外壁塗装の汚れが目立たない色ランキングTOP5! 汚れに強い素材や塗料も紹介

この記事では、外壁塗装で汚れが目立たない色や、おすすめの塗料を紹介します。

 

外壁塗装をするときに、汚れが目立たない色を選びたいと思う方は多いでしょう。

 

汚れが目立たず、色あせしにくい色を選べば、メンテナンス回数をおさえられるので大切なポイントです。

 

しかし、汚れが目立たない色とはどんな色なのでしょうか?

 

また、汚れが目立たない色を選ぶことにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

外壁塗装の色選びで失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

 

外壁が汚れる原因は経年劣化

 

外壁が汚れる一番の理由は、経年劣化にともなう自然な汚れです。

 

外壁は雨風や紫外線などの影響で、時間が経つと外壁の塗膜が劣化するのです。

 

色あせやひび割れ、カビやコケなどの汚れが発生し、見た目が悪くなってしまいます。

 

また、家の中に水分や湿気が侵入して、木材の腐食や金属の錆びなどを引き起こします。

 

その結果、家の構造部分にも悪影響を与え、断熱性や遮音性が低下して快適さが失われてしまうのです。

 

しかし、外壁塗装をおこなうことで、これらの問題を防ぐことができます。

 

外壁塗装による新しい塗膜を形成することで、外部からの水分や気温などの影響を受けにくくなるのです。

 

また、汚れやカビを除去することで、清潔で美しい外観を取り戻せます。

 

断熱性や遮音性を高める塗料もありますので、外壁塗装をおこなうことで省エネや快適さも向上します。

外壁塗装で汚れが目立たない色・目立つ色

 

外壁塗装で汚れが目立たず、色あせしにくい色を選ぶことは重要です。

 

なぜなら、汚れや退色が目立たなければ、メンテナンス回数をおさえることができるからです。

 

では、どんな色が汚れや色あせに強いのでしょうか?

 

一般的には、暗めの色や地味な色が汚れや色あせに強いといわれています。

 

たとえば、以下のような色は汚れや色あせが目立たないため人気があります。

 

  • グレー
  • ベージュ
  • ブラウン
  • ネイビー
  • オリーブ

 

これらの色は、汚れが目立ちにくく、色あせもしにくいのが特徴です。

 

また、自然環境や周囲の景観とも調和しやすく、落ち着いた雰囲気になります。

 

反対に、明るめの色や派手な色は汚れや色あせに弱いと言われています。

 

たとえば、以下のような色は色あせが目立つため必然的にメンテナンス費用がかかります。

 

  • ホワイト
  • イエロー
  • ピンク
  • オレンジ
  • レッド

 

これらの色は、明るく華やかな雰囲気を演出しますが、数年ごとメンテナンスが必要となるため大変です。

 

しかし、これはあくまで一般論であり、実際には塗料の種類や品質によっても汚れや色あせの度合いは変わります。

 

また、個人の好みや家のデザインによっても選ぶ色はことなります。

 

したがって、汚れや色あせに強いというだけでなく、自分の好きな色や家に合った色を選ぶことも大切です。

外壁塗装で汚れが目立たない塗料

外壁塗装で汚れが付きにくい塗料とは、親水性や光触媒などの特殊な機能を持った塗料のことです。

 

親水性とは、塗膜が水となじみやすい性質で、汚れと塗膜の間に雨水が入り込んで汚れを洗い流す効果があります。

 

光触媒とは、太陽光が塗膜に当たると汚れを分解して浮かせて雨で洗い流す効果があります。

 

これらの塗料は、汚れが付着しにくく、また付着しても簡単に落とせるので、長期間にわたって外壁をきれいに保つことができます。

 

具体例としては、以下のような塗料があります。

 

関西ペイントのアレスダイナミックTOP
ラジカル制御シリコンという親水性の高い塗料で、低汚染性と防カビ性を兼ね備えています。

 

日本ペイントのパーフェクトトップ
ラジカル制御アクリルという親水性の高い塗料で、低汚染性と耐候性を兼ね備えています。

 

エスケー化研のエスケープレミアムシリコン
ラジカル制御シリコンという親水性の高い塗料で、低汚染性と耐久性を兼ね備えています。

 

日本ペイントのファインシリコンフレッシュ
光触媒シリコンという光触媒効果のある塗料で、低汚染性と空気清浄効果を兼ね備えています。

 

菊水化学工業の水系ファインコートシリコン
光触媒シリコンという光触媒効果のある塗料で、低汚染性と防カビ性を兼ね備えています。

 

以上のように、外壁塗装で汚れが付きにくい塗料は、親水性や光触媒などの特殊な機能を持った塗料であるといえます。

 

これらの塗料は、一般的な塗料よりも高価ですが、汚れがつきにくく、美観と寿命を高める効果があります。

汚れが目立たない外壁材

汚れが目立たない外壁材には、主に以下の3つの種類があります。

 

  • サイディング
  • タイル
  • モルタル

 

サイディングとタイルは、表面がつるつるとしていて水を弾きやすいため、汚れが付着しにくくなります。

 

また、色やデザインのバリエーションも豊富で、コストパフォーマンスも高いです。

 

モルタルは、セメントと砂を混ぜて作られた素材で、自然な風合いや質感が魅力です。

 

汚れに強い塗料を塗布することで、耐久性や汚れにくさを向上させることができます。

 

また、汚れが目立たない外壁の色としては、グレー、ベージュ、ブラウン、グリーンなどの中間色がおすすめです。

 

これらの色は、外壁に付着する汚れの色と近いため、汚れが目立ちにくくなります。

新築から10年が外壁塗装の目安

 

新築から10年経過したあなたの家では、外壁に色あせや汚れが目立っているはずです。

 

雨漏りも心配ですし、夏は暑く冬は寒いと感じることもあるでしょう。

 

そんなときに外壁塗装をおこなうと、以下のような効果が期待できます。

 

  • 外壁の色あせや汚れを改善し、新築時のような美観を取り戻す
  • 雨漏りや湿気の侵入を防ぎ、家の構造部分を長持ちさせる
  • 断熱性や遮音性を高める塗料を使うと、室内温度や音環境が快適になる
  • 省エネ効果も期待できる

 

外壁塗装の重要性は軽視されがちですが、快適な住まいを永く保つためには定期的なメンテナンスがとても大切なのです。

 

一つの目安として、新築から10年~15年ごとに外壁塗装をおこなうことをおすすめします。

外壁塗装にかかる費用の相場は?

 

外壁塗装にかかる費用は、家の大きさや形状によりことなります。

 

また、塗料の種類や品質、施工業者の料金設定などによっても違いがあるのです。

 

しかし、大まかな相場は知っておくことは以下のようなメリットがあります。

  • 予算計画が立てやすくなる
  • 施工業者の見積もりが妥当かどうか判断できる
  • 交渉や比較がしやすくなる

といったメリットがあります。

 

つぎに、外壁塗装にかかる費用の内容についてです。

 

外壁塗装の費用は、大きく分けて次の3つの要素で構成されます。

 

  • 材料費:塗料や下地材料などの購入費用
  • 工事費:施工業者に支払う人件費や諸経費
  • 足場代:足場の設置や解体にかかる費用

 

これらの要素のうち、最も費用に影響するのは塗料の種類や品質です。

 

塗料には、耐久性や機能性などによってさまざまな種類がありますが、一般的には次の4種類がよく使われます。

 

  • アクリル系塗料:最も安価で施工しやすいが、耐久性が低く色あせや汚れが目立つ
  • ウレタン系塗料:アクリル系よりも耐久性が高く、光沢感があるが、劣化すると剥がれやすい
  • シリコン系塗料:ウレタン系よりも耐久性が高く、汚れにくいが、価格が高い
  • フッソ系塗料:最も耐久性が高く、光沢感も長持ちするが、価格が高く施工も難しい

 

これらの塗料の中で、汚れや色あせに強く長持ちするのはフッソ系塗料です。

 

しかし、フッソ系塗料は価格も高く施工も難しいため、一般的にはシリコン系塗料がおすすめです。

 

シリコン系塗料はフッソ系に比べて価格も手頃で施工もしやすく、汚れや色あせにも強いので人気です。

 

一方で、アクリル系やウレタン系は価格は安いのですが、耐久性が低いという特徴があります。

 

「メンテナンス回数を減らしたい」という方には向いていません。

 

では、外壁工事全般にかかる具体的な費用の相場はどれくらいでしょうか?

 

ここでは、一般的な2階建ての一戸建て(延床面積30坪)で外壁塗装をする場合を例にとってみます。

 

この場合の外壁面積は約100平方メートルと仮定します。また、足場代は20万円とします。

 

塗料の種類 材料費 工事費 足場代 総額
アクリル系 10万円 40万円 20万円 70万円
ウレタン系 15万円 50万円 20万円 85万円
シリコン系 25万円 60万円 20万円 105万円
フッソ系 40万円 80万円 20万円 140万円

 

これが、外壁塗装の費用の大まかな相場です。

 

ただし、これはあくまで目安であり、実際の費用は施工業者や地域によってことなります。

 

家の大きさや形状、塗装する箇所や回数、塗料の量や品質などによっても変わります。

 

したがって、正確な費用を知るには、複数の施工業者に見積もりを依頼することが必要です。

 

そして、見積もりを依頼するときには、次のような点に注意しましょう。

 

  • 見積もりは無料であることを確認する
  • 見積もりは書面で受け取る
  • 見積もりには、材料費や工事費、足場代などの内訳が明記されていることを確認する
  • 見積もりには、工事期間や保証期間、アフターサービスなどの条件が明記されていることを確認する
  • 見積もりには、消費税や追加料金が発生する可能性があることが明記されていることを確認する

 

見積もりを複数受け取ったら、費用だけでなく、施工業者の信頼性やサービス内容も比較しましょう。

 

安いだけではなく、品質や安全性にも配慮した内容であるか確認してください。

外壁塗装一括見積比較サービスとは?

 

外壁塗装をおこなうにあたっては、外壁塗装一括見積比サービスの利用をおすすめします。

 

いちどに複数の業者の見積金額が比較できるので、適正な価格で工事をおこなうことができるからです。

 

「外壁塗装一括見積比較サービス」とは、以下のような特徴があります。

 

  • インターネット上で無料で利用できる
  • 自分の家の情報や希望する塗料や工事内容を入力するだけで、複数の施工業者から見積もりを受け取ることができる
  • 見積もりを比較して最適な施工業者を選ぶことができる

 

また、「外壁塗装一括見積比較サービス」を利用することで、以下のようなメリットがあります。

 

  • 見積もりを依頼する手間や時間を省くことができる
  • 施工業者の料金やサービス内容を比較することができる
  • 施工業者との交渉や契約がスムーズになる
  • 費用をおさえることができる

 

一方で、「外壁塗装一括見積比較サービス」を利用するにあたっては、以下のような注意点もあります。

 

  • 利用するサービスによって提携している施工業者の数や質がことなる
  • 見積もりを受け取った後に施工業者からの営業電話やメールが多くなる可能性がある
  • 見積もりだけではなく、実際に施工業者の実績や評判を確認することが必要である

 

したがって、「外壁塗装一括見積比較サービス」を利用する場合は、信頼できるサービスを選ぶことが大切です。

 

見積もりだけでなく、施工業者の詳細な情報も確認しましょう。

外壁塗装の汚れが目立たない色ランキングTOP5! 汚れに強い素材や塗料も紹介!まとめ

この記事では、外壁塗装で汚れが目立たない色や外壁材についての情報をまとめました。

 

外壁塗装を検討するにあたっては、汚れが目立たず退色しにくい色を選ぶことで、長期的に見て費用をおさえることができます。

 

とはいえ、あまりコストのみを重視してしまうとイメージ通りにならず後悔したという声も聞いています。

 

あなたが納得できる、品質とコストを両立できる外壁色を検討してみてください。

外壁塗装

外壁塗装