きく見せる効果がありますが、暗い色は小さく見せる効果があります。

 

そのため、ベランダの面積や形によっては、色を工夫することで印象を変えることができます。

 

また、色には暖かい印象や涼しい印象を与える効果もあります。

 

たとえば、赤やオレンジなどの暖色系は暖かい印象を与えますが、青や緑などの寒色系は涼しい印象を与えます。

 

季節や気候によっても、色を工夫することで快適さを感じさせることができるのです。

汚れや色あせが目立たない色を選ぶ

ベランダ塗装の色選びにおいては、汚れや色あせが目立たない色を選ぶことも大切です。

 

ベランダは常に日光や雨風にさらされているため、汚れや色あせが起こりやすい部分です。

 

そして、汚れや色あせが目立つと、見た目だけでなく機能面でも問題が起こります。

 

汚れや色あせが目立ちにくい色は、中間色や淡い色です。

 

中間色とは赤・青・黄の3原色から作られる紫・緑・橙などの混合色のことをさします。

 

淡い色とは白に近い明るい色のことです。これらの色は汚れや色あせによる影響を受けにくいメリットがあります。

 

逆に汚れや色あせが目立ちやすい色は、原色系や濃い色です。

 

原色系とは赤・青・黄の3原色のことをいい、これらの色は汚れや色あせによる影響を受けやすく、短期間で劣化してしまいます。

 

特に白や黒は汚れが目立ちやすく色あせも激しいため、ベランダ塗装には向いていません。

日光の当たり方や外壁の材質・模様も考慮する

ベランダ塗装の色選びにおいては、日光の当たり方や外壁の材質・模様も考慮することが大切です。

 

日光の当たり方によっては、色の見え方が変わります。

 

たとえば、南向きのベランダは日光が強く当たるため、色が明るく見えます。暗めの色を選ぶのがおすすめです。

 

一方、北向きのベランダは日光が弱く当たるため、色が暗く見えます。明るめの色を選ぶと全体的に明るい雰囲気の家になります。

 

また、外壁の材質や模様によっても、色の見え方が変わります。

 

たとえば、木目調やレンガ調などの模様がある外壁は、色が豊かに見えます。シンプルな色を選ぶとよいでしょう。

 

一方、無地やモノトーンなどの外壁は、色が単調に見えるため「パターン」や「グラデーション」などを入れるのがおすすめです。

好みの色合いの家を参考にする

ベランダ塗装の色選びにおいては、好みの色合いの家を参考にすることをおすすめします。

 

自分で色を決めるのが難しい場合は、インターネットや雑誌などで探してみましょう。

 

自分が気に入った家の写真を見て、どんな色や組み合わせが使われているかチェックしてみてください。

 

ネットや雑誌に掲載された情報を参考にし、自分の家に合わせてアレンジすることで、理想的なベランダ塗装ができます。

迷ったら人気のある色を選ぶ

ベランダ塗装の色選びにおいては、迷ったら人気のある色を選ぶことも一つの方法です。

 

人気のある色とは、多くの人が好む色や流行している色をいい、安心感や信頼感があるため失敗しにくいです。

 

周囲と馴染みやすく、統一感も出しやすいでしょう。

 

人気のある色は時代や地域によって変わりますが、最近では以下のような色があげられます。

 

ナチュラルカラー 自然からインスピレーションを得た落ち着いた色です。ベージュやブラウンなどが代表的。
パステルカラー 淡く優しい印象を与える色です。ピンクやブルーなどが代表的です。
アースカラー 土や石などからインスピレーションを得た温かみのある色です。オレンジやグリーンなどが代表的です。
モノトーンカラー 白や黒などの無彩色です。シンプルでモダンな印象を与えます。

外壁塗装でベランダにおすすめの色

 

外壁塗装でベランダにおすすめの色は、以下のようなものがあります。

  • ホワイト:清潔感や明るさを与える色です。どんな外壁や屋根とも合わせやすく、広く見せる効果もあります。

    一方、汚れや色あせが目立ちやすいので、定期的なメンテナンスが必要です。
  • ブルー:涼しげで爽やかな印象を与える色です。南向きのベランダにおすすめです。

    海や空をイメージさせることができます。寒色系なので、暖かみのある色と組み合わせるのがおすすめです。
  • グリーン:自然や植物をイメージさせる色です。北向きのベランダにおすすめです。癒しや安らぎを与えることができます。しかし、暗く見えやすいので、明るい色と組み合わせるとよいでしょう。
  • ピンク:可愛らしくておしゃれな印象を与える色です。アクセントカラーとして使うとよいでしょう。

    女性や子供に人気がありますが、派手に見えやすいので控えめに使うとよいでしょう。

ベランダ塗装におすすめの塗料

ベランダ塗装でおすすめの塗料は、以下のようなものがあります。

  • ウレタン塗料:耐久性や防水性に優れた塗料です。ベランダ塗装に最適ですが、高価で施工が難しいので専門業者に依頼する必要があります。
  • アクリル塗料:乾燥が早くて施工が簡単な塗料でありベランダ塗装にも使えます。耐久性や防水性では、ウレタン塗料に劣ります。
  • シリコン塗料:耐候性や防カビ性に優れた塗料であり、ベランダ塗装にも使えます。しかし、高価で施工が難しいので、専門業者に依頼する必要があります。

外壁塗装とベランダの色のおすすめ10選

 

 

外壁塗装とベランダの色の組み合わせ方を紹介しましたが、具体的にどんな色がおすすめなのでしょうか?

 

ここでは、人気やトレンドを参考にして、外壁塗装とベランダの色のおすすめ10選を紹介します。

 

  1. 【外壁】グレー【ベランダ】ブラック:グレーは落ち着いた印象で人気が高い色です。ブラックはグレーと相性が良く、クールでスタイリッシュな家に仕上げます。
  2. 【外壁】ブルー【ベランダ】ホワイト:ブルーは爽やかで明るい印象で人気が高い色です。ホワイトはブルーと相性が良く、清潔感や軽さを演出します。
  3. 【外壁】ピンク【ベランダ】グレー:ピンクは可愛らしくて個性的な印象で人気が高い色です。グレーはピンクと相性が良く、甘さを抑えて大人っぽく仕上げます。
  4. 【外壁】ベージュ【ベランダ】ブラウン:ベージュは優しい印象で人気が高い色です。ブラウンはベージュと相性が良く、温かみや落ち着きを演出します。
  5. 【外壁】ホワイト【ベランダ】グリーン:ホワイトは清潔感や明るさで人気が高い色です。グリーンはホワイトと相性が良く、自然や癒しを演出します。
  6. 【外壁】イエロー【ベランダ】ブルー:イエローは元気で明るい印象で人気が高い色です。ブルーはイエローと相性が良く、爽やかさや涼しさを演出します。
  7. 【外壁】レッド【ベランダ】グレー:レッドは情熱的で個性的な印象で人気が高い色です。グレーはレッドと相性が良く、落ち着きや品格を演出します。
  8. 【外壁】オレンジ【ベランダ】ブラウン:オレンジは暖かくて明るい印象で人気が高い色です。ブラウンはオレンジと相性が良く、温かみや落ち着きを演出します。
  9. 【外壁】グリーン【ベランダ】ホワイト:グリーンは自然や癒しの印象で人気が高い色です。ホワイトはグリーンと相性が良く、清潔感や軽さを演出します。
  10. 【外壁】ブラック【ベランダ】ゴールド:ブラックはクールでスタイリッシュな印象で人気が高い色です。ゴールドはブラックと相性が良く、高級感や華やかさを演出します。

ベランダ塗装をおこなう際の注意点

 

ベランダ塗装をおこなう際は、以下の注意点を押さえておきましょう。

 

  • 塗装前には下地処理をしっかりおこなうこと
  • 塗装時期は気温や湿度が適切な時期を選ぶこと
  • 塗装後は十分に乾燥させること

 

塗装後は定期的に清掃や点検をおこなうことが大切です。

 

清掃や点検をおこなうことで、塗膜の劣化やトラブルを防ぐことができるからです。

 

また、清掃や点検をおこなうことで、ベランダの美しさや快適さを保つことができます。

 

清掃は月に1回程度、水やブラシで汚れを落とす程度でよいでしょう。

 

ただし、強い力で擦ったり、溶剤や洗剤を使ったりしないでください。塗膜にダメージを与える可能性があります。

 

点検は年に1回程度、塗膜の状態を確認する程度でよいでしょう。

 

ただし、ひび割れや剥がれなどの異常が見つかった場合は、早めに補修する必要があります。

 

このような症状が出た場合、水漏れやコンクリートの劣化などの原因になる可能性があります。

外壁塗装でベランダの色選びについてよくある質問

 

ベランダの色は外壁や屋根と同じにするべきですか?

ベランダの色は外壁や屋根と同じにする必要はありません。
むしろ、外壁や屋根と異なる色にすることで、アクセントカラーとして家の外観に個性やおしゃれさを表現することができます。

 

ただし、外壁や屋根と調和する色を選ぶことが大切です。

 

ベランダの色はどのように決めるのがよいですか?

ベランダの色を決めるときは、以下のポイントを参考にしましょう。

  • 外壁や屋根と調和する色を選ぶ
  • アクセントカラーを入れる場合は2~3色までにする
  • 色のバランスや割合を考える
  • 汚れや色あせが目立たない色を選ぶ
  • 日光の当たり方や外壁の材質・模様も考慮する
  • 好みの色合いの家を参考にする
  • 迷ったら人気のある色を選ぶ

 

ベランダ塗装におすすめの塗料は何ですか?

ベランダ塗装におすすめの塗料は、耐久性や防水性に優れたウレタン塗料です。
ベランダは常に日光や雨風にさらされています。

 

そのため、塗膜が劣化したり、剥がれたりすると、雨漏りやコンクリートの劣化などのトラブルにつながります。

 

ウレタン塗料は、そのような状態になるのを防ぐことができます。

 

ただし、ウレタン塗料は高価で施工が難しいので、専門業者に依頼する必要があります。

外壁塗装とベランダの色選びのコツとは?オシャレで汚れが目立たない人気の組み合わせを紹介まとめ

外壁塗装におけるベランダの色選びについて解説しました。

 

ベランダ塗装は外壁塗装の一部ですが、外壁や屋根と同じくらい重要です。

 

ベランダ塗装をおこなうことで、家全体の印象や機能性を向上させることができます。

 

ベランダ塗装をおこなう際は、色選びや塗料選びだけでなく、下地処理や施工時期・方法なども注意しなければいけません。

 

ベランダ塗装におすすめの色や注意点をふまえて、納得の外壁塗装を実現しましょう。

外壁塗装

外壁塗装