外壁塗装で水切りの色を決めるときに見逃せないこととは?水切り塗装におすすめの色と塗料を紹介

この記事では、水切り塗装におすすめの色選びや注意点について、わかりやすく解説していきます。

 

外壁塗装をおこなうとき、水切りの色選びについてどのように考えていますか?

 

水切りとは、外壁と基礎の間にある金属の部品で、雨水をはじく役割をしています。

 

水切りは小さな部分ですが、外壁塗装の仕上がりや雰囲気に大きく影響します。

 

水切り塗装に失敗すると、見栄えが悪くなるだけでなく、サビや劣化などのトラブルにもつながります。

 

水切り塗装のプロから学んだコツを知って、理想の水切り塗装を実現しましょう。

 

外壁塗装で水切り塗装は必要なの?

 

外壁塗装の際に、水切り塗装は必要なのかという疑問に答えていきましょう。

 

水切りは、外壁と基礎の間にあるため、自転車やボールなどで傷つきやすいです。

 

また、雨水や紫外線にもさらされています。

 

そのため、水切りはサビや劣化が進みやすく、放置しておくと穴が開いたり、剥がれたりする可能性があります。

 

水切りが傷んでしまうと、雨水が床下に漏れてしまったり、外壁の通気性が悪くなったりする恐れもあるのです。

 

これらのトラブルを防ぐためにも、水切り塗装は重要な作業なのです。

外壁塗装で水切りの色選びのポイント

 

外壁塗装で、水切りの色選びのポイントを紹介します。

 

水切り塗装の色選びでは、以下の3点に注意すると失敗が少ないです。

外壁や付帯部との調和

水切り塗装の色選びでは、まず外壁や付帯部(窓枠や玄関ドアなど)との調和を考える必要があります。

 

水切りは外壁と基礎の間にあるため、外壁と同じ色にすると一体感が出ます。

 

しかし、同じ色だと水切りが目立たなくなってしまうこともあります。

 

その場合は、外壁よりも少し明るめや暗めの色にすることで、水切りを際立たせることができます。

 

また、付帯部と同じ色にすることで、統一感を出すこともできます。

 

ただし、付帯部が派手な色だと水切りも目立ちすぎてしまうこともあるので注意しましょう。

建物全体の印象

水切り塗装の色選びでは、建物全体の印象も重要です。

 

建物全体の印象は、建物の形やデザインだけでなく、周囲の環境や季節にも影響されます。

 

例えば、

  • 緑豊かな自然に囲まれた建物なら、ナチュラルな色合いや木目調の色が合います。
  • 都会的な雰囲気の建物なら、シックな色合いやメタリックな色が合います。
  • 和風な建物なら、落ち着いた色合いや赤系・黄系・茶系の色が合います。
  • 北欧風な建物なら、明るい色合いや青系・緑系・白系の色が合います。

このように、建物全体の印象に合わせて水切り塗装の色を選ぶことで、バランスのとれた仕上がりになります。

個性や好み

水切り塗装の色選びでは、最後に個性や好みも大切です。

 

水切り塗装は、外壁塗装と同時におこなうことが多いため高額なリフォーム工事となります。

 

そのため、自分の好きな色やオリジナリティを出すこともできます。

 

たとえば、以下のようなイメージで色選びをするとオリジナリティが生まれます。

 

  • お気に入りの花や果物の色にする
  • 子供やペットの名前にちなんだ色にする
  • ラッキーカラーやパーソナルカラーにする

 

このように、水切り塗装の色を自分の個性や好みに合わせて選ぶことで、楽しみや愛着が増すでしょう。

外壁塗装で水切りにおすすめの色

 

ここでは、水切り塗装におすすめの色をいくつかご紹介します。

 

水切りの色選びにあたっては、以下の4色が人気で失敗が少ないです。

ホワイト

ホワイトは、水切り塗装におすすめの定番色です。

 

ホワイトはどんな外壁や付帯部とも相性がよく、清潔感や明るさを感じさせます。

 

また、ホワイトは夏場に熱を反射して涼しくする効果もあります。

 

ただし、ホワイトは汚れや劣化が目立ちやすいので、定期的なメンテナンスが必要なのがデメリットです。

ブラック

ブラックは、水切り塗装におすすめの人気色です。

 

ブラックはシャープでクールな印象を与え、都会的な雰囲気を演出します。

 

また、ブラックは汚れや劣化が目立ちにくく、メンテナンスが楽です。

 

ただし、ブラックは冬場に熱を吸収して暖かくする効果もありますが、夏場は逆に暑くなる可能性もあります。

グレー

グレーは、水切り塗装におすすめの万能色です。

 

グレーは中間色であるため、どんな外壁や付帯部とも調和しやすく、落ち着いた雰囲気を出します。

 

また、グレーは明るさや暗さの度合いによって印象が変わるので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

 

ただし、グレーは無難すぎて個性が出にくいというデメリットもあります。

ブラウン

ブラウンは、水切り塗装におすすめのナチュラル色です。

 

ブラウンは木目調や土色といった自然素材をイメージさせる色であるため、緑豊かな環境や和風な建物と相性がよく、温かみや優しさを感じさせます。

 

また、ブラウンは季節感を出しやすい色でもあります。

 

ただし、ブラウンは暗くなりすぎると重苦しく見えることもあるので気をつけましょう。

外壁塗装で水切りにおすすめの塗料

 

次は、水切り塗装におすすめの塗料を紹介します。

 

水切り塗装におすすめの塗料は、以下3つの特徴ををもつことが条件となります。

耐久性

水切りは雨水や紫外線などにさらされるため、劣化しやすい部分です。

 

そのため、水切り塗装には耐久性の高い塗料を選ぶことが大切です。

 

耐久性の高い塗料は、一般的には高価なものですが、長期的に見ればメンテナンス費用や再塗装費用を節約できます。

 

耐久性の高い塗料の例としては、フッ素塗料やシリコン塗料などがあります。

防錆性

水切りは金属製であることが多いため、サビが発生しやすい部分です。

 

そのため、水切り塗装には防錆性の高い塗料を選ぶことが大切です。

 

防錆性の高い塗料は、金属表面に密着してサビの原因となる酸素や水分を遮断します。

 

防錆性の高い塗料の例としては、ウレタン塗料やエポキシ樹脂塗料などがあります。

色あせしにくさ

水切りは目立つ部分であるため、色あせすると見栄えが悪くなります。

 

そのため、水切り塗装には色あせしにくい塗料を選ぶことが大切です。

 

色あせしにくい塗料は、紫外線や温度変化などに強く、色素が安定しています。

 

色あせしにくい塗料の例としては、フッ素塗料やアクリル樹脂塗料などがあります。

水切り塗装における注意点

 

最後に、水切り塗装における注意点を紹介します。

 

水切り塗装では、以下の3点に注意してください。

塗膜厚

塗膜厚とは、塗料が乾燥した後の厚さのことです。

 

水切りは小さな部分であるため、厚く塗ると重量が増えてしまいます。

 

その結果、水切りが外れたり曲がったりする恐れがあります。

 

そのため、水切り塗装では適度な厚さで均一に塗ることが大切です。

 

一般的には、0.1mm~0.2mm程度の塗膜厚が適切とされています。

塗装時期

水切り塗装は、気温や湿度などの環境条件に影響されます。

 

そのため、水切り塗装は、以下のような時期を避けることが大切です。

  • 雨の日や雨の予報のある日
  • 湿度が高い日や露点温度が高い日
  • 気温が低すぎる日や高すぎる日
  • 強風の日や砂埃の多い日

一般的には、気温が10℃~30℃、湿度が60%以下、風速が5m/s以下の日が適切な塗装時期とされています。

塗装業者

水切り塗装は細かい作業であるため、専門的な技術や知識が必要な工事です。

 

そのため、水切り塗装は、信頼できる塗装業者に依頼することが大切です。

 

信頼できる塗装業者を探すには、以下のような方法をご提案します。

 

  • 口コミや評判を調べる
  • 実績や施工事例を見る
  • 見積もりや保証内容を比較する
  • 外壁塗装一括見積もり比サービスを利用する

 

外壁塗装一括見積もりサービスとは、インターネット上で無料で利用できるサービスで、自分の希望条件に合った塗装業者を紹介してくれます。

 

このサービスを利用することで、手間をかけずに費用を抑えることができます。

水切り塗装に関するよくある質問

 

水切りの色は外壁や屋根の色と合わせるべきですか?

水切りの色は外壁や屋根の色と合わせる必要はありません。
水切りは目立たない部分なので、好みや雰囲気に合わせて自由に選ぶことができます。

 

ただし、水切りの色が外壁や屋根の色と大きく異なる場合は、全体のバランスや調和が崩れる可能性があります。

 

そのため、水切りの色選びには配色の基本原則やコントラストを考慮することがおすすめです。

 

水切り塗装にはどのような塗料が適していますか?

水切り塗装には耐久性、防錆性、色あせしにくさなどの特徴を持つ塗料が適しています。
一般的には、フッ素塗料やシリコン塗料などの高耐久性塗料がおすすめです。

 

また、水切りの素材によっても塗料の種類や下地処理がことなります。

 

たとえば、銅製の水切りは熱収縮によって塗膜が割れるため、塗装ではなく交換が必要です。

 

水切り塗装には専門的な知識や技術が必要なので、信頼できる塗装業者に相談することが大切です。

 

水切り塗装の費用はどれくらいかかりますか?

水切り塗装の費用は、水切りの素材や形状、面積、塗料の種類や品質、施工方法などによって異なります。
また、水切りだけではなく外壁や屋根と一緒に塗装する場合もあります。

 

一般的な目安としては、水切り全交換の場合は約10万円~20万円、一部交換や補修の場合は約5万円~10万円、塗装の場合は約3万円~5万円程度といわれています。

 

ただし、これらはあくまで平均的な相場であり、実際の費用は見積もりを取って確認する必要があります。

外壁塗装で水切りの色を決めるときに見逃せないこととは?水切り塗装におすすめの色と塗料を紹介まとめ

外壁塗装における水切りの色選びや注意点について解説しました。

 

水切り塗装では、外壁や付帯部との調和、建物全体の印象、個性や好みなどを考慮して色を選ぶことが大切です。

 

また、水切り塗装には耐久性、防錆性、色あせしにくさなどの特徴を持つ塗料を選ぶことが大切です。

 

塗膜厚や塗装時期など、専門的な技術が必要となりますので、信頼できる塗装業者に工事を依頼する必要があります。

 

この記事でご紹介したポイントや注意点を参考にしていただき、満足のいく水切り塗装を実現してください。

外壁塗装

外壁塗装