地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

外壁塗装の色で温度は変わる!夏は涼しく冬は暖かく過ごすために最適なおすすめ色を紹介!

外壁塗装で色選びをするときには、室内の温度にも影響があるということを知っていますか?

 

じつは、外壁の色によっては夏場に熱くなったり、冬場に寒くなったりすることがあります。

 

これは、外壁の色が太陽の光や熱を反射したり吸収したりする性質があるからです。

 

では、どのような色を選べば良いのでしょうか?

 

逆に選んではいけない色はあるのでしょうか?

 

外壁塗装を成功させるためのポイントと注意点をご紹介します。

外壁塗装の色と温度の関係とは?

 

外壁塗装の色は温度と密接な関係があり、太陽の光や熱を反射したり吸収したりする性質があります。

 

明るい色は反射しやすく、暗い色は吸収しやすいです。

 

そのため、明るい色の外壁は夏場には涼しく、暗い色の外壁は冬場には暖かくなりやすい傾向があります。

 

しかし、これはあくまで一般的な傾向であり、実際の室内温度に影響する要因は他にもあります。

 

たとえば、断熱材の有無や厚さ、窓の大きさや方向、エアコンや換気扇の使用状況などで室内の温度は大きく変わります。

 

また、外壁材自体の種類や品質も関係しています。

 

したがって、外壁塗装で色選びをするときには、単純に明るい色か暗い色かだけで判断せずに、家全体の構造や材質なども合わせて考える必要があります。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の色で温度が変わるメカニズム

 

外壁塗装の色で温度が違うのは、日射反射率や熱吸収率によって変わるからです。

 

一般的には、白や淡色は日射反射率が高く熱吸収率が低いため、夏に涼しく冷房効率を高めます。

 

黒や濃色は日射反射率が低く熱吸収率が高いため、冬に暖かく暖房効率を高めます。

 

しかし、外壁の色だけでなく、家の断熱性能や窓の大きさなども室内温度や省エネ効果には影響します。

 

外壁の色が室内温度に影響することは間違いありませんが、さまざまな要因が影響しているのです。

 

また、外壁リフォーム費用に関して、断熱効果が高い外壁材や塗料は国や地方自治体からの補助金対象となる場合があります。

 

外壁塗装をおこなう際には、業者担当の方に相談してみると良いでしょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の色を選ぶポイントとおすすめの色

 

外壁塗装でおすすめの色や組み合わせは、家のデザインや好みだけでなく、気候や周囲の景観なども考慮するのがおすすめです。

 

一般的には、以下のようなポイントがあります。

気候に合わせた色選び

暑い地域では明るい色や青系統の色がおすすめです。見た目にも涼しげであり、いかにも涼感を誘います。

 

実際、明るめの色は遮熱効果があるため室内の温度降下を助けてくれます。

 

一方、寒い地域では暖かみのある色や赤系統の色が好まれます。

 

こちらも、暖色(赤系統の色)がもつイメージが強いからです。

 

また、暖房効果が期待できることも確かです。寒い地域では濃いめの外壁が好まれる傾向にあるため、結果的に熱吸収率を高めているためです。

 

上記のようなパターンがすべてではありませんが、全体的に見ると気候に合った色選びがおこなわれているように感じます。

地域文化に合った色選び

地域性や歴史的背景に合わせた色選びも大切です。

 

とくに、日本は歴史的価値が高い町並みが保存されている場合が多く、建物が街や人をつくっているようなイメージもあります。

 

たとえば、京都では伝統的な京町家風の茶系統や黒系統の色が多く見られます。

 

また、沖縄では南国らしいカラフルな色が多く見られます。

 

あなたの家がこのような町並みにあるなら、周辺地域との共通点をもった色を選ぶのがおすすめです。

 

あまり奇抜な色を選んでしまうと、周囲からの反対意見が寄せられるようになり、穏やかに生活することが難しくなります。

 

とくに地域文化が濃いエリアにお住まいなら、街のイメージに共通点をもたせながらも独創的な色選びがおすすめです。

立地に合わせた色選び

外壁色を選ぶにあたっては、近隣と調和するように配慮することも大切です。

 

とくに住宅密集地では、隣近所の外壁色との調和を考えた方が良いでしょう。

 

周囲と同じような色だと埋もれてしまいますが、あまりにも異なる色だと目立ちすぎてしまいます。

 

また、周囲から目立つ色にすることで、回りから奇異の目で見られて居心地も悪くなります。

 

周囲とのバランスを考え、現実的な塗装色を選ぶことが肝心です。

 

塗装業者の担当の方に相談して、おすすめの色を提案してもらうのが良いでしょう。

ツートンカラーによる色選び

ツートンカラーにすることでアクセントをつけることもできます。

 

色選びのポイントは、基本となる色を決めたうえでペアの色を決めるということです。

 

それぞれの色がもつ特徴が生かされ、お互いに支え合えるのが理想です。

 

とくにおすすめの組み合わせは、反対色を使う方法です。

 

たとえば、「白と黒の組み合わせ」はシンプルでスタイリッシュな印象になります。

 

「濃茶色に淡いアイボリー」を合わせると、温かみと清潔感を同時に表現できます。

 

また、同系色の組み合わせも悪くありませんが、濃淡をしっかりつけるのがポイントです。

 

一方、青や赤、黄色などの原色を選ぶのはおすすめしません。

 

住宅リフォーム会社などの外壁で使われていることはありますが、あくまでも建物を目立たせるための宣伝方法です。

 

一般の家屋では、上記のルールに基づいたツートンカラーを選びましょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の色選びにおける注意点

 

外壁塗装で色選びをするときには、以下のような注意点も抑えておきましょう。

 

暗い色は汚れや色あせが目立ちにくいですが、白っぽい汚れや紫外線による劣化が目立ちやすくなります。

 

また、暑さ対策や断熱材の導入が必要になる場合があります。

 

明るい色は涼しく清潔感がありますが、黒っぽい汚れや雨だれが目立ちやすくなります。

 

また、冬場は寒く感じる場合があります。

 

奇抜な色や個性的な色は自分の好みを表現できますが、近隣からの苦情や景観地区の規制に引っかかる可能性があります。

 

また、外壁の色が原因で売却時に不利になる場合もあるのです。

 

色選びだけでなく、外壁材の種類や品質も影響します。

 

耐久性や防水性、防汚性などの機能を持った外壁材を選ぶことで、永く快適に暮らせるのです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装色と温度の関係についてよくある質問

 

外壁塗装に最適な気温や湿度は何ですか?

外壁塗装に最適な気温は15~30℃、湿度は85%以下とされています。
気温が低すぎると塗料が乾きにくく、高すぎると乾きすぎて作業性や仕上がりに影響が出ます。

 

湿度が高すぎると塗料が水分を吸収して劣化しやすくなります。

 

外壁の色によって室内の温度は変わりますか?

外壁の色によって太陽の光や熱を反射したり吸収したりする性質があります。
明るい色は反射しやすく、暗い色は吸収しやすいです。

 

そのため、明るい色の外壁は夏場には涼しく、暗い色の外壁は冬場には暖かくなりやすい傾向があります。

 

しかし、これは一般的な傾向であり、実際の室内温度に影響する要因は他にもあります。

 

たとえば、断熱材の有無や厚さ、窓の大きさや方向、エアコンや換気扇の使用状況などです。

 

自分の好きな色で外壁を塗り替えたいが可能ですか?

自分の好きな色で外壁を塗り替えることは可能ですが、注意点もあります。
たとえば、奇抜な色や個性的な色は自分の好みを表現できますが、近隣からの苦情や景観地区の規制に引っかかる可能性もあります。

 

また、色だけでなく仕上がりの品質が原因となり、売却条件が不利になる場合もあります。

 

自分の好きな色を選び、そして自分で塗装できるのが一番ですが、さまざまな理由を考えるとやめておくべきです。

 

技術と道具が揃っている、信頼できる塗装業者に依頼した方が間違いありません。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の色で温度は変わる!夏は涼しく冬は暖かく過ごすために最適なおすすめ色を紹介!まとめ

外壁塗装の色は温度変化に影響するため、快適な室温を保つうえで本当に重要です。

 

色ごとに熱吸収率や反射率が異なりますが、一般的には淡色は涼しく、濃色は暖かい効果があります。

 

しかし、色だけでなく断熱材や遮熱塗料なども温度対策に取り入れるとさらに効果的です。

 

また、外壁塗装の色を選ぶ際は、気候や周囲の環境、建物のデザインなども考慮してバランスよく決めましょう!

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

建築士

建築士