外壁塗装でおしゃれな色に仕上げるコツ|色選びのポイントや4つの事例を紹介

外壁塗装は、家の見た目を変えるだけでなく、防水や断熱などの効果もあります。

 

しかし、外壁塗装で一番気になるのは「どんな色になるのか」ではないかと思います。

 

実際、どんな色やデザインにすれば「おしゃれ」になるのでしょうか?

 

今回この記事では、おしゃれな外壁塗装のコツや事例を紹介します。

 

外壁塗装でおしゃれに仕上げたいなら、ぜひ参考にしてください。

 

外壁塗装でおしゃれな色とは?人気の色ランキングや組み合わせ

 

外壁塗装でおしゃれな色とは、どんな色なのでしょうか?

 

一般的に、外壁塗装で人気の色は、白、グレー、ベージュ、ブラウンなどのベーシックな色です。

 

これらの色は、どんな家にも合わせやすく、落ち着いた雰囲気を作り出します。

 

しかし、ベーシックな色だけでは、おしゃれさに欠けると感じる方もいるかもしれません。

 

そんなときは、ベーシックな色にアクセントカラーを加えると、おしゃれな外壁塗装になります。

 

アクセントカラーとして人気の色は、赤、青、緑、黄色などの鮮やかな色です。

 

これらの色は、ベーシックな色とのコントラストが強く、目を引く効果があります。

 

色の組み合わせ方のポイントは、以下のようになります。

 

 


ベーシックな色とアクセントカラーの割合は、8:2や7:3などのバランスが良いです。
アクセントカラーが多すぎると、派手すぎて不自然になってしまいます。

アクセントカラーは、玄関ドアや窓枠、屋根などの部分的な箇所に使うと効果的です。
全体的に使うと、統一感がなくなり飽きやすい仕上がりになります。

アクセントカラーは、家の周りの環境や季節に合わせて選ぶと調和がとれます。
たとえば、緑豊かな場所に住んでいるなら、緑や青などの自然の色がおすすめです。
また、冬に外壁塗装をするなら、赤や黄色などの暖かい色が良いでしょう。

 

以上のようなポイントで色の組み合わせを考えてみると、おしゃれな外壁色に仕上げることができます。

 

それでは、具体的な色の組み合わせを考えてみましょう。

 

以下の事例は一例ですが、上記のポイントをおさえた組み合わせですので失敗しにくいといえます。

 

 


白と赤の外壁塗装
白は清潔感や明るさを表現し、赤は情熱や活力を表現します。
白と赤の組み合わせは、モダンでスタイリッシュな印象を与えます。
赤は玄関ドアや窓枠に使うとアクセントとして効果的です。

グレーと青の外壁塗装
グレーはシックでクールな雰囲気を作り出し、青は爽やかさや安らぎを表現します。
グレーと青の組み合わせは、都会的で洗練された印象を与えます。
青は屋根や玄関ドアに使って、目を引いています。

ベージュと緑の外壁塗装
ベージュはナチュラルで優しい雰囲気を作り出し、緑は自然や健康を表現します。
ベージュと緑の組み合わせは、和やかで落ち着いた印象を与えます。
緑は窓枠や玄関ドアに使って、緑豊かな環境に溶け込んでいます。

ブラウンと黄色の外壁塗装
ブラウンは温かみや重厚感を表現し、黄色は明るさや元気を表現します。
ブラウンと黄色の組み合わせは、カジュアルでポップな印象を与えます。
黄色は玄関ドアや窓枠に使って、暗いブラウンを引き立てています。

外壁塗装でおしゃれな素材とは?

 

外壁塗装でおしゃれな素材とは、どんな素材なのでしょうか。

 

一般的に、外壁塗装で使われる素材は「サイディング」「モルタル」「ALC」「木材」「タイル」などがあります。

 

これらの素材は、それぞれに特徴やメリットがありますので以下で紹介します。

 


サイディング
サイディングとは、金属やプラスチックなどの板状の素材を重ねて外壁に貼り付ける方法です。
サイディングの特徴やメリットは、以下のようになります。

色や形が豊富で、デザイン性が高い:ツートンやストライプなどのパターンも作れます。
軽量で耐久性が高く、メンテナンスがしやすい:汚れやカビにも強いです。
施工が早くて簡単で、コストも安い:リフォームにも向いています。

モルタル

モルタルとは、セメントや砂などの混合物を外壁に塗り付ける方法です。
モルタルの特徴やメリットは、以下のようになります。

塗り方や塗り具合によって、さまざまな質感や表情が作れる:モダンやレトロなどの雰囲気も作れます。
防火性や断熱性が高く、安全で快適:耐震性も高いです。
長持ちして、色あせや剥がれにも強い:塗り替えもしやすいです。

 


ALC

ALCとは、Autoclaved Lightweight Concreteの略で、軽量で高強度なコンクリートのことです。
ALCの特徴やメリットは、以下のようになります。

平滑でシンプルな外観で、ミニマルなデザイン向き:色や模様も自由に選べます。
軽量で耐久性が高く、耐火性や断熱性も優れる:防音性も高いです。
施工が早くて簡単で、コストも安い:リサイクルもしやすいです。

木材

木材とは、木の板や柱などを外壁に使う方法です。
木材の特徴やメリットは、以下のようになります。

自然で温かみのある外観で、ナチュラルや和風なデザイン向き:木目や色合いも豊富です。
木は呼吸する素材で、湿度や温度を調整可能:快適で健康に良いです。
木は生きた素材で、経年変化や風合いが楽しめる:塗り替えや手入れもしやすいです。

タイル

タイルとは、陶器や石などの小さな板を外壁に貼り付ける方法です。
タイルの特徴やメリットは、以下のようになります。

色や形が豊富で、模様やアートも作れる:個性的でおしゃれなデザインに向いています。
耐久性が高く、汚れや水にも強い:メンテナンスがしやすいです。
施工が細かくて手間がかかりますが、丈夫で長持ち:高級感もあります。

 

外壁塗装でおしゃれな素材の事例を、以下に紹介します。

 

サイディングの外壁塗装
サイディングは、色や形が豊富で、デザイン性が高いです。
ツートンやストライプなどのパターンも作れます。
たとえば、白と黒のサイディングを使って、モノトーンのモダンな外観にしてみましょう。
黒は玄関ドアや窓枠に使うことでアクセントになります。

モルタルの外壁塗装
モルタルは、塗り方や塗り具合によって、さまざまな質感や表情が作れます。
モダンやレトロなどの雰囲気も作れます。
たとえば、グレーのモルタルを使って、シックでクールな外観にしてみましょう。
塗り方によって、凹凸や光沢を出すことができます。

ALCの外壁塗装
ALCは、平滑でシンプルな外観で、ミニマルなデザインに向いています。
色や模様も自由に選べます。
たとえば、ベージュのALCを使って、ナチュラルで優しい外観に仕上げることができます。
模様やアクセントカラーは使わず、シンプルに仕上げることができます。

木材の外壁塗装
木材は、自然で温かみのある外観で、ナチュラルや和風なデザインに向いています。
木目や色合いも豊富です。
たとえば、茶色の木材を使って、温かみと重厚感のある外観になります。
また、木目や色合いの違いを生かすことで、変化をつけることができます。

タイルの外壁塗装
タイルは、色や形が豊富で、模様やアートも作れます。
個性的でおしゃれなデザインに向いています。
たとえば、青と白のタイルを使うと、爽やかでポップな外観にするこtができます。
タイルの形や配置によって、模様やリズムを作ることができるのです。

外壁塗装でおしゃれなデザインとは?施工事例を紹介

 

外壁塗装でおしゃれなデザインとは、どんなデザインなのでしょうか。

 

一般的に、外壁塗装で人気のデザインは、ツートン、アクセントカラー、ストライプ、ボーダーなどがあります。

 

これらのデザインは、色や素材の組み合わせによって、さまざまな印象を作り出します。

 

参考までに、上記デザインの特徴や効果をご紹介します。

ツートン
ツートンとは、外壁の色を2色に分けるデザインです。
ツートンの効果は、以下のようになります。

 

色のコントラストによって、外壁にメリハリや動きがつく:明るい色と暗い色の組み合わせがおすすめです。
色の分け方によって、外壁の高さや幅を調整できる:たとえば、上下に分けると、高さを強調できます。左右に分けると、幅を強調できます。
色の境界線によって、外壁にアクセントをつけられる:たとえば、斜めに分けると、斬新でモダンな印象になります。波形に分けると、柔らかでナチュラルな印象になります。

アクセントカラー
アクセントカラーとは、外壁の一部に鮮やかな色を使うデザインです。
アクセントカラーの効果は、以下のようになります。

 

色の差異によって、外壁に目を引くポイントが作れる:鮮やかな色とベーシックな色の組み合わせがおすすめです。
色の使い方によって、外壁の特徴や雰囲気を変えられる:たとえば、玄関ドアや窓枠に使うと、入り口や開口部を強調できます。屋根やベランダに使うと、上部や下部を強調できます。
色の選び方によって、外壁のイメージを変えられる:たとえば、赤や黄色などの暖色系は、情熱や活力を表現します。青や緑などの寒色系は、爽やかさや安らぎを表現します。

ストライプ
ストライプとは、外壁に縦や横の線を入れるデザインです。
ストライプの効果は、以下のようになります。

 

線の幅や色によって、外壁にリズムや動きをつけられる:細い線や明暗の差が大きい色の組み合わせがおすすめです。
線の向きによって、外壁の高さや幅を調整できる:たとえば、縦の線は、高さを強調して細く見せます。横の線は、幅を強調して広く見せます。
線の配置によって、外壁にアクセントをつけられる:たとえば、ランダムに配置すると、カジュアルでポップな印象になります。規則的に配置すると、シンプルでスタイリッシュな印象になります。

ボーダー
ボーダーとは、外壁に横の帯を入れるデザインです。
ボーダーの効果は、以下のようになります。

 

帯の幅や色によって、外壁にメリハリや変化をつけられる:太い帯や鮮やかな色の組み合わせがおすすめです。
帯の数や位置によって、外壁のバランスや雰囲気を変えられる:たとえば、帯の数が多いと、華やかで明るい印象になります。帯の位置が高いと、上部を強調して重厚な印象になります。
帯の形や角度によって、外壁に個性や特徴をつけられる:たとえば、帯の形が波形や曲線などの曲線になると、柔らかでナチュラルな印象になります。帯の角度が斜めや交差などの直線になると、斬新でモダンな印象になります。

外壁塗装でおしゃれなデザインの事例を、以下に紹介します。

ツートンの外壁塗装
ツートンは、外壁の色を2色に分けるデザインです。
色のコントラストによって、外壁にメリハリや動きをつけます。
たとえば、ベージュとブラウンのツートンを使って、ナチュラルで落ち着いた外観に仕上げることができます。また、上下に分けることで高さを強調できます。
色の境界線は、波形に分けることで柔らかく優しい印象にしています。

アクセントカラーの外壁塗装
アクセントカラーは、外壁の一部に鮮やかな色を使うデザインです。
色の差異によって、外壁に目を引くポイントを作ります。
たとえば、グレーと赤のアクセントカラーを使えばシックでクールな外観になります。
たとえば、玄関ドアや窓枠に使うことで入り口や開口部を強調することができます。
色の選び方は、暖色系の赤を使って、情熱や活力を表現しています。

ストライプの外壁塗装
ストライプは、外壁に縦や横の線を入れるデザインです。
線の幅や色によって、外壁にリズムや動きをつけます。
たとえば、白と黒のストライプを使って、モノトーンのモダンな外観に仕上げることができます。
線の向きは、縦の線を使うことで高さを強調して細く見せることができます。
また、線の配置をランダムに配置することで、カジュアルでポップな印象にすることができます。

ボーダーの外壁塗装
ボーダーは、外壁に横の帯を入れるデザインです。
帯の幅や色によって、外壁にメリハリや変化をつけます。
たとえば、ベージュとブルーのボーダーを使うことで、ナチュラルで爽やかな外観に仕上げることができます。
また、帯の数を2本にすることで、華やかで明るい印象になります。
帯の位置を中央にすることで、バランスよく仕上げることができます。
帯の形を直線にすると、シンプルでスタイリッシュな印象に仕上げることもできます。

外壁塗装でおしゃれなイメージとは?北欧風や和風などのテイスト別の施工事例を紹介

 

そもそも、外壁塗装でおしゃれなイメージとは、どんなイメージなのでしょうか。

 

一般的に、外壁塗装で人気のイメージは、北欧風、和風、ヨーロピアン風、カントリー風などがあります。

 

これらのイメージは、色や素材やデザインの組み合わせによって、さまざまなテイストを表現します。

 

イメージの特徴や表現方法を、以下に説明します。

北欧風
北欧風とは、北欧の国々の文化や自然を感じさせるイメージです。
北欧風の特徴や表現方法は、以下のようになります。

 

白やグレーなどのベーシックな色や、青や緑などの自然の色を使う:明るくて爽やかな印象になります。
木材やサイディングなどのナチュラルでシンプルな素材を使う:温かみと清潔感があります。
ストライプやボーダーなどのシンプルでスタイリッシュなデザインを使う:リズムやバランスがあります。

和風
和風とは、日本の伝統や文化を感じさせるイメージです。
和風の特徴や表現方法は、以下のようになります。

 

茶色や黒などの落ち着いた色や、赤や黄色などの鮮やかな色を使う:重厚感と華やかさがあります。
木材やタイルなどの自然で温かみのある素材を使う:木目や色合いが豊かです。
アクセントカラーや波形などの個性的でおしゃれなデザインを使う:目を引くポイントや柔らかさがあります。

ヨーロピアン風
ヨーロピアン風とは、ヨーロッパの歴史や文化を感じさせるイメージです。
ヨーロピアン風の特徴や表現方法は、以下のようになります。

 

白やベージュなどの明るい色や、赤や青などの深い色を使う:高級感と品格があります。
タイルやモルタルなどの堅牢で美しい素材を使う:光沢や質感が豊かです。
アーチや花柄などの優美で華麗なデザインを使う:曲線や装飾があります。

カントリー風
カントリー風とは、田舎や自然を感じさせるイメージです。
カントリー風の特徴や表現方法は、以下のようになります。

 

茶色や緑などの自然の色や、ピンクや水色などのパステルカラーを使う:温かみと可愛らしさがあります。
木材やサイディングなどのナチュラルでカジュアルな素材を使う:温かみと風合いがあります。
チェックやドットなどのポップでカラフルなデザインを使う:リズムや変化があります。

外壁塗装でおしゃれなイメージの事例を、以下に紹介します。

北欧風の外壁塗装
北欧風は、北欧の国々の文化や自然を感じさせるイメージです。
明るくて爽やかな印象になります。
たとえば、白と青の色と、木材とサイディングの素材と、ストライプとボーダーのデザインを使って、北欧風の外観にすることができます。
白と青の色は、自然の色で、清潔感と爽やかさがあります。
木材とサイディングの素材は、ナチュラルでシンプルな素材なので、温かみと清潔感があります。
ストライプとボーダーのデザインは、シンプルでスタイリッシュなデザインなのでリズムとバランスがあります。

和風の外壁塗装
和風は、日本の伝統や文化を感じさせるイメージです。
重厚感と華やかさがあります。
たとえば、茶色と赤の色と、木材とタイルの素材と、アクセントカラーと波形のデザインを使って、和風の外観にすることができます。
茶色と赤の色は、落ち着いた色と鮮やかな色で、重厚感と華やかさがあります。
木材とタイルの素材は、自然で温かみのある素材なので木目や色合いが豊かです。
アクセントカラーと波形のデザインは、個性的でおしゃれなデザインなので、目を引くポイントと柔らかさがあります。

ヨーロピアン風の外壁塗装
ヨーロピアン風は、ヨーロッパの歴史や文化を感じさせるイメージです。
高級感と品格があります。
たとえば、白と赤の色と、タイルとモルタルの素材、アーチと花柄のデザインを使えば、ヨーロピアン風の外観にすることができます。
白と赤の色は、明るい色と深い色で、高級感と品格をあらわします。
タイルとモルタルの素材は、堅牢で美しい素材であり、光沢や質感が豊かです。
アーチと花柄のデザインは、優美で華麗なデザインなので、曲線や装飾をあらわすことができます。

カントリー風の外壁塗装
カントリー風は、田舎や自然を感じさせるイメージです。
温かみと可愛らしさがあります。
たとえば、茶色とピンクの色と、木材とサイディングの素材と、チェックとドットのデザインにすれば、カントリー風の外観にすることができます。
茶色とピンクの色は、自然の色とパステルカラーで、温かみと可愛らしさが出せます。
木材とサイディングの素材は、ナチュラルでカジュアルな素材なので、温かみと風合いを愉しむことができます。
チェックとドットのデザインは、ポップでカラフルなデザインなので、リズムと変化を楽しめるでしょう。

外壁塗装でおしゃれな色に仕上げるコツ|色選びのポイントや4つの事例を紹介まとめ

外壁塗装でおしゃれにするためには、色や素材だけでなくデザインやイメージも考えることが大切です。

 

外壁塗装でおしゃれな色や素材とは何か、色選びのポイントや事例をご紹介しました。

 

また、外壁塗装でおしゃれなデザインやイメージとは何か、デザインやイメージの特徴や表現方法や事例も紹介しましたので参考にしてください。

 

外壁塗装で家の印象を変えてみて、気分もリフレッシュしてみましょう。

外壁塗装

外壁塗装