外壁塗装で破風板色の正解はある?破風板の役割や劣化のサイン、おすすめの色や塗料をご紹介

この記事では、破風板の色選びや破風板塗装のメリットなどをご紹介します。

 

外壁塗装をおこなう際には、破風板の色選びについても考慮しなければいけません。

 

破風板とは、三角屋根の側面にある板のことで、風雨から家を守る役割があります。

 

しかし、破風板の色選びは意外と難しく、屋根や外壁色との調和を図らなければいけません。

 

破風板の大切さを知ったうえで、あなたに合った色を選んでください。

 

外壁塗装で破風板の塗り替えをおこなうメリット

 

この項では、破風板塗装のメリットをお伝えします。

 

破風板は、家を風雨や火災から守る重要な役割を果たしています。

 

しかし、長年の紫外線や雨水などによって劣化してしまいます。

 

劣化した破風板は、見た目が悪くなるだけでなく、屋根内部への水漏れやカビの発生などのトラブルを引き起こす可能性があります。

 

そのため、定期的に破風板の塗り替えをおこなうことが必要です。

外観が美しくなる

外観が美しくなるというメリットは、一目瞭然です。

 

破風板は家全体の印象を左右する部分でもあるため、色や形が傷んでいると、古臭く見えます。

 

逆に、色や形が新しくてきれいだと、清潔感や爽やかさが感じられるものなのです。

 

また、自分好みの色に変えることで、個性やセンスを表現できます。

 

色んな色でシュミレーションしてみると良いでしょう。

屋根の耐久性が向上する

屋根の耐久性が向上するというメリットは、目に見えないかもしれませんが、とても重要です。

 

破風板は屋根と直接接している部分ですから、屋根全体の強度や防水性に影響します。

 

新しい塗料を塗ることで、破風板自体の強度や防水性が高まりますし、屋根内部への水漏れやカビの発生も防げます。

 

また、新しい塗料は紫外線や雨水などに対して強く、長期間劣化しにくいという特徴があります。

防火性が高まる

防火性が高まるというメリットは、万一の事態に備えておくうえで重要です。

 

破風板は木製や金属製など様々な素材で作られていますが、どれも火災に弱いものです。

 

新しい塗料を塗ることで、破風板自体の防火性が高まりますし、火災時に発生する有毒ガスや煙も減らせます。

 

また、新しい塗料は火花や熱に対しても耐性が高く、燃え広がりや延焼を防ぐ効果があります。

住宅価値が上がる

住宅価値が上がるというメリットは、将来のことを考えると嬉しいものです。

 

破風板の塗り替えは、外観や耐久性や防火性など、家全体の品質を向上させるリフォーム工事です。

 

そのため、破風板の塗り替えをおこなうことで、住宅価値が上がります。

 

もし、将来的に家を売却する場合や賃貸する場合には、破風板の塗り替えがプラスに働くでしょう。

外壁塗装で破風板の色選びのポイント

 

外壁塗装で破風板の色選びは、仕上がりの印象を左右する重要なポイントです。

 

具体的には、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

外壁色と調和する

破風板は外壁と隣接している部分ですから、外壁色と調和する色を選ぶことが基本です。

 

外壁色と同じ色にするか、外壁色よりも明るいか暗いか程度の差異にすることで、統一感やバランス感が出ます。

 

たとえば、外壁色がベージュ系なら、破風板もベージュ系や白系にすると良いでしょう。

 

逆に、外壁色と破風板の色があまりにも違う場合は、不自然や不釣り合いに見えてしまいます。

屋根色とマッチする

破風板は屋根とも接している部分ですから、屋根色ともマッチする色を選ぶことが大切です。

 

屋根色と同じ色にするか、屋根色よりも明るいか暗いか程度の差異にすることで、一体感やリズム感が出ます。

 

たとえば、屋根色が赤系なら、破風板も赤系や茶系にすると良いでしょう。

 

逆に、屋根色と破風板の色があまりにも違う場合は、バラバラやチグハグに見えてしまいます。

周囲と差別化する

破風板の色選びは、自分の家の外観だけでなく、周囲の家との調和も考える必要があります。

 

周囲の家と同じ色にすると、埋もれてしまうかもしれません。

 

周囲の家と違う色にすると、目立ちすぎてしまうかもしれません。

 

そのため、周囲の家との差別化を図りつつも、違和感や主張が強すぎない色を選ぶことが望ましいです。

 

たとえば、周囲の家が白系やクリーム系が多いなら、破風板を茶系や黒系にすると、程よくアクセントになります。

外壁塗装で破風板におすすめの色

 

破風板塗装におすすめの色は、「茶系」です。

 

茶系は、木目調やレンガ調などの自然素材感を出せるだけでなく、落ち着きや温かみを感じさせることができます。

 

また、茶系は汚れにくく、メンテナンスが楽です。

 

さらに、茶系はどんな外壁色や屋根色にも合わせやすく、周囲の家とも調和しやすいです。

 

そのため、茶系は破風板塗装におすすめの万能カラーです。

茶系の種類と特徴

茶系といっても、様々な種類や特徴があります。ここでは、代表的な茶系の色とその特徴をご紹介します。

  • チョコレートブラウン:濃い茶色で、高級感や重厚感を演出できる。しかし、暗くて重たい印象になりやすいので、明るい外壁色や屋根色と合わせると良い。
  • キャラメルブラウン:中間的な茶色で、温かみや優しさを演出できる。どんな外壁色や屋根色にも合わせやすく、バランス感が出る。
  • ベージュブラウン:淡い茶色で、清潔感や爽やかさを演出できる。明るい外壁色や屋根色と合わせると、統一感や軽快さが出る。

茶系の選び方と注意点

茶系を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

外壁色や屋根色とのバランスを考える

茶系はどんな外壁色や屋根色にも合わせやすいですが、それでもバランスを考えることが大切です。

 

外壁色や屋根色が暗い場合は、破風板も暗い茶系にすると、全体的に暗くて重たい印象になります。

 

その場合は、破風板を明るい茶系にすることで、コントラストやアクセントをつけることができます。

 

逆に、外壁色や屋根色が明るい場合は、破風板も明るい茶系にすると、全体的に明るくて軽い印象になります。

 

その場合は、破風板を濃い茶系にすることで、落ち着きや重厚感をつけることができます。

周囲の家との差別化を図る

茶系は周囲の家と調和しやすいですが、それでも差別化を図ることが大切です。

 

周囲の家と同じ色にすると、埋もれてしまうかもしれません。

 

周囲の家と違う色にすると、目立ちすぎてしまうかもしれません。

 

そのため、周囲の家との差別化を図りつつも、違和感や主張が強すぎない色を選ぶことが望ましいです。

 

たとえば、周囲の家が茶系が多いなら、破風板を白系や黒系にすると、程よくアクセントになります。

塗料の種類や性能を確認する

茶系を選んだら、次に塗料の種類や性能を確認することが大切です。

 

塗料の種類や性能によって、塗装の仕上がりや耐久性などが変わってきます。

 

ここでは、代表的な塗料の種類と性能をご紹介します。

  • ウレタン塗料:耐候性や耐汚染性が高く、光沢感や滑らかさが出る。しかし、紫外線に弱く、色あせやヒビ割れが起きやすい。
  • フッ素樹脂塗料:耐候性や耐汚染性が非常に高く、長期間美しさを保つことができる。しかし、高価であり、施工も難しい。
  • シリコン塗料:耐候性や耐汚染性が高く、呼吸性や防カビ性もある。しかし、光沢感や滑らかさが出にくく、塗り重ねると色ムラやツヤムラが出やすい。

外壁塗装で破風板におすすめの塗料

 

外壁塗装で破風板におすすめの塗料は、「フッ素樹脂塗料」です。

 

フッ素樹脂塗料は、耐候性や耐汚染性が非常に高く、長期間美しさを保つことができます。

 

また、フッ素樹脂塗料は光沢感があり、高級感や品格を演出できます。

 

しかし、フッ素樹脂塗料は高価であり、施工も難しいです。

 

そのため、フッ素樹脂塗料を使う場合は、信頼できる塗装業者に依頼することが必要です。

フッ素樹脂塗料の特徴とメリット

フッ素樹脂塗料とは、フッ素という元素を含んだ合成樹脂で作られた塗料です。

 

フッ素は、非常に安定した化学結合を持ち、他の物質と反応しにくい性質があります。

 

そのため、フッ素樹脂塗料は以下の特徴とメリットを持ちます。

  • 耐候性が高い:紫外線や雨水などの自然環境に対しても劣化しにくく、色あせやヒビ割れが起きにくい。
  • 耐汚染性が高い:ほこりや汚れなどの付着物に対しても強く、汚れにくく落ちやすい。
  • 光沢感がある:表面が滑らかで光を反射することで、艶やかさや鮮やかさを出すことができる。

フッ素樹脂塗料のデメリットと注意点

フッ素樹脂塗料は非常に優れた塗料ですが、それゆえにデメリットや注意点もあります。以下に挙げます。

  • 高価である:高性能な分、他の塗料よりも高価であり、費用がかかる。
  • 施工が難しい:高粘度であるため、均一に塗るのが難しく、技術や経験が必要である。
  • 塗り重ねると色ムラやツヤムラが出やすい:厚く塗ると乾燥時間が長くなり、色ムラやツヤムラが出やすくなる。

外壁塗装で破風板の色選びについてよくある質問

 

破風板の色は何色がおすすめですか?

破風板の色は、外壁色や屋根色とのバランスや周囲の家との調和を考えて選ぶことが大切です。
一般的には、茶系の色がおすすめです。

 

茶系は自然素材感や温かみを感じさせる色で、どんな外壁色や屋根色にも合わせやすく、周囲の家とも調和しやすい色です。

 

破風板塗装にかかる費用はどのくらいですか?

破風板塗装にかかる費用は、破風板の面積や形状、塗料の種類や性能、塗装回数や塗装方法などによって異なります。
また、足場や養生などの工事費用も含まれます。

 

一般的には、破風板塗装にかかる費用は、10万円から30万円程度と言われています。

 

しかし、これはあくまで目安であり、実際の費用は塗装業者に見積もりを依頼して確認する必要があります。

 

破風板塗装をおこなうタイミングはいつが良いですか?

破風板塗装をおこなうタイミングは、破風板の劣化のサインを見逃さないことが重要です。
破風板の劣化のサインとしては、色あせやヒビ割れ、剥がれやカビなどがあります。

 

これらのサインが見られたら、早めに破風板塗装をおこなうことがおすすめです。

 

また、季節や気温も破風板塗装に影響します。

 

一般的には、春や秋などの気温が安定している時期が良いと言われています。

 

夏は暑すぎて乾燥しにくく、冬は寒すぎて乾燥しすぎる可能性があります。雨天時や強風時も避けるべきです。

外壁塗装で破風板色の正解はある?破風板の役割や劣化のサイン、おすすめの色や塗料をご紹介まとめ

外壁塗装における破風板の色についてご紹介しました。

 

破風板塗装のメリットや色選びのポイントなどをおさえておくと便利です。

 

また、おすすめの色や塗料など、破風板塗装とはいっても確認しておくべきポイントはたくさんあります。

 

破風板塗装に関する知識をつけることで、納得のいく仕上がりにすることができます。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

外壁塗装

外壁塗装