外壁塗装は3回塗りが基本!おすすめ色や組み合わせやメリットデメリット注意点を解説します!

外壁塗装をおこなうにあたり、色選びは重要なポイントです。

 

色は家の印象や雰囲気を大きく左右するだけでなく、塗料の種類や塗り方によっても耐久性やコストが変わってきます。

 

そこで、この記事では、外壁塗装における3回塗りの色選びについて、基本的な知識や注意点をわかりやすく紹介します。

 

また、3回塗りにおすすめの色や組み合わせをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

外壁塗装では3回塗りが基本

 

外壁塗装では、3回塗りが基本です。

 

3回塗りとは、外壁塗装の工程で下塗り・中塗り・上塗りの合計3回の塗装を行うことです。

 

下塗りは既存の外壁と新しい塗料との密着性を高める役割があります。

 

中塗りは下地の凹凸を平らにしたり、弾性を持たせたりする役割があります。

 

そして上塗りは最終的な仕上げであり、色や光沢を決めたり、耐久性や防汚性を高めたりする役割があります。

 

3回塗りは外壁塗装の基本的な方法であり、多くの場合に採用されています。

 

しかし、なかには2回塗りで十分な場合や4回以上必要な場合もあります。

 

例えば、以下のようなケースでは基本となる3回塗りに該当しません。

  • 塗料の種類によっては下塗り不要や中塗り不要などといったものもあります。
  • 外壁材の劣化状態によっては下塗りを2回以上行う必要がある場合もあります。
  • 外壁材の色や素材によっては上塗りを2回以上行う必要がある場合もあります。

3回塗りを行うかどうかは、あなたの家の外壁の状態に合わせて判断する必要があります。

 

また、業者によっても塗り方や塗り回数がことなる場合があります。

 

見積もりを取る際には必ず確認しましょう。

3回塗りの色選びのポイント

ここからは、3回塗りの色選びのポイントについてお話しします。

 

色選びは外壁塗装の中でも重要なテーマであり、慎重に決定する必要があります。

 

具体的に、色選びには以下のようなポイントをおさえておきましょう。

  • 自分の好みや家の雰囲気に合わせて色を選ぶ
  • 周囲の環境や景観に配慮して色を選ぶ
  • 屋根や付帯部分とのバランスを考えて色を選ぶ
  • 塗料の種類や特性に応じて色を選ぶ
  • 色の効果や心理的影響を理解して色を選ぶ

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

自分の好みや家の雰囲気に合わせて色を選ぶ

まず、自分の好みや家の雰囲気に合わせて色を選ぶことが大切です。

 

外壁塗装は長期間見続けるものですから、自分が気に入った色でなければ後悔することになります。

 

また、家の雰囲気と合わない色だと不自然に見えたり、不快感を感じたりすることもあります。

 

例えば、

  • 和風や古民家風の家には落ち着いた茶系や赤系の色が似合います。
  • 洋風やモダンな家にはシックなグレー系やブルー系の色が似合います。
  • ナチュラルやカントリーな家には明るいベージュ系やグリーン系の色が似合います。

 

このように、自分の好みや家の雰囲気に合わせて色を選ぶことで、満足度や快適度が高まります。

周囲の環境や景観に配慮して色を選ぶ

次に、周囲の環境や景観に配慮して色を選ぶことも大切です。

 

外壁塗装は自分だけでなく、近隣の人たちにも影響を与えます。

 

周囲と調和しない色だと目立ちすぎたり、迷惑だと感じられたりすることもあります。

 

例えば、

  • 都会的な街並みにはシンプルで洗練された色が似合います。
  • 自然豊かな田舎風景には温かみや柔らかさのある色が似合います。

 

外壁塗装は単に外壁だけでなく、屋根や付帯部分も含めて全体的に見たときに美しく見えることが重要です。

 

屋根や付帯部分の色は,、外壁の色とのバランスを考えて選びましょう。

 

例えば、

  • 屋根と外壁の色が同じだと、重くて圧迫感がある印象になります。
  • 屋根と外壁の色が対照的だと、軽やかで明るい印象になります。
  • 付帯部分の色が外壁の色と同じだと、まとまりがありますが、単調になりやすいです。
  • 付帯部分の色が外壁の色と異なるだと、アクセントになりますが、調和が崩れやすいです。

 

このように、屋根や付帯部分の色は外壁の色とのバランスを考えて選ぶことで、全体的な美しさや個性を出すことができます。

色の効果や心理的影響を理解して色を選ぶ

最後に、色の効果や心理的影響を理解して色を選ぶことも大切です。

 

色は見た目だけでなく、感情や気分にも影響を与えます。

 

例えば、

  • 赤は情熱や活力を表しますが、刺激的すぎて緊張感や攻撃性を感じさせることもあります。
  • 青は冷静や信頼を表しますが、冷たくて孤独感や憂鬱感を感じさせることもあります。
  • 黄色は明るさや楽しさを表しますが、安っぽくて浮ついた感じや不安感を感じさせることもあります。
  • 緑は自然や安らぎを表しますが、落ち着きすぎて退屈感や停滞感を感じさせることもあります。

 

このように、色にはそれぞれ良い面と悪い面がありますので、自分の家に合った色を選ぶことが大切です。

 

また、色の組み合わせによっても印象が変わりますので、色彩の基本的な知識やルールを学ぶこともおすすめです。

外壁塗装で3回塗りにおすすめの色や組み合わせ

 

ここでは、3回塗りにおすすめの色や組み合わせをいくつかご紹介します。

 

もちろん、これらはあくまで一例であり、最終的には自分の好みや家の雰囲気に合わせて決めることが大切です。

ホワイト系

ホワイト系は外壁塗装の定番であり、清潔感や明るさを演出することができます。

 

ホワイト系はどんな屋根や付帯部分の色とも相性が良く、シンプルで飽きのこない印象になります。

 

ただし、ホワイト系は汚れや劣化が目立ちやすいですし、単調になりやすいです。

 

そのため、ホワイト系を選ぶ場合は、

  • 塗料はシリコン系やフッ素系など耐久性や防汚性が高いものを選ぶ
  • 屋根や付帯部分はダークグレーなどコントラストのある色を選ぶ
  • 外壁にアクセントカラーを入れたり、模様やテクスチャーを入れたりする

といった工夫をすると良いでしょう。

 

例えば、以下のような組み合わせがおすすめです。

 

外壁 屋根 付帯部分 印象
ホワイト系 ダークグレー ブラック シンプルでスタイリッシュ
ホワイト系 ブルー ネイビー 爽やかで清涼感
ホワイト系 レッド ブラウン 情熱的で活気

ベージュ系

ベージュ系は外壁塗装の人気色であり、温かみや柔らかさを演出することができます。

 

自然豊かな環境に溶け込む色であり、ナチュラルやカントリーな雰囲気に合います。

 

屋根や付帯部分の色とのバランスが取りやすく、まとまった印象です。

 

ただし、ベージュ系は暗くなりすぎたり、地味になりすぎたりする場合があります。

 

そのため、ベージュ系を選ぶ場合は、

  • 塗料はアクリル系やシリコン系など発色度が高いものを選ぶ
  • 屋根や付帯部分はブラウン系などトーンの近い色を選ぶ
  • 外壁にグリーン系など明るい色を入れたり、木目調やレンガ調など素材感のあるものを入れたりする

といった工夫をすると良いでしょう。

 

例えば、以下のような組み合わせがおすすめです。

 

外壁 屋根 付帯部分 印象
ベージュ系 ブラウン系 ホワイト 温かみと清潔感のある印象
ベージュ系 グリーン系 ブラウン系 自然と調和する印象
ベージュ系 レッド系 ブラック シンプルで個性的な印象

 

もちろん、これらはあくまで参考にしていただき、最終的には自分の好みや家の雰囲気に合わせて決めてください。

 

色選びは外壁塗装の中でも大切なテーマですから、慎重におこなう必要があります。

外壁塗装の3回塗りに関するよくある質問

 

3回塗りとはどういう意味ですか?

3回塗りとは、外壁塗装の工程で下塗り・中塗り・上塗りの合計3回の塗装を行うことです。
それぞれの塗装には異なる役割があります。

 

3回塗りのメリットは何ですか?

3回塗りのメリットは、外壁の仕上がりが美しくなることや、耐久性や防汚性が高まることです。
また、色の発色度や光沢感も向上します。

 

3回塗りの色選びのコツは何ですか?

3回塗りの色選びのコツは、自分の好みや家の雰囲気に合わせて色を選ぶことや、周囲の環境や景観に配慮して色を選ぶことです。
また、屋根や付帯部分とのバランスを考えて色を選ぶことや、塗料の種類や特性に応じて色を選ぶことも大切です。

 

さらに、色の効果や心理的影響を理解して色を選ぶことも意識しましょう。

外壁塗装は3回塗りが基本!おすすめ色や組み合わせやメリットデメリット注意点を解説します!まとめ

この記事では、外壁塗装における3回塗りの色選びについて、基本的な知識と注意点をご紹介しました。

 

また、ホワイト系やベージュ系などのおすすめの色や組み合わせも紹介してきました。

 

外壁塗装で3回塗りは基本中の基本であり、また、色選びも同様に重要なポイントです。

 

ぜひ慎重に検討していただき、満足のいく仕上がりを目指しましょう。

外壁塗装

外壁塗装