外壁塗装で雨樋の色選びポイントとは?雨樋塗装失敗しないための注意点やおすすめ色を紹介!

この記事では、雨樋の色選びに関する知識やおすすめの色、注意点などをわかりやすく解説します。

 

外壁塗装をするときには、雨樋の色選びにも注意が必要です。

 

では、雨樋の色選びはどうすればいいのでしょうか?

 

外壁塗装で軽視されがちな、雨樋の色選びについて詳しくお伝えします。

 

外壁塗装で雨樋の色選びのポイント

 

外壁塗装で雨樋の色選びをする際は、以下3つのポイントを大事にしてください。

  • 外壁との調和
  • 汚れや劣化の目立ち具合
  • 個性やイメージ

以下、それぞれ解説します。

外壁との調和

外壁塗装における雨樋の色選びで最も重要なのは、外壁との調和です。

 

外壁と雨樋は一緒に見られることが多いため、色が合わないと不自然に感じられます。

 

また、外壁と雨樋が同じ色だと、一体感が出てシンプルでスッキリした印象になります。

 

しかし、同じ色だと雨樋が目立たなくなってしまうこともあります。

 

その場合は、外壁よりも少し明るめや暗めの色を選ぶと、アクセントになっておしゃれに見えます。

 

たとえば、白い外壁にはグレーやベージュなどの落ち着いた色が合います。

 

黒や茶色などの暗い外壁には白やクリームなどの明るい色が合います。

 

赤や青などのカラフルな外壁には同系色や対比色を選ぶと華やかに見えます。

汚れや劣化の目立ち具合

外壁塗装で雨樋の色選びの際にもう一つポイントなるのが、汚れや劣化の目立ち具合です。

 

雨樋は屋根から流れる水や空気中のホコリなどで汚れやすく、また紫外線や温度差などで劣化しやすい部分です。

 

そのため、汚れや劣化が目立たないようにする工夫が必要です。

 

一般的には、白や黒などの極端に明るい色や暗い色は汚れや劣化が目立ちやすいです。

 

くに白は汚れが付着しやすく、黄ばみやすいのが特徴です。

 

また、黒は紫外線で退色しやすく灰色っぽくなります。

 

そのため、白や黒を選ぶ場合は、高品質で耐久性の高い塗料を使用することがおすすめです。

 

一方、グレーやベージュなどの中間色は汚れや劣化が目立ちにくいです。

 

また、緑や茶色などの自然色は周囲の景観に溶け込みやすく、落ち着いた雰囲気になります。

 

そのため、汚れや劣化を気にしないで済ませるには、中間色や自然色を選ぶと良いでしょう。

個性やイメージ

雨樋塗装の色選びで忘れてはいけないのは、個性やイメージです。

 

雨樋は家の顔とも言える部分です。

 

そのため、自分の好みや家の雰囲気に合った色を選ぶことが大切です。

 

また、雨樋の色によって家の印象が変わることもあります。

 

そのため、どんなイメージを与えたいかも考えることが必要です。

 

たとえば、赤や青などのカラフルな色は明るく元気なイメージになります。

 

しかし、派手すぎると近隣から不評を買うこともあります。

 

その場合は、塗装面積を少なくしたり、他の部分とのバランスを考えたりすることが大切です。

 

ピンクやパープルなどのパステルカラーは可愛らしく優しいイメージになります。

 

しかし、甘すぎると子供っぽく見えることもあります。

 

その場合は、シックな色と組み合わせたり、シンプルなデザインにしたりすることが大切です。

外壁塗装で雨樋の色におすすめ5選

 

外壁塗装で雨樋の色におすすめのカラーを5種類紹介します。

グレー

グレーは雨樋塗装におすすめの色の一つです。

 

グレーはどんな外壁にも合わせやすく、汚れや劣化も目立ちにくいです。

 

また、グレーはモダンでスタイリッシュな印象を与えます。

 

グレーには様々なトーンがありますが、明るめのグレーは爽やかで清潔感があり、暗めのグレーは落ち着きがあります。

ベージュ

ベージュも雨樋塗装におすすめの色の一つです。

 

ベージュは白よりも汚れが目立ちにくく、黒よりも暑さを感じにくいです。

 

また、ベージュはナチュラルで温かみのある印象を与えます。

 

ベージュには黄色味や赤味があるものもありますが、外壁と調和するように選ぶことが大切です。

茶色

茶色も雨樋塗装におすすめの色の一つです。

 

茶色は自然色であるため、周囲の景観に溶け込みやすく、和風や洋風どちらにも合います。

 

また、茶色は落ち着きがあります。

 

茶色には赤茶や黄茶などの明るいものからコーヒーやチョコレートなどの暗いものまでありますが、外壁とのバランスを考えるように選ぶことが大切です。

緑も雨樋塗装におすすめの色の一つです。

 

緑は自然色であるため、周囲の景観に溶け込みやすく、爽やかで清々しい印象を与えます。

 

また、緑は癒し効果があるといわれています。

 

緑には淡いものから濃いものまでありますが、外壁とのバランスを考えるように選ぶことが大切です。

青も雨樋塗装におすすめの色の一つです。

 

青は空や海を連想させるため、涼しく爽やかな印象を与えます。

 

また、青は信頼感や安心感があると言われています。

 

青には淡いものから濃いものまでありますが、外壁とのバランスを考えるように選ぶことが大切です。

外壁塗装で雨樋の色選びにおける注意点

 

外壁塗装で雨樋の塗装をおこなう際は、以下のような点に注意してください。

  • 雨樋の状態を確認する
  • 塗装前後の天候を確認する
  • 塗装業者を比較する

以下、それぞれの注意点について解説します。

雨樋の状態を確認する

雨樋塗装をおこなう前には、雨樋の状態を確認することが大切です。

 

雨樋にひびや穴がある場合は、塗装だけでは不十分であり、補修や交換が必要です。

 

また、雨樋に汚れやカビが付着している場合は、塗装前に洗浄や除菌をおこなうことが必要です。

 

雨樋の状態を確認することで、塗装の効果や耐久性を高めることができます。

塗装前後の天候を確認する

雨樋塗装をおこなう前後には、天候を確認することが大切です。

 

雨や強風などの悪天候は、塗装の乾燥や密着を妨げるため、塗装の効果や耐久性を低下させる可能性があります。

 

そのため、塗装前後は晴れや曇りなどの安定した天候を選ぶことがおすすめです。

 

また、塗装後は一定期間水洗いを避けることも必要です。

塗装業者を比較する

雨樋塗装をおこなう際には、塗装業者を比較することも大切です。

 

塗装業者によって、塗料の種類や品質、施工方法や期間、費用や保証などが異なります。

 

そのため、自分の希望や予算に合った塗装業者を選ぶことが重要です。

 

塗装業者を比較する際には、「外壁塗装一括見積もり比較サービス」 を利用すると便利です。

 

このサービスでは、無料で複数の塗装業者から見積もりを取ることができ、それぞれの業者の評判や口コミも確認できます。

 

「外壁塗装一括見積もり比較サービス」を利用することで、手間をかけずに適正価格を調べることができます。

外壁塗装で雨樋の色についてよくある質問

 

雨樋の色はどうやって選ぶのがいいですか?

雨樋の色選びには、外壁やサッシの色との調和や、汚れや劣化の目立ち具合などを考慮することが大切です。
一般的には、白・黒・ブラウン・グレーなどの中間色や自然色がおすすめです。

 

外壁と同じ色にするか、サッシと同じ色にするかで雰囲気が変わります。

 

雨樋の塗装はどのくらいの費用がかかりますか?

雨樋の塗装費用は、雨樋の長さや塗料の種類、施工業者によって異なりますが、おおよそ1メートルあたり700~1,500円程度が相場です。
また、雨樋の塗装だけでなく、外壁塗装や屋根塗装も同時に行う場合は、費用が割安になることもあります。

 

雨樋の色を失敗した場合はどうすればいいですか?

雨樋の色を失敗した場合は、塗り直すか交換するかの対処法があります。
塗り直す場合は、雨樋を洗浄・ケレン・塗装する工程が必要ですが、費用は比較的安く済みます。

 

交換する場合は、雨樋を外して新しいものに取り替えるため費用は高くなります。

 

2つのうち、どちらの方法を選ぶかは雨樋の状態や予算に応じて判断してください。

外壁塗装で雨樋の色選びポイントとは?雨樋塗装失敗しないための注意点やおすすめ色を紹介!まとめ

外壁塗装における雨樋の色選びについて解説しました。

 

雨樋の色選びは、外壁とのバランスや汚れや劣化の目立ち具合などのポイントを押さえることが大切です。

 

グレーやベージュなどの中間色や自然色を選ぶと、失敗する可能性が低いです。

 

また、鼻隠しやサッシの色に合わせることも忘れずにおこなってください。

外壁塗装

外壁塗装