地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

サイディング外壁は塗り替え不要?サイディングも塗装が必要理由を解説!

サイディング外壁は、住宅の外観を美しく仕上げるだけでなく、耐久性や断熱性にも優れた素材です。

 

ところで、サイディング外壁は塗装が不要といわれていますが、本当にそうなのでしょうか?

 

塗装しなくて良いなら、メンテナンス費用がおさえられてお得ですよね!

 

今回この記事では、塗装不要といわれているサイディング外壁のメリットとデメリットについてまとめます。

サイディング外壁は塗装不要といわれる理由

 

サイディングとは、金属や樹脂、セメントなどで作られた板状の素材で、住宅の外壁に貼り付けて施工する資材です。

 

サイディングにはさまざまな種類がありますが、代表的なものは以下のとおりです。

 

  1. 樹脂系サイディング:ポリプロピレンやポリエステルなどの樹脂で作られたサイディングで、軽量で施工しやすいのが特徴です。
  2. セメント系サイディング:セメントや石灰石などの無機質で作られたサイディングで、耐火性や耐候性に優れています。
  3. 金属系サイディング:アルミニウムやステンレスなどの金属で作られたサイディングで、強度や耐食性に優れており、人気の外壁材です。
  4. タイル系サイディング:陶器やセラミックなどのタイルで作られたサイディングで、高級感や風合いに優れるため「こだわり」を好む方々に人気です。
  5. レンガ系サイディング:レンガや煉瓦などの素材で作られたサイディングで、重厚感や歴史性に優れており、温かい印象を与えてくれます。

 

これらのサイディング外壁は、それぞれに特徴や魅力があります。

 

そして、共通していえることは「塗装が不要といわれる理由がある」ということです。

 

その理由は以下のとおりです。

 

樹脂系サイディングは、製造工程で色を表現しているため、色あせや剥がれが少ないのが特徴です。

 

表面に特殊なコーティングを施しているものもあり、撥水や防水効果も備えています。

 

タイル系やレンガ系のサイディングは、本来塗装する必要がない素材です。

 

タイルやレンガ自体が色や模様を持っており、そのままでも美しい外観を保ちます。

 

これらのサイディング材は、塗装する必要がないといわれていますが、本当にそうでしょうか?

 

じつは、サイディング外壁にも定期的に塗装が必要な理由があります。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

サイディング外壁にも定期的な塗装が必要である理由

 

サイディング外壁は塗装不要といわれていますが、それはあくまでも理想的な状態だけです。

 

実際には、長年にわたって日光や雨風にさらされると、どんな素材でも劣化してしまいます。

 

具体的には、以下のような問題が発生する可能性があります。

 

塗膜の劣化による防水性の低下や雨漏りのリスク
サイディングは、水分や湿気を吸収すると膨張や収縮を繰り返し、塗膜が割れたりはがれたりします。
これにより、外壁の防水性が低下し、雨漏りやカビの発生などの被害が起こる可能性があります。

目地のシーリングの劣化による隙間やひび割れ
サイディングは、板状の素材を接着剤や釘で固定するため、板同士の間に目地と呼ばれる隙間ができます。
この目地には、シーリングという防水材を充填していますが、シーリングも時間とともに劣化し、隙間やひび割れが生じます。
これにより、外壁の断熱性や遮音性が低下し、害虫やネズミなどの侵入経路にもなります。

外観や資産価値の低下
サイディングは、色あせや汚れ、チョーキング(粉化)などによって外観が損なわれます。
また、塗膜やシーリングの劣化によって外壁全体が不安定になり、反りやずれなどの変形が起こる可能性もあります。
これらの状態は、住宅の美観だけでなく、資産価値や売却価格にも影響します。

 

これらの問題を防ぐためには、サイディング外壁にも定期的な塗装が必要です。

 

塗装することで、以下のようなメリットがあります。

 

  1. 塗膜を新しくすることで、外壁の防水性や耐久性を高めることができます。
  2. シーリングを補修することで、外壁の断熱性や遮音性を高める効果があります。
  3. 色や質感を変えることで、外観や雰囲気をリフレッシュすることができます。
  4. 資産価値や売却価格を向上させる効果が期待できます。

 

では、サイディング外壁の塗装はいつするべきでしょうか?

 

次の項では、塗装するタイミングと劣化症状について解説します。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

サイディング外壁の塗装をするタイミングと劣化症状

 

サイディング外壁は一般的に10年程度で塗装が必要になります。

 

しかし、これはあくまでも目安であり、塗料の種類や耐用年数によっても変わります。

 

例えば、塗料の種類によって耐用年数は以下のとおりが標準的です。

 

  1. ウレタン系塗料:耐用年数約10年
  2. アクリル系塗料:耐用年数約7年
  3. シリコン系塗料:耐用年数約15年

 

施工時期や施工方法、気候条件や汚染度などによっても劣化速度はことなるため、あくまで一般的な数値であると思ってください。

 

そのため、サイディング外壁の塗装時期は、劣化状況や目地のシーリングを確認して見極める必要があります。

 

サイディング外壁の劣化症状としては、以下のような状態です。

 

  1. 変色:サイディングの色が褪せたり、黒ずんだり、白っぽくなったりする状態です。
  2. チョーキング:サイディングの表面が粉化して白い粉が付着することをいいます。
  3. 反り:サイディングが湿気や温度変化によって歪んだり、浮いたりする状態をさします。
  4. ひび割れ:サイディングに細かい亀裂が入ったり、割れたりすることです。
  5. 剥がれ:サイディングが接着剤や釘で固定されている部分から剥がれたり、落ちたりする状態です。

 

これらの症状が見られたら、サイディング外壁の塗装を検討するタイミングです。

 

とくに、目地のシーリングに隙間やひび割れがある場合は内部への浸水が疑われますので、早急に対処する必要があります。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

サイディング外壁の色を変えたくない場合のクリア塗装

 

サイディング外壁の塗装をする場合、色を変えることもできます。

 

しかし、色を変えるということは、外観や雰囲気を大きく変えるということでもあります。

 

そのため、「色を変えたくない」という場合もあるでしょう。

 

色を変えたくない場合は、クリア塗装という方法があります。

 

クリア塗装とは、無色透明な塗料でツヤを出す方法です 。

 

クリア塗装には、以下のようなメリットがあります。

 

  1. サイディング本来の色や質感を損なわずに保護できます。
  2. ツヤを出すことで外観を美しく仕上げることができます。
  3. 塗膜が薄くても防水性や耐久性を高めることができます。

 

しかし、クリア塗装にも注意点やデメリットがあります。

 

具体的には、以下のような一面があります。

 

クリア塗装は、すべてのサイディング外壁に向いているわけではありません。

 

とくに、金属系やタイル系のサイディングはクリア塗装に適さない場合があります。

 

クリア塗装は色あせや汚れを隠せません。

 

そのため、サイディング外壁の状態が良くなければ、クリア塗装を施しても効果が出ない場合があるのです。

 

クリア塗装は塗膜が薄いため、耐用年数が短いという特徴があります。

 

そのため、クリア塗装をする場合は、より頻繁にメンテナンスをする必要があるのです。

 

クリア塗装は色を変えたくない場合の選択肢の一つですが、サイディングの種類や状態によっては向いていない場合もあります。

 

クリア塗装をするかどうかの判断は、専門の業者と相談されることをおすすめします。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

サイディング外壁塗装についてよくある質問

 

 

サイディング外壁は何年に一度塗装する必要がありますか?

サイディング外壁は一般的に10年程度で塗装する必要がありますが、これはあくまでも目安です。
塗料の種類や耐用年数、劣化状況や目地のシーリングなどによっても変わります。
定期的に外壁のチェックをして、塗装のタイミングを見極めましょう。

サイディング外壁の塗装はどのくらいの費用がかかりますか?

サイディング外壁の塗装費用は、建物の面積や形状、素材や状態などによって大きくことなります。
一般的には、塗装費用の約3割が足場代、約4割が塗料代、残りが高圧洗浄や養生、飛散防止ネット、シーリング、廃棄物処理などにかかります。
正確な費用を知るためには、複数の業者から見積りを取ることが重要です。

サイディング外壁の色を変えたくない場合はどうすればいいですか?

サイディング外壁の色を変えたくない場合は、クリア塗装という方法があります。
クリア塗装とは、無色透明な塗料でツヤを出す方法です。クリア塗装はサイディング本来の色や質感を損なわずに保護できますが、すべてのサイディングに向いているわけではありません。
また、色あせや汚れを隠せないことや耐用年数が短いことも注意点です。
クリア塗装をするかどうかは、専門の業者に相談することをおすすめします。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

サイディング外壁は塗り替え不要?サイディングも塗装が必要理由を解説!まとめ

サイディング外壁は塗装不要といわれていますが、実際には定期的な塗装が必要です。

 

塗装することで、外壁の防水性や耐久性を高めるだけでなく、外観や資産価値も向上させることができます

 

サイディング外壁の塗装は、住宅のメンテナンスには欠かせません。

 

サイディング外壁の塗装をお考えなら、専門の業者に相談してみるのが良いでしょう。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

建築士

建築士