外壁塗装するお金がないときに知っておきたい補助金や火災保険の活用法や注意点を解説!

この記事では、外壁塗装するお金がない場合にどのようにして資金を捻出するのか解説します。

 

外壁工事には高額な費用がかかるため、お金がないために工事できないと悩んでいる方も多いと思います。

 

外壁塗装にかかる相場は100万円以上かかりますので、できるだけ安く抑えたいですよね?

 

今回この記事では、お金がなくても外壁工事ができる方法をご紹介します。

 

外壁塗装の必要性や費用を安くおさえる方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

目次

外壁塗装のお金がないけど費用相場を知りたい!

 

「外壁塗装をするお金がないけれど、どれくらいの費用相場なのか知りたい」という方は多いと思います。

 

外壁塗装の費用は、家の大きさや塗料の種類、業者の料金設定などによって変わりますが、一般的な相場は以下の表のようになっています。

 

延べ床面積(坪) 外壁塗装費用(万円)
30 70~90
40 90~120
50 120~150

 

これらの費用には、外壁だけでなく屋根や付帯部分(雨どいや破風など)の塗装も含まれています。

 

また、塗料の種類によって費用は変わりますので、見積もりの段階で業者に確認をとることをおすすめします。

  • アクリル系塗料は、安価で施工しやすいが耐久性が低い
  • ウレタン系塗料は、耐久性や防水性が高いが価格が高い
  • シリコン系塗料は、耐久性や防汚性が高く色あせしにくいが価格が高い
  • フッ素系塗料は、最高級の耐久性や防汚性を持つが価格が非常に高い

このように、塗料は種類ごとに特徴があり、メリットやデメリットもあります。

 

あなたの家に合った塗料を選ぶことで、費用と品質のバランスを取ることができます。

 

また、業者の料金設定も費用に影響します。

 

外壁塗装にかかる料金は、業者によって大きくことなるからです。

 

複数の業者(3社以上)から見積もりを取って比較することが大切です。

外壁塗装のお金がないときに検討する方法

 

外壁塗装をするお金がない場合、費用の一部を出してもらえる方法を調べてみてはいかがでしょうか?

 

じつは、補助金や火災保険を活用することで、外壁塗装の費用をおさえることができる場合があります。

補助金を活用する

外壁塗装のお金がない場合、自治体が拠出する補助金を活用できる場合があります。

 

外壁塗装に利用できる補助金とは、国や自治体などの公的機関が、住宅の改修や省エネ化などを促進するために支給するお金です。

 

補助金を受けるためには、事前に申請や相談を行う必要があります。

 

ただし、補助金の種類や条件は地域や年度によってことなりますので、利用する際には必ず確認をとってください。

 

補助金を利用するメリットとしては、以下のようなポイントがあげられます。

  • 外壁塗装の費用の一部を補助してもらえる
  • 補助金対象の工事を行うことで品質や安全性が担保される
  • 補助金対象の工事を行うことで家の価値や省エネ性能が向上する

このように、補助金を活用するには、さまざまな条件を満たさなければいけません。

 

その結果、費用面だけでなく品質面や環境にも配慮した外壁工事をおこなうことができるのです。

火災保険が使える場合がある

外壁塗装をするお金がないときに、調べてみて欲しいのが「火災保険」です。

 

火災保険とは、火災や自然災害などによって家や家財が損害を受けた場合に、その修理費用や再建費用などを補償してくれる保険です。

 

火災保険には以下のような種類があります。

 

  • 建物保険:家の外壁や屋根などの建物部分を補償する保険
  • 家財保険:家具や家電などの動産部分を補償する保険
  • 費用保険:火災や災害によって発生する様々な費用(仮住まい費用や片付け費用など)を補償する保険

 

これらの火災保険は、それぞれ単独で加入することもできますが、一般的には建物保険と家財保険をセットで加入することが多いです。

 

また、火災保険には以下のような特徴があります。

 

  • 火災だけでなく、風災(台風や竜巻)、水災(豪雨や洪水)、雪災(豪雪や雪崩)などの自然災害も補償対象となる
  • 地震による損害は、別途地震保険に加入しないと補償されない
  • 火災保険の補償額は、契約時に決めた金額(保険金額)であって、実際の損害額とは関係ない
  • 火災保険の支払い方法は、一括払いか分割払いかを選ぶことができる
  • 火災保険の契約期間は、1年から10年まで自由に選ぶことができる

 

火災保険は、家を所有する人にとって必要不可欠な保険です。

 

しかし、火災保険の内容や条件は、契約する会社やプランによってことなりますので、実際の契約内容を確認してみてください。

リフォームローンを検討する

外壁塗装にはリフォームローンを利用することができます。

 

リフォームローンとは、リフォームのために組むローンで、工事代金を分割払いすることができます。

 

リフォームローンには、銀行系のローンと信販系のローンがあります。

 

銀行系のローンは金利が低いですが、審査が厳しく時間がかかります。

 

信販系のローンは審査が緩やかでスピーディですが、金利が高いです。

 

リフォームローンを利用するメリットは、まとまったお金がなくても外壁塗装を行うことができることや、適切な時期に修繕ができることです。

 

デメリットは、金利の分だけ余分な負担が増えるため、返済計画を立てる必要があることです。

 

リフォームローンを利用する場合には、自分の家計やライフプランに合わせて、金融機関やローンの種類を選ぶことが大切です。

 

また、リフォームローンには減税(控除)の対象になる場合もありますので、確認しておくとよいでしょう。

相見積もりで安い業者に依頼する

外壁塗装一括見積もりサイトを活用すると、複数の業者から見積もりを取ることができます。

 

その中から、自分の条件に合った業者を選ぶことで、相場より安く工事することが可能です。

 

ただし、業者の選び方には注意が必要です。 

 

あまりにも安い業者は、品質やサービスに問題がある可能性があります。

 

また、一括見積もりサイトにも、信頼性や特徴が異なります。

 

おすすめの一括見積もりサイトは、以下のようなものです。

 

ハピすむ外壁塗装:全国1000社以上のリフォーム事業者から、お近くの地域でご希望に合う優良事業者を最大3社まで紹介してもらえます。有資格のプロオペレーターがお客様のご希望を細かくヒアリングし、最適なリフォーム事業者を紹介してくれるので安心です。

 

ぬりマッチ:毎月数十社以上が新規加盟し続けている、信頼と人気を誇る紹介サービスです。外壁塗装のコラムや成功ガイドなど、役立つ情報が満載です。

 

いえぬり:優秀な職人が在籍している全国の優良業者の複数社から見積もりが取れるサイトです。

 

以上のサイトを参考にして、外壁塗装一括見積もりサイトを活用してみてください。

地域密着型の塗装業者が安い場合もある

一般的には、地域密着型の塗装会社に見積もり依頼すると、大手塗装会社よりも安くなる可能性があります。

 

地域密着型の塗装会社のメリットは、以下のような点が挙げられます。

 

  • 広告費や人件費などの経費が少ないため、工事費用を抑えられる
  • 下請けや孫請けに外注せず、自社の職人で一貫して施工できる
  • 地域の気候や環境に合った塗装材料や方法を提案できる
  • 近くにあるため、出張費や対応時間が短縮できる
  • 顔見知りの関係や口コミで信頼できる

 

ただし、地域密着型の塗装会社に見積もり依頼する場合は、以下のような点に注意する必要があります。

 

  • 見積書の内容が詳細に記載されているか確認する
  • 塗料の種類や塗り回数、保証期間などを明確にする
  • 複数の業者と相見積もりを行って比較する
  • 助成金や補助金の有無を調べる

 

外壁塗装の見積もりは、家の状態や工事内容によっても大きく変わります。

 

実際の見積もり金額を知るには、現地調査をしてもらう必要があります。

 

もし、見積もり依頼をするなら、外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】の相見積もりサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】は、専属のアドバイザーがあなたの希望や条件に合った塗装業者を無料で紹介してくれるサービスです。

 

また、助成金や補助金の情報共有や、外壁塗装の適正価格の診断ツールも無料で利用できます。

外壁塗装のお金がない人に多い失敗事例

外壁塗装は家の寿命を延ばすために必要な工事ですが、高額な費用がかかるため、お金がないときには節約したいと思うかもしれません。

 

しかし、節約方法にも注意が必要です。

 

やってはいけない節約方法としては、以下のようなものがあります。

相見積もりでさらに値切る

相見積もりは費用を比較するために有効な方法ですが、安い業者に決めた後でさらに値切るのはマナー違反です。

 

値切りすぎると、業者は必要な工程や材料を省いてしまう可能性があり、工事の品質が低下します。

 

格安業者にお願いする

外壁塗装の費用は業者によって大きく異なりますが、あまりにも安すぎる業者は信用できません。

 

格安業者は手抜き工事や悪徳商法を行うことが多く、最終的には追加費用が発生したり、工事が不完全だったりする恐れがあります。

工事の工程をはぶく

外壁塗装には、高圧洗浄、下地処理、下塗り、中塗り、上塗りなどの工程があります。

 

これらの工程はすべて外壁の耐久性や美観に影響するため、省略することはできません。

 

工程をはぶくと、塗膜が剥がれたり、ひび割れたりする可能性が高くなります。

低品質のものを使う

外壁塗装に使われる塗料や足場などの材料には、さまざまなグレードや種類があります。

 

予算が少ないからといって、低品質のものを使うのはおすすめできません。

 

低品質のものは、塗料の寿命が短かったり、色あせや汚れが目立ったり、足場が不安定だったりすることがあります。

部分的な補修にとどめる

外壁塗装は、外壁全体を一度に塗り替えるのが基本です。

 

部分的な補修は、一時的な対処にはなりますが、根本的な解決にはなりません。

 

部分的な補修を繰り返すと、外壁の色や質感がバラバラになり、見た目が悪くなります。

 

また、部分的な補修では、隠れた劣化を見逃す可能性があります。

外壁塗装のお金がないという方からよくある質問と解答

 

 

外壁塗装にはどれくらいの費用がかかるのですか?

外壁塗装の費用は、家の大きさや塗料の種類、工事の内容などによって異なりますが、一般的には70万円から150万円程度が相場です。
詳しい見積もりは、複数の業者に依頼して比較することをおすすめします。

 

「外壁塗装一括見積比較サービス」を利用すると、一度に3~5社の見積もり金額を取り寄せることができるので便利です。

 

お金がなくても外壁塗装をする方法はありませんか?

お金がなくても外壁塗装をする方法としては、以下のようなものがあります。

  • ローンを利用する:銀行や信販会社などから低金利で借り入れることができます。ただし、返済能力や審査に注意しましょう。
  • 補助金や助成金を受ける:市町村や国などの公的機関が、住宅の改修や省エネ化などを目的として支給するお金です。条件や申請方法は各制度によって異なります。
  • 火災保険を使う:火災や自然災害などによって外壁が損傷した場合に、保険金を受け取ることができます。ただし、保険会社との契約内容や認定基準に注意しましょう。

 

外壁塗装を安くするコツはありませんか?

外壁塗装を安く済ませるコツとしては、以下のようなものがあります。

  • 相見積もりをとる:複数の業者から見積もりを取得して比較することで、適正価格や安い業者を見つけることができます。ただし、値切り交渉はマナー違反です。
  • 塗料や工法を選ぶ:塗料や工法によっても費用が変わります。耐久性や品質に合わせて自分の家に最適なものを選びましょう。
  • 工事時期を考える:工事の需要が低い時期(冬場や雨季など)に工事をすることで、割引やキャンペーンなどの特典を受けることができます。ただし、天候や施工環境に注意しましょう。

外壁塗装のお金が無いけど、塗装をしないで放置するとどうなる?

 

外壁塗装をするお金がないから、外壁塗装をしないで放置するという選択肢もあります。

 

しかし、長年にわたって厳しい自然環境にさらされると、外壁材は徐々に劣化していきます。

 

そして、劣化した外壁は「見た目」が悪くなるだけでなく、家の中に水が入ってきたり、シロアリが発生したりする原因にもなります。

 

そのため、定期的に外壁塗装を行って、外壁の機能を回復させる必要があるのです。

 

具体的に、以下のような症状があらわれたときは、外壁塗装や補修をおこなうタイミングであるといえます。

塗膜のひび割れや剥離

塗膜とは、外壁に塗られた塗料の層のことです。

 

塗膜は紫外線や風雨によって劣化していき、やがて柔軟性を失ってひび割れたり剥離したりします 。

 

そして、ひび割れや剥離した箇所からは雨水が浸入して、内部の木材や金属部分が腐食したり錆びたりするのです。

 

また、雨水が内部に溜まるとカビやシロアリの発生条件にもなります 。

 

カビは健康に害を及ぼしますし、シロアリの食害は家屋に深刻な被害をもたらします。

 

20年間もメンテナンスせずに放置された外壁材は、表面の塗膜が劣化して水分を含み、反りやひび割れなどが起こって落下する危険性があります。

 

このように、塗膜のひび割れや剥離は、外壁の寿命を縮めるだけでなく、家の安全性や健康にも影響を与える重大な問題です。

 

塗膜の劣化は、外壁塗装の目安となる10年~15年を超えると発生しやすくなります 。

 

そのため、外壁塗装を20年もしていない場合は、早急に塗り替える必要があります。

色あせやチョーキング

色あせとは、塗膜の色が薄くなっていく現象のことです。

 

太陽からの紫外線による影響で塗装の色が薄くなっている状態です。

 

チョーキングとは、塗膜が粉状になって手につく現象のことをいいます。

 

これらの現象は、紫外線や風雨によって塗料に含まれる顔料が劣化することで起こります 。

 

防水性が低下すると、外壁が雨水を含んでコケや藻が発生しやすくなります 。

 

色あせやチョーキングは外壁塗装の初期劣化症状として現れ、長期的に放置すると外壁から水が浸入するおそれがあります。

 

色あせやチョーキングは、見た目が悪くなるだけでなく、塗膜の防水性が低下している状態です 。

 

外壁の劣化サインは5年~8年で発生することが多いため、外壁塗装をせずに20年も経過している場合は、すでに防水性が低下している可能性が高いです。

外壁材のひび割れや反り

外壁材自体も、長年にわたって外部の環境にさらされると劣化していきます。

 

とくにモルタルやタイルなどの硬質な材料は、温度変化や地震などで収縮や伸張を繰り返すことでひび割れや反りを起こしやすくなります 。

 

ひび割れや反りが起こると、外壁材から雨水が浸入しやすくなります 。

 

また、外壁材自体が落下する危険性もあります 。

 

修繕方法の一つとして、モルタル壁に下地処理を行い、アルミ製のサイディングを設置する施工方法があります。

 

しかし、 モルタル壁をサイディングにする場合、モルタル壁のひび割れや反りがあると、サイディングの取り付けができない場合があります。

 

そのため、下地処理でモルタル壁の補修や平滑化を行う必要がでてくるため、外壁塗装だけでは解決できない場合があります。

 

また、外壁材の交換や補修が必要になると、費用も工期も増えることになります 。

 

普段から定期的にメンテナンスをおこなうとともに、適切な時期に修繕をおこなうことが大切です。

外壁塗装みんなやってる?10年経過したら要注意は嘘?

 

外壁塗装のお金がないからといって、いつまでも対策しないでいると全面的なリフォームが必要になります。

 

まずは、「外壁塗装はいつするべきなのか?」という疑問にお答えします。

 

一般的には、新築(改築)から10年~15年程度で外壁塗装をすることが推奨されています。

 

もちろん、家の状態や環境によって変わりますが、この期間を過ぎると外壁の劣化が進みやすくなるためです。

 

たとえば、以下のような症状が見られたら、外壁塗装を検討するサインです。

  • 外壁の色あせや汚れが目立つ
  • 外壁にひび割れやカビが発生する
  • 外壁に緑色の藻が付き始めた
  • 外壁から水が浸入して内部に湿気やカビが発生する
  • 外壁のコーキング(隙間を埋める材料)が劣化して剥がれる

これらの症状は、見た目だけでなく家の機能性や耐久性にも影響します。

 

このような劣化症状があらわれることで、以下のような影響があります。

  • 色あせや汚れ:太陽光の反射率を下げて家の温度を上昇させる
  • ひび割れやカビ:外壁の強度を低下させて家の寿命を縮める
  • 水の浸入:内部構造に腐食や膨張を引き起こし、シロアリが発生しやすくなる
  • コーキングの劣化:隙間から虫やネズミが侵入して家の衛生面を低下させる

このように、劣化のサインを見逃すと、大きなトラブルに発展する可能性があります。

 

また、ここで外壁工事を先お送りしてしまうと、結果的に費用が多くかかることになります。

 

メンテナンス費用をおさえるためにも、新築(改築)から10年経過したら、いちど専門家に診断してもらうことをおすすめします。

 

もちろん、10年以内であっても上記の症状が見られたら早めに対処しましょう。

外壁塗装はまだするな!適切な時期の目安とは?

 

一般的に、外壁塗装をおこなう時期の目安は、築7年から10年程度といわれています 。

 

この期間は、外壁材や塗料の種類、気候や環境などによって変わる場合もありますが、大まかな目安として参考にできます。

 

この時期になると、紫外線や風雨などの影響で外壁の色があせたり、コケやカビが発生したり、ひび割れや剥がれが見られたりするからです。

 

これらは外壁の「劣化サイン」であり、放置すると雨漏りや断熱性の低下といった問題を引き起こす可能性があります

 

そのため、この時期に外壁の状態をチェックして、必要に応じて外壁塗装を行うことがおすすめです。

 

しかし、築年数だけで外壁塗装を判断するのはまだ早いです。

 

新しい資材には防腐・防水効果があるため、塗料を上塗りしてしまうと、せっかくの性能が無駄になってしまいます。

 

以下に、外壁塗装を待つべき7つの状況を挙げますので参考にしてください。

外壁塗装を待つべき7つの状況

 

  1. 劣化症状が見られない場合
  2. 季節が適していない場合
  3. 業者に点検してもらっていない場合
  4. すでに雨漏りしている場合
  5. 業者に不安を煽るようなことをいわれた場合
  6. 「今なら安くできる」と言われた場合
  7. 塗装を勧めてきた業者の所在地がわからない場合

 

これらの状況では、外壁塗装を急ぐ必要はありません。

 

むしろ、急いで契約したり工事したりすると、トラブルや不満が発生するリスクが高まります。

 

それぞれの状況について詳しく見ていきましょう。

劣化症状が見られない場合

劣化症状が見られない場合は、外壁塗装はまだ必要ではありません。

 

外壁は日々ダメージを受けていますが、それでも一定期間は耐えられるように設計されています。

 

そのため、目安時期になっても外壁に問題がなければ、無理に塗り替える必要はありません。

 

具体的には、以下のような劣化症状が見られなければ、外壁塗装を検討する必要はないです。

外壁の色が褪せたり、変色したりしている場合。
紫外線や熱によって塗料が分解して劣化している証拠です。

外壁に触ると白い粉が手に付く場合。
チョーキングと呼ばれる現象で、塗料の顔料が粉状になって表面に浮いている状態です。

外壁にひび割れが見られる場合。
ひび割れは、塗膜の経年劣化や地震などの振動によって起こります。
ひび割れから雨水が侵入すると、外壁材や下地に悪影響を及ぼす恐れがあります。

外壁の塗膜が浮いたり、剥がれたりしている場合。
塗膜の密着性が低下して劣化していることを示します。
塗膜が剥がれると、外壁の防水性や耐久性が失われます。

外壁にコケや藻が発生している場合。
外壁の水分や汚染物質によってコケや藻が繁殖していることを意味します。
コケや藻は外壁の見た目を損なうだけでなく、塗膜を傷めたり、カビやシロアリの原因になったりする可能性があります。

 

以上のような劣化症状が見られたら、外壁塗装を検討するタイミングかもしれません。

 

外壁塗装は高額な工事ですから、必要以上に繰り返すとコストがかさみます。

 

また、塗り替えることで外壁の厚みが増えてしまい、重量が増加したり、通気性が悪くなったりすることもあります。

 

その結果、外壁の劣化を早める可能性もあります。

 

劣化症状が見られない場合は、外壁塗装を待っても問題ありません。

季節が適していない場合

季節が適していない場合も、外壁塗装を待つべきです。

 

外壁塗装は気温や湿度に影響されやすい工事です。

 

特に、塗料の乾燥には気候が大きく関係します。

 

一般的には、気温が5度以下や湿度が85%以上の環境では、塗料が乾燥しにくくなります 。

 

そのため、梅雨や冬などの季節は外壁塗装に向いていません。

 

梅雨の場合は雨の日が多く、工期が延びたり、塗料が流れたりする可能性があります。

 

冬の場合は気温が低く、塗料が固まらなかったり、凍結したりする可能性があります。

 

これらの場合は、施工不良や品質低下の原因となります。

 

そのため、季節が適していない場合は、外壁塗装を待っても良いでしょう。

業者に点検してもらっていない場合

業者に点検してもらっていない場合も、外壁塗装を待つべきです。

 

外壁の劣化の判断は素人では難しいです。

 

見た目ではわからない部分もありますし、自分で点検すると危険な場所もあります。

 

そのため、外壁塗装をする前には必ず業者に点検をしてもらうことが大切です。

 

塗装業者による点検とは、以下のような内容を指します。

 

外壁の劣化状況や塗装の必要性を調査する。
外壁のひび割れや剥がれ、色あせ、カビやコケなどの汚れ、雨漏りやシロアリの被害などをチェックする。

外壁の素材や構造、面積などを確認する。
外壁の種類によって塗装方法や塗料の選択が異なるため、外壁の素材や構造を把握する。
また、外壁の面積を測定して、塗装に必要な塗料量や工期を算出する。

 

点検をおこなう業者は、専門の資格を持っていることが望ましいですが、必ずしもそうとは限りません。

 

塗装業は無資格・無免許でも開業できるため、資格や免許がなくても営業している業者も存在します。

 

しかし、資格や免許を持っていることは技術や知識の証明になるため、信頼性や安心感が高まります。

 

業者に点検をしてもらうことで、外壁の状態や劣化の程度を正確に把握できます。

 

また、どのような工事が必要かや費用の見積もりも出してもらえます。

 

業者に点検をしてもらっていない場合は、まだ外壁塗装をおこなう段階ではありません。

すでに雨漏りしている場合

すでに雨漏りしている場合は、外壁塗装だけでは対処できません。

 

雨漏りは外壁だけでなく屋根や窓枠などの部分から起こる可能性がありますし、建物の内部まで水が浸入している可能性もあります 。

 

そのため、雨漏りの原因を特定し、修理や補修を行う必要があります。

 

雨漏りの修理方法は、原因や場所によって異なりますが、一般的には以下のような手順で行われます。

雨漏りの原因を特定する

 

雨漏りの箇所は、屋根、外壁、窓、ベランダ、雨樋などが考えられます。
雨漏りの原因を特定するためには、プロによる調査や散水試験などが行われます。

 

雨漏りの箇所を補修する
補修方法は、屋根材や板金の交換、コーキングや防水テープの打ち替え、防水層の張り替えなどがあります。
補修方法は、原因や箇所に応じて選択されます。

 

雨漏りの影響を修復する
雨漏りによって、天井や壁紙、床などが濡れたり汚れたりした場合は、乾燥や清掃、塗装や張り替えなどが行われます。
また、木材の腐食やシロアリ被害などが発生した場合は、部分的または全面的に交換する必要があります。

外壁塗装だけでは表面的な対処にしかならず、根本的な解決にはなりません。

 

また、雨漏りを放置するとカビやシロアリなどの発生や建物の腐食の進行などの重大な問題を引き起こす可能性があります。

 

そのため、雨漏りが発生した場合は、外壁塗装のタイミングとしては手遅れであり、リフォーム等の専門業者に相談すべきです。

業者に不安を煽るようなことを言われた場合

業者に不安を煽るようなことを言われた場合は、外壁塗装を急がない方が良いでしょう。

 

たとえば、「外壁が劣化しているからすぐに塗り替えないと大変なことになる」「他の業者には頼まない方が良い」「今日中に契約しないと値段が上がる」などの言葉を聞いたら要注意です。

 

これらの言葉は、業者が自分の利益のために、お客様を不安にさせて契約を迫ろうとしている可能性が高いです。

 

外壁塗装は慎重に検討すべき工事ですから、一方的な判断や圧力に屈しないようにしましょう。

 

業者に不安を煽るようなことを言われた場合は、他の業者にも見積もりや点検を依頼して比較検討することがおすすめです。

「今なら安くできる」と言われた場合

「今なら安くできる」と言われた場合も、外壁塗装を急ぐ必要はありません。

 

外壁塗装は高額な工事ですから、安くできるという言葉に惹かれる気持ちはわかります。

 

しかし、安さだけで判断するのは危険です。

 

安くできる理由は、品質やサービスが劣っているか、工事内容や費用が不透明か、あるいは詐欺や悪徳業者の可能性もあります 。

 

そのため、「今なら安くできる」と言われた場合は、工事内容や費用の内訳、品質や保証の条件などをしっかり確認しましょう。

 

業者から「今なら安くできる」と言われた場合、次のような対応で切り替えしてください。

「今なら安くできる」というのは、どのような理由でしょうか?
足場代や塗料代が安い時期なのでしょうか?
それとも他に工事が入っていないからでしょうか?
その理由を教えてください。

「今なら安くできる」というのは、どれくらい安くなるのでしょうか?
通常の費用相場と比べて、どのくらい割引してくれるのでしょうか?
その金額を明確に示してください。

「今なら安くできる」というのは、他の業者と比べてどうなのでしょうか?
同じ条件で見積もりを取った他の業者と比較して、どれくらい安いのでしょうか?
その差額を具体的に示してください。

以上のように、業者から「今なら安くできる」と言われた場合は、その根拠や詳細を確認することが大切です。

 

 安いからと言ってすぐに契約すると、後でトラブルになる可能性があります。

 

 安さだけではなく、品質や信頼性も重視して、慎重に選ぶことがおすすめです。

塗装を勧めてきた業者の所在地がわからない場合

塗装を勧めてきた業者の所在地がわからない場合も、外壁塗装を待つべきです。

 

外壁塗装は長期的なメンテナンスですから、工事後もアフターサービスや保証が必要です。

 

しかし、所在地がわからない業者は、工事後に連絡が取れなくなったり、責任を逃れたりする可能性があります 。

 

外壁塗装を勧めてきた業者の所在地がわからないというトラブルの事例として、以下のよう事例があります。

訪問販売で外壁塗装を契約したが、契約書に業者の住所や電話番号が記載されていなかった。
工事が始まらないまま連絡が取れなくなった。

外壁塗装の見積もりを依頼したが、業者は自社の住所や電話番号を教えてくれなかった。
見積もり書にも記載されておらず、工事の内容や費用に不明な点があっても確認できなかった。

外壁塗装の工事中に近隣から苦情が入ったが、業者は工事現場に看板や連絡先を掲示していなかった。
近隣からの問い合わせに対応できず、トラブルに発展した。

このように、外壁塗装を勧めてきた業者の所在地がわからないというトラブルは、 業者が悪質である可能性が高いです。

 

強引に売り込まれているように感じたら、遠慮せずに消費者センターや警察に相談してください。

 

また、所在地だけでなく、電話番号やホームページ、口コミや評判などもチェックするのも有効です。

外壁塗装のお金がないから、外壁塗装が必要ない家ってあるの?

外壁塗装の必要がないといわれているのが、金属系または樹脂系のサイディング外壁の家です。

 

また、レンガやタイルなども外壁塗装を必要としない外壁材です。

 

しかし、金属系・樹脂系などの外壁材であっても、施工から一定の年数が経過すると色あせ等の劣化症状が目立ってきます。

 

ここで外壁塗装をしようと思っても、施工できないところがサイディング外壁の欠点といえます。

 

色あせが目立たないうちにクリア塗装などで保護する方法はありますが、劣化状態によっては外壁材を張り替える工事が必要になります。

 

また、レンガやタイルも経年劣化が起こります。

 

とくにレンガは劣化による風合いを楽しむという見方もできますが、全体として眺めてみるとやはり古くなった印象の方が強くなります。

 

場合によっては、崩れて危険な状態になることだってあるのです。

 

外壁塗装が必要ないというセールストークで施工数は増えてきましたが、10年先、15年先を考えて外壁材を選ばなければ後悔することにもなります。

外壁塗装のお金がないから、自分でやったら安くできる?

外壁塗装のお金がないから、自分ですれば安くできると思われがちですが、必要な道具や塗料等を揃えるとなると結構な出費になります。

 

ホームセンターなどで一通りの道具は揃いますが、プロが使っているような本格的な道具は入手できません。

 

なぜなら、塗装会社には専門の業者が出入りいているため、高品質な道具や塗料が市場よりも安価で仕入れられるからです。

 

また、外壁塗装は素人でもできそうに見えますが、均一に塗装できるまでには数年かかるのが一般的です。

 

経費をかけたくない気持ちもわかりますが、仕上がりの美しさと耐久性を考えれば専門業者に頼んだ方が断然お得です。

 

DIYが趣味で何でもやってみたいという方も多いと思いますが、目立たない場所は自分で塗るとしても、外から見えるような場所はプロに任せたほうが良いでしょう。

外壁塗装するお金がないときに知っておきたい補助金や火災保険の活用法や注意点を解説!まとめ

外壁塗装のお金がなくても、補助金や火災保険を活用すれば実現可能な予算に収まる場合も少なくありません。

 

あなたがお住まいの地域で補助金が支給されていないか?この機会に調べてみると良いでしょう。

 

また、火災保険に加入中なら外壁工事で使えるものは確認してください。

 

外壁塗装は、一度やれば10年~15年はメンテナンスが不要といわれていますが、施工から一定の年数が経過すれば、どんな外壁材でも何らかの対策が必要になるのです。

 

料金が安いに越したことはありませんが、作業の品質や信頼性についてもよく調べて、あなたに合った塗装業者を選びましょう。

外壁塗装

外壁塗装