外壁塗装はなぜ必要?住まいの美しさと耐久性だけじゃない理由を紹介!

この記事では、外壁塗装の必要性や効果、そして注意点について解説します。

 

外壁塗装は、外観をキレイにするだけでなく、建物自体の劣化を防ぐために必要な工事です。

 

しかし、外壁工事の重要性に気づいていない方が多いと感じています。

 

もちろん、外壁塗装にはメリットとデメリットがあるため、工事をおこなうか否かはあなたの決断次第です。

 

しかし、せっかく建てた大切な家ですから、きれいな状態で永く住み続けたいですよね?

 

家を良い状態で維持するために不可欠な、外壁塗装の必要性について解説します。

 

外壁塗装は見た目を良くするだけの工事ではない

 

外壁塗装は、見た目を良くするだけにおこなうのではありません。

 

大好きな家で、快適に過ごすためにも欠かせない工事です。

 

外壁は家の一番外側にある部分なので、風雨や紫外線などの影響でドンドン劣化していきます。

 

外壁が劣化すると、どうなると思いますか?

 

じつは、外壁が劣化すると家の中にまで影響が出てくるのです。

 

具体的には、以下のような影響があります。

 

外壁がひび割れたり剥がれたりすると、雨水が入り込んでしまいます。
雨水が入り込むと、木材や鉄筋などの構造材が腐ったり錆びたりしてしまいます。
そして、構造材が弱くなると、家が傾いたり倒れたりする危険があります。
いつ倒れるかも分からない家では、安心して過ごすことなんてできませんよね?

外壁が汚れたり色あせたりすると、カビやコケなどの生物が繁殖しやすくなります。
カビやコケはアレルギーの原因になったり、臭いを発生させたりします。
カビやコケが家の中に入ってくると、家族の健康・快適さに影響が出ます。
小さなお子さんや、お年寄りがいらっしゃらご家庭なら健康不安が心配です。

外壁が劣化すると、断熱性や遮音性も低下します。
断熱性や遮音性が低下すると、家の中の温度や音が外から影響を受けやすくなります。
温度や音が快適でないと、暮らしにくくなりますよね?
外の騒音に悩まされるだけでなく、夏の暑さや厳しい冬の寒さに耐えられますか?

どうでしょうか?外壁塗装をしなかった場合、これだけの悪影響が考えられます。

 

外壁塗装は見た目を良くするだけではなく、家を守る大切な役割も果たしているのです。

外壁工事を放置することで生じるリスクとは?

 

外壁工事を放置することで生じるリスクは、シンプルに以下の2つです。

 

  • 家の寿命が短くなる
  • 修理費用が高くなる

 

外壁塗装をしなかった場合、外壁内部に水分やカビが広がって快適な生活が損なわれます。

 

定期的にメンテナンスしていれば防げたはずですが、気づけば深刻なトラブルを引き起こしている場合も少なくないのです。

 

たとえば、外壁塗装をしなかったことで起こりうるリスクは以下のとおりです。

 

雨水が入り込んだ構造材を修理するには、壁を壊して中を見なければなりません。
壁を壊すと、内装や設備も一緒に修理しなければならなくなります。
内装や設備の修理が必要になれば、費用はさらに膨らんでしまうでしょう。
工事中に発生する「騒音」や「臭い」を、あなたは我慢することができますか?

カビやコケが繁殖した外壁を塗装するには、まずカビやコケを除去しなければなりません。
カビやコケを除去するには、専用の薬剤や機械を使うことになるでしょう。
カビやコケの除去は、普通の塗装よりも手間と費用がかかるのです。
健康とお金を同時に失うことになりますが、あなたは平気でいられるでしょうか?

断熱性や遮音性が低下した外壁を塗装するには、塗料だけでなく断熱材や遮音材も必要になります。
断熱材や遮音材は、塗料よりも高価な材料です。
断熱性や遮音性を回復させるには、普通の塗装よりも高額な工事になってしまうのです。
早めに外壁塗装工事を決断しておけば、家の内部にまで影響は及ばなかったかもしれません。

 

以上のように、外壁塗装をしないで放置しておくと、修理費用がドンドン高くなってしまいます。

 

外壁塗装は高額な工事だと思われがちですが、定期的にケアすることで最小限の出費に抑えることができるのです。

外壁塗装は長い目で見ると必要な出費である

 

外壁塗装は長い目で見ると必要な出費です。

 

必要なタイミングで工事をおこなうことで、大掛かりな工事をしなくて済むからです。

 

外壁塗装をすることで得られるメリットは以下のとおりです。

  • 家の寿命が延びる
  • 家の価値が下がらない
  • 家の美観が向上する
  • 家の快適さが向上する

外壁塗装をすることで家全体が傷みにくくなり、家の寿命も延びるというわけです。

 

また、外壁塗装をすることは家の価値を維持するうえでも欠かせません。

 

一生住み続けるつもりで買った家であっても、将来的に売ったり貸したりする可能性はあります。

 

いざ、売却を検討したり賃貸に出したりした時に、家の価値が下がっていたら損をしますよね?

 

家の価値は、家の状態や立地だけでなく、見た目も大きく影響します。

 

外壁塗装をしていない家は、見た目が汚れていたり色あせていたりするため、買い手や借り手から敬遠されるのです。

 

買い手や借り手から敬遠されると、家の価値が下がってしまいます。

 

大幅に値下げして手放すか、破格値でしか賃貸できない物件になるでしょう。

 

しかし、外壁塗装をすれば見た目をキレイに保つことができます。

 

見た目がキレイな家は、買い手や借り手から好まれ、家の価値も上昇するでしょう。

 

家は私たちの生活空間です。

 

家は生活の中心であるため、私たちの気分にも影響します。

 

外壁塗装をおこなうにあたり、家の色やデザインを自分の好みに変えることができます。

 

自分の好きな色やデザインの家は、見るたびに気分が上がり生活にも活力が出ます。

 

家は私たちの休息やリラックスの場でもあります。

 

家で快適に過ごすことは、私たちの健康や幸せにも大切です。

 

外壁塗装をすることで家の断熱性や遮音性が向上し、家で過ごす時間が快適になります。

 

また、エアコンや暖房などの電気代も節約できますので、お財布にも優しいのです。

 

家はもっとも長く過ごす場所ですから、ストレスを感じずに過ごしたいですよね?

 

ストレスが減ると健康や幸せにも良いですから、外壁塗装は長い目で見ると必要な出費なのです。

外壁塗装をするメリット

 

外壁塗装には、以下のようなメリットがあります。

家の外観がきれいになる

外壁塗装のメリットとして一番にあげるなら、やっぱり「外観がきれいになる」ということでしょう。

 

外観がキレイだと気持ちが良いですし、清潔な印象でもあります。

 

新築してしばらくはキレイですが、数年経過すると少しずつ外壁の汚れや傷みが気になってきます。

 

家の一番外側にある外壁は、風雨や紫外線の影響でどうしても劣化が進みます。

 

具体的な例をあげるなら、「色あせ」「カビ」「藻」などが劣化が始まっている状態です。

 

家の見た目が悪くなると、住んでいるあなたも暗い気分になるのではないかと思います。

 

外壁塗装をおこなうと、これら悪しき原因は取り除かれます。

 

気分が明るくなり、新築当時のような気持ちの良い毎日が過ごせるでしょう。

建物の劣化を防げる

外壁塗装をおこなうことは、建物の劣化を防ぐ効果があります。

 

外壁が劣化すると、雨などの湿気が建物の内部へ侵入してダメージを与えます。

 

建物内部の素材が木材なら、腐食して「シロアリ」が発生するかもしれません。

 

あるいは、金属部分には「サビ」が出て接合部分に深刻な影響を及ぼします。

 

建物素材の劣化は、快適な住環境を少しずつ奪ってしまいます。

 

具体的には、「遮音性」や「断熱性」などがあげられます。

 

雨の多い時期なら、ジメジメ感に悩まされる日が増えることでしょう。

 

劣化状況によっては、「雨漏り」などのリスクも考えられます。

 

外壁塗装は建物の外観だけをキレイにするようなイメージが強いですが、じつは快適な住空間を維持するうえでとても重要な働きをしているのです。

気分が変わる

外壁塗装をおこなうことで、気分を変えることができます。

 

例えるなら、お気に入りの服に着替えたような感覚です。

 

あなたは新しい服を身に着けた時、どんな気分になりますか?

 

きっと、明るく、楽しい気持ちになるでしょう。

 

気持ちも前向きになり、いつもより積極的になれるはずです。

 

外壁塗装には、新しい服を身に着けた時と同じような効果があります。

 

家は、あなたの一番近くにある存在であり、安心できる場所でもあります。

 

汚れや傷みが目立つ家にいるよりずっと、きれいな外観の家にいた方が気分が良いはずです。

 

10年または15年ごとに外壁塗装をおこなうことで、「あなたらしさ」を維持し続けることができるのです。

外壁塗装をするデメリット

 

どんなことでも同じですが、良い面ばかりというわけにはいきません。

 

外壁塗装をおこなうについても、以下のようなデメリットがあります。

費用がかかる

外壁塗装工事には、高額な費用が発生します。

 

外壁塗装で100万円程度、屋根塗装も一緒におこなえば150万円から200万円程度かかるのが普通です。

 

また、家の形状や劣化状態によっても費用は変わります。

 

塗料にもさまざまな種類があり、高いものは一般的な塗料の5倍以上の価格です。

 

とはいえ、住宅全体のリフォームと比べれば費用はかなり抑えられます。

 

いちど施工すれば10年程度は安心ですので、メンテナンス費用としては安価な方です。

 

とはいえ、工事にあたってはたくさんのお金が必要になります。

 

しっかりと予算を立て、計画的に工事を進める必要があります。

業者探しが面倒

外壁塗装をおこなうには、塗装業者を探さなければいけません。

 

しかし、よく利用するコンビニやネット通販などとは違い、どの業者に頼めば良いのか迷うと思います。

 

私は仕事上で多くの業者さんとつながりがありますが、一般の方でおすすめの塗装会社を知る人は少ないはずです。

 

しかも、塗装業者のなかには「悪徳業者」がいることも確かです。

 

「ネットで見かけた業者に頼んだら、見積もり金額以上の請求がきて驚いた」

 

そんな事例も少なくはありません。

 

理由としては、外壁塗装費用の相場がわかりにくいことが一つです。

 

塗料の種類ならある程度わかりますが、劣化状態によって必要な工事にどれくらいかかるのか?一般の方には理解できません。

 

そこに付け込んでくるのが「悪徳業者」であり、追加費用の名目で高い請求額を上げてくるわけです。

 

施工品質やアフターサービス、保証といった安心できる条件を備えた業者を探すことで、これらの問題は解決できます。

 

そして、品質と価格、そして安心を提供してくれるのが「外壁塗装一括見積もりサービス」です。

 

このサービスはネット上で最適な塗装業者を複数紹介してもらい、見積もり金額を比較したうえで外壁工事を発注するというシステムです。

 

複数の業者で価格の比較ができるため相場が掴めますし、何より安心できる業者だけ紹介してもらえます。

 

外壁塗装の業者探しなら、一番におすすめしたいサービスです。

メンテナンスにお金がかかる

外壁塗装をおこなうと、10年または15年後には再塗装のタイミングとなります。

 

住宅の修復費用としては安価な方ですが、一定期間ごとにメンテナンス費用がかかってしまいます。

 

もちろん、いちど外壁塗装をおこなっただけで二回目は施工しないという場合もあります。

 

しかし、外壁塗装を施工した方は工事の重要性を理解しているため、外壁の劣化を見過ごすわけにはいかなくなるのです。

 

もちろん、持ち家に住む以上は外壁だけでなく他にも修繕が必要なタイミングがきます。

 

たとえば、キッチンやお風呂、トイレだって古くなれば水漏れなどのトラブルは避けられません。

 

外壁塗装は効果を実感しにくいですが、家を外側から守ってくれる大切な工事です。

 

外壁塗装の重要性を知ってしまったら、定期検査と適切な工事は避けられなくなります。

外壁塗装をしないメリット

 

外壁塗装をしない場合にも、以下のようなメリットがあります。

費用が節約できる

外壁塗装をおこなわなければ、リフォーム工事に必要な費用はおさえられます。

 

外壁塗装は100万円くらいかかるため、節約すれば軽自動車だって購入できます。

 

また、外壁工事中は窓やドアの開閉が制限されるため、日常生活で不便に感じる場面が多々あります。

 

しかし、外壁塗装をおこなわなければ平穏な生活を送ることが出来ます。

 

将来発生するかもしれないリスクに備えるより、他にお金をかけたいなら外壁塗装をおこなわない選択肢もありです。

自然な風合いが楽しめる

外壁塗装をおこなわず、経年劣化を楽しむという方法があります。

 

とくに「木」や「レンガ」を使った外壁なら、色を塗って新しくするより質感を生かすという保存も効果的です。

 

もちろん、内部への浸水といった深刻な劣化には対応する必要がありますが、全面的な外壁塗装をおこなうより安価であることは間違いありません。

 

あくまで外壁材の種類によっていえることですが、高額な補修工事をしなくても家を維持していく方法はあるということです。

外壁塗装をしないデメリット

 

外壁塗装をしない場合には、以下のようなデメリットがあります。

 

多くの住宅に当てはまる内容ですので、一つずつ確認していきましょう。

外観の汚れや傷みが気になる

外壁塗装をおこなわなければ、当然、外壁の劣化が進んでしまいます。

 

「色あせ」「剥がれ」「ヒビ割れ」「カビ」「苔や藻の付着」など、さまざまな劣化症状があらわれ「見た目」が悪くなります。

 

外壁の汚れや傷みは専門家でなくても確認できますので、毎日のように目にしていたら気分だって沈んでくることでしょう。

 

また、他人の目も気になってしまいます。

 

新築の時はきれいだったのに、わずか数年で黒カビやミドリの藻が生えて汚れた外壁を、あなたもきっと見たことがあるでしょう。

 

あなたの住まいが同じように劣化しているなら、他人も同じように見ているのです。

 

見た目が悪くなることは他人への引け目になり、あなた自身の気持ちさえ暗く沈ませてしまうのです。

建物の劣化が進む

外壁塗装をおこなわないと、外壁材の劣化を止めることができません。

 

風雨や紫外線に晒された外壁は少しずつ確実に劣化が進み、やがて住宅の内部にまで影響を及ぼします。

 

浸水のよる「カビ」や「シロアリ発生」で構造材の劣化が進み、金属部分は錆びて住宅構造に深刻なダメージを与えます。

 

また、外壁材が古くなると断熱性も低下します。

 

夏の暑さや、冬の寒さを防ぎ切れなくなってしまうのです。

 

さらに、外壁材の劣化は「遮音性」にも影響します。

 

静かだった室内に外の騒音が交じるようになり、やがて我慢できないほどの騒音に悩まされることだってあるのです。

 

外壁塗装は住宅の外側に施工するわけですが、快適な生活に欠かせない工事であることも知っておいてください。

資産価値が下がる

外壁塗装をおこなわないと、住宅の資産価値を維持できなくなります。

 

今は賃貸や売却の予定がなかったとしても、将来的には選択肢の一つとして考えられます。

 

外壁塗装は今の快適な生活を維持するうえで大切な工事ですが、資産価値を維持するという側面があることも知っておいてください。

 

もし、将来的に住宅の売却を考えた時、家の状態が悪ければ見込み価格より安く手放すより仕方ありません。

 

今は考えられなくても、将来的にどのようになるかは誰にもわかりません。

 

いずれにせよ、外壁塗装をおこなうことは住宅の資産価値を維持する効果がありますので、適切なタイミングでおこなうことが大切なのです。

外壁塗装がなぜ必要かについてよくある質問

 

 

外壁塗装はどのくらいの頻度で行うべきですか?

外壁塗装の頻度は、使用する塗料や外壁材、気候条件などによって異なりますが、一般的には10年~15年に1回程度が目安です。
外壁の劣化状況を定期的にチェックし、必要に応じて塗り替えを行うことが大切です。

外壁塗装の費用はどのように決まりますか?

外壁塗装の費用は、塗装面積や塗料の種類、施工方法や業者の選定などによって決まります。
平均的な工事費用は40坪住宅で100万円~180万円程度ですが、見積もりを取ることで正確な費用を知ることができます。

外壁塗装をするとどんなメリットがありますか?

外壁塗装をすると、お住まいの美観を維持し、建物を自然環境から守ることができます。
また、お住まいのイメージを変えたり、防水性や遮熱性などの機能性も高めることができます。
さらに、建物の寿命を延ばし、資産価値を高めることも期待できます。

外壁塗装はなぜ必要?住まいの美しさと耐久性だけじゃない理由を紹介!まとめ

外壁塗装がなぜ必要なのかについて紹介しました。

 

外壁塗装は、住まいの美しさと耐久性を守るために重要な工事ですが、費用や施工業者の選定、塗装のメンテナンスなどに注意が必要です。

 

また、外壁塗装をしない場合も費用の節約や自然な風合いなどのメリットがありますが、美観の低下や建物の損傷などのデメリットもあります。

 

外壁塗装をするかしないかは、外壁の状態や予算に応じて判断することが大切です。

外壁塗装

外壁塗装