外壁塗装に適した時期はいつ?気温や湿度が影響する季節ごとのメリット・デメリットを徹底解説!

この記事では、外壁塗装のタイミングとして適切な時期を紹介します。

 

外壁・屋根塗装のタイミングは、完成後10年~20年が目安です。

 

しかし、実は外壁塗装が必要な理由は他にもあります。

 

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

外壁塗装のタイミングは10年が目安

 

外壁塗装のタイミングとしては、一般的に15から20年といわれています。

 

しかし、家を美しく、長持ちさせるためにも少し短い期間で考えておくことも大事です。

 

なぜなら、外壁材の種類や立地条件によって同じではないからです。

 

具体的には、以下のような条件で外壁塗装のタイミングは変わります。

塗料の種類と質
外壁や屋根材の種類と質
建物の立地や環境
天候や気温の変化
汚れ、カビ、コケの有無
ひび割れや剥がれなどの経年劣化

これらの要因によって、外壁や屋根の塗装が必要かどうかが決まります。

 

そのため、築年数だけで判断するのではなく、定期的に目視点検を行うことが大切です。

 

また、外壁点検を行う際には、ほかにも注意すべきポイントがあります。

 

具体的には、以下のような兆候が見られたら、外壁や屋根の塗装を検討すべきです。

色あせやくすみが目立つ

外壁塗装をする目安として、色あせやくすみが目立つ場合は、外壁の塗料の防水性能が低下している可能性が高いです。

 

色あせやくすみの症状としては、以下のようなものがあります。

  • 外壁の色が薄くなったり、白っぽくなったりする。
  • 外壁の色が変わったり、汚れが落ちにくくなったりする。
  • 外壁の表面に手を触れると、白い粉が付着する。
  • 外壁の各面の色の違いが大きくなる。

 

外壁塗装のタイミングを逃すと、以下のようなデメリットがあります。

  • 建物の外観が悪くなり、資産価値が下がる可能性があります。
  • 塗膜が劣化し、外壁材に水分が浸透している可能性があります。

汚れやカビ、コケが付着している

外壁塗装をする目安として、汚れやカビ、コケが付着している場合は、外壁の美観や耐久性が低下している可能性が高いです。

 

汚れやカビ、コケの症状としては、以下のようなものがあります。

  • 外壁の色がくすんだり、黒ずんだりする。
  • 外壁に緑色や黒色の斑点やふわふわしたものが見られる。
  • 外壁に触るとぬめっとした感触がある。
  • 外壁にひび割れや剥がれが発生する。

 

汚れやカビ、コケは、外壁の塗膜の劣化や水分の浸透によって発生しやすくなります。

 

また、日当たりや風通しが悪い場所や、川や森などの自然環境に近い場所では、カビやコケの胞子が飛んできて付着しやすくなります。

 

汚れやカビ、コケを放置すると、外壁の劣化が進行し、雨漏りや断熱性の低下などのトラブルにつながる可能性があります。

 

 また、カビやコケの菌が室内に侵入すると、アレルギーや呼吸器の症状を引き起こすリスクもあるため注意が必要です。

 

汚れやカビ、コケが発生した場合は、早めに対処することがおすすめです。

 

対処方法としては、自分で洗浄するか、外壁塗装業者に依頼するかの二択があります。

 

自分で洗浄する場合は、高圧洗浄機や洗浄剤を用意して、外壁の汚れを落とします。

 

 ただし、高所や外壁全体に汚れが広がっている場合は、危険や効果が低い可能性があるので、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

 

外壁塗装業者に依頼する場合は、高圧洗浄やバイオ洗浄などの専用の洗浄方法で、外壁の汚れやカビ、コケを除去します。

 

 また、外壁の塗り替えも行うことで、外壁の美観や耐久性を回復させることができます。

 

外壁塗装のタイミングを逃すと、以下のようなデメリットがあります。

  • 建物の外観が悪化し、資産価値が低下する可能性があります。
  • カビやコケによりアレルギー症状を引き起こす可能性があります。
  • 塗膜が劣化し、外装材に湿気が侵入する可能性があります。

外壁の汚れやカビ、コケは、外壁の劣化のサインとも言えます。

 

 

外壁の状態を定期的にチェックして、早めに対策を取ることが大切です。

ひび割れや剥がれがある

外壁塗装をする目安として、ひび割れや剥がれがある場合は、外壁の防水性能や耐久性が低下している可能性が高いです。

 

ひび割れや剥がれの症状としては、以下のようなものがあります。

  • 外壁の表面に細かい亀裂が入っている。
  • 外壁の塗膜が浮いていたり、剥がれていたりする。
  • 外壁の色が変色したり、汚れが落ちにくくなったりする。
  • 外壁に触るとぬめっとした感触がある。
  • 外壁にひび割れや剥がれがある部分から水が滲んでくる。

 

ひび割れや剥がれは、外壁の塗膜の劣化や水分の浸透によって発生しやすくなります。

 

また、施工不良や地震などの外的要因によっても発生する可能性があります。

 

ひび割れや剥がれを放置すると、外壁の劣化が進行し、雨漏りや断熱性の低下などのトラブルにつながる可能性があります。

 

 また、外壁の美観も損なわれることで、住宅の価値も下がる可能性があります。

 

ひび割れや剥がれが発生した場合は、早めに対処することがおすすめです。

 

対処方法としては、自分で補修するか、外壁塗装業者に依頼するかの二択があります。

 

自分で補修する場合は、ひび割れや剥がれの程度に応じて、チョーク補修、スプレー補修、シーリング補修などの方法があります。

 

ただし、高所や外壁全体にひび割れや剥がれが広がっている場合は、危険や効果が低い可能性があるので、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

 

外壁塗装業者に依頼する場合は、ひび割れや剥がれの原因や範囲を調査して、適切な補修方法を提案してくれます。

 

また、外壁の塗り替えも行うことで、外壁の防水性や耐久性を回復させることができます。

 

外壁塗装のタイミングを逃すと、以下のようなデメリットがあります。

  • 建物の外観が劣化し、資産価値が低下する場合があります。
  • 塗膜が劣化し、外壁材に水分が浸透することがあります。
  • 雨漏りや結露の原因となり、内部構造や断熱材に影響を及ぼす可能性があります。

外壁のひび割れや剥がれは、外壁の劣化のサインとも言えます。

 

 

外壁の状態を定期的にチェックして、早めに対策を取ることが大切です。

雨漏りや結露の発生

外壁塗装をする目安として、雨漏りや結露の発生がある場合は、外壁の防水性能や耐久性が低下している可能性が高いです。

 

雨漏りや結露の症状としては、以下のようなものがあります。

  • 外壁のひび割れや破損から雨水が侵入して、天井や壁に水滴やシミができる。
  • 外壁の塗装やコーキングが劣化して、外壁の隙間から雨水が浸入する。
  • 外壁の開口部(窓や扉など)のコーキングが劣化して、開口部周辺から雨水が漏れる。
  • 外壁の温度が低く、室内の湿気が外壁に触れて結露する。
  • 結露した水分がカビやコケの発生を促進し、外壁の美観や健康に影響する。

外壁塗装のタイミングを逃すと、以下のようなデメリットがあります。

  • 内部構造や断熱材に影響を与え、腐食やカビの原因となります。
  • 室内温度の低下と湿度の上昇により、快適性とエネルギー効率を低下させる可能性があります。
  • シロアリの発生や被害につながる可能性があります。

雨漏りや結露は、外壁の美観だけでなく、建物の構造や室内環境にも悪影響を及ぼします。

 

 

早めに対処することがおすすめです。

防水性や断熱性の低下

外壁塗装をする目安として、防水性や断熱性の低下がある場合は、外壁の機能や寿命が低下している可能性が高いです。

 

防水性や断熱性の低下の症状としては、以下のようなものがあります。

外壁の色が変色したり、チョーキング現象が起きたりする。
外壁にひび割れや剥がれが発生する。
外壁のコーキングが割れたり、はがれたりする。
外壁の温度が低く、室内の湿気が外壁に触れて結露する。
結露した水分がカビやコケの発生を促進し、外壁の美観や健康に影響する。

 

防水性や断熱性の低下は、外壁の美観だけでなく、建物の構造や室内環境にも悪影響を及ぼします。

 

早めに対処することがおすすめです。

 

対処方法としては、外壁塗装業者に依頼して、外壁の洗浄や補修、塗り替えを行うことが一般的です。

 

また、防水性や断熱性に特化した塗料や外壁材を使用することで、外壁の機能や寿命を向上させることができます。

 

外壁塗装のタイミングを逃すと、以下のようなデメリットがあります。

  • 雨漏りや結露が発生し、内部構造や断熱性に影響を及ぼすおそれがあります。
  • 室内温度の低下や湿度の上昇により、快適性やエネルギー効率が低下する可能性があります。
  • 外壁材自体の寿命を縮める可能性があります。

外壁の防水性や断熱性は、外壁の劣化のサインとも言えます。

 

外壁の状態を定期的にチェックして、早めに対策を取ることが大切です。

外壁塗装のタイミングとして良い季節

外壁塗装をおこなうタイミングとしては、季節も重要な条件です。

 

一般的には、気温や湿度が穏やかな春から秋にかけてが適していると言われています。

 

それぞれの季節のメリットとデメリットを見てみましょう。

春に外壁塗装をおこなう場合

メリット

  • 気温が上昇し、塗料の乾燥が早くなります。
  • 湿度も適度で、塗料の密着性や耐久性が高まります。
  • 日照時間も長く、工事期間を短縮できます。

デメリット

  • 春雨前線により雨が降る可能性があります。
  • 花粉や黄砂などの飛散物が塗料に混入する可能性があります。
  • 業者の予約が取りにくく、金額が高くなる可能性があります。(この時期は需要が高いため)

夏に外壁塗装をおこなう場合

メリット

  • 日照時間が長く、塗料の乾燥が早くなります。
  • 業者の予約が取りやすく、金額が安くなる可能性があります。(この時期は梅雨を避ける人が多いため)

デメリット

  • 気温が高すぎると塗料が焼けたり、劣化したりする可能性があります。
  • 梅雨や台風などの雨天が多い可能性があります。
  • ゲリラ豪雨などの突発的な雨により工事が中断される可能性があります。
  • 工事中は窓を開けられないため、エアコン代がかかる可能性があります。

秋に外壁塗装をおこなう場合

メリット

  • 気温と湿度が適度で、塗料の乾燥も良好です。
  • 日照時間も長く、工事期間を短縮できます。

デメリット

  • 秋雨前線や台風により雨が降る可能性があります。
  • 落ち葉や虫などの飛散物が塗料に混入する可能性があります。
  • 業者の予約が取りにくく、金額が高くなる可能性があります。(この時期は需要が高いため)

冬に外壁塗装をおこなう場合

メリット

  • 湿度が低く、塗料の乾燥が早くなります。(降雪地域以外)
  • 業者の予約が取りやすく、金額が安くなる可能性があります。(この時期は需要が低いため)

デメリット
気温が低く、塗料の乾燥が遅くなります。
凍結や降雪の影響で工事が中断される可能性があります。
早朝に露や霜が降りる可能性があります。

以上のように、季節によって外壁塗装や屋根塗装にはメリットとデメリットがあります。

 

しかし、これらはあくまでも目安であり、実際には地域や気象条件によって異なります。

 

最適な時期を見極めるためにも、専門家に相談することをおすすめします。

外壁塗装のタイミングについてよくある質問

 

外壁塗装に適した時期や季節はいつですか?

気温や湿度が安定している春か秋です。

 

梅雨や冬に外壁塗装をすることはできますか?

可能ですが、工期が延びたり、塗料の性能が低下する可能性があります。
メリットとしては、費用が安く済む可能性があることです。

 

外壁塗装の時期を決める際に注意すべきことはありますか?

外壁の劣化状況や、あなた自身のスケジュールなどを考慮することです。
また、早めに塗装工事を行うことが建物の耐久性を保つためには重要です。ここに回答を入力

外壁塗装に適した時期はいつ?気温や湿度が影響する季節ごとのメリット・デメリットを徹底解説!まとめ

外壁塗装のタイミングや時期について紹介しました。

 

外壁塗装や屋根塗装は、築年数や季節によって最適なタイミングが変わります。

 

いずれにしても、専門家に相談して最適なプランを立ててもらうことが大切です。

 

外壁塗装の専門家を探すには、無料の「外壁塗装一括見積もり比較サービス」を利用してみてください。

 

同時に複数の業者から見積もり金額を提示してもらえるので、外壁塗装の相場感がわかります。

 

見積もりのみで必ず契約する必要はありませんので、見積もり比較に使ってみるのが良いでしょう。

外壁塗装

外壁塗装