外壁塗装で足場が狭い場合工法とは?具体的な設置方法と隣人とのトラブル回避法を紹介!

この記事では、外壁塗装で足場が狭い場合の施工方法について紹介します。

 

外壁塗装を考えているけれど、敷地が狭くて足場が組めないと悩んでいませんか?

 

一見すると難しいようですが、狭い敷地でも外壁塗装は可能です。

 

隣人との関係や安全性も考慮して、適切な時期に外壁塗装をしましょう。

 

この記事を読めば、狭い敷地でも外壁塗装ができることを理解できます。

 

外壁塗装で足場に必要なスペース

 

外壁塗装で使われる足場には、主に以下の3種類があります。

 

ここでは、足場の種類ごとの特徴と必要な設置スペースを紹介します。

 

単管足場
単管足場は、鉄パイプとクランプで組み立てる足場で、最低でも建物から50cmのスペースが必要です。
安価で騒音も少ないのがメリットですが、安全性が低く、作業性が悪いという一面があります。
また、単管足場は風や雨に弱く、倒壊する危険性もあるためあまり使われていません。

 

くさび緊結式足場
くさび緊結式足場(ビケ足場)は、くさびと金具で組み立てる足場で、最低でも建物から70cmのスペースが必要です。
安全性や作業性が高く、現在、多くの現場で使われています。
くさび緊結式足場は単管足場よりも強度が高く、風雨にも耐えられます。
ただし、単管足場よりも費用が高く、組立時の騒音がデメリットです。

 

脚立足場
脚立足場は、脚立に踏板を取り付けた足場で、最低でも建物から50cmのスペースが必要です。
簡易的な塗装に使われることもありますが、安全性や作業性が低く、建物全体の塗装には向きません。
脚立足場は倒れやすく、落下事故のリスクも高いためほとんど使われていません。

外壁塗装で足場が狭い敷地での設置方法

 

外壁塗装で足場が狭い場合の設置方法をご説明します。

 

敷地内に50cm以上のスペースが確保できれば、単管足場や脚立足場を使って外壁塗装することができます。

 

しかし、それ以下のスペースしかない場合は、以下のような対処法になります。

隣の敷地を借りる

民法209条第1項により、必要な工事のために隣の敷地の使用を請求することができます。

 

ただし、隣人の承諾が必要ですし、迷惑をかけないように注意しなければなりません。

 

隣人との関係が良好であれば、この方法が最も簡単で安全です。

 

隣人には事前に挨拶をして、足場の設置期間や作業時間、騒音やゴミの対策などを説明しましょう。

 

また、敷地の使用料や損害賠償などの費用も支払わなければいけません。

民法209条第1項は、自分の土地の境界や近くに塀や家などを作ったり直したりするときに、必要ならば隣の土地を使ってもいいということです。

 

でも、隣の人の家には入れないし、隣の人に迷惑をかけないようにしなければなりません。
また、隣の土地を使う前には、隣の人にその理由や日時や場所や方法を教えておかなければなりません。
もし、隣の人が損害を受けたら、お金を払ってあげなければなりません。

 

たとえば、あなたは自分の土地に小屋を建てたいと思っています。
でも、小屋を建てるためには、隣の土地に足場を立てる必要があります。
そうしたら、あなたは隣の人に小屋を建てることと、足場を立てるために隣の土地を使うことと、いつからいつまで使うかと、どこでどうやって使うかを伝えます。

 

そして、隣の人が了解してくれたら、あなたは民法209条第1項によって隣の土地を使って小屋を建てることができます。もし、足場が倒れて隣の人の花壇を壊したりしたら、あなたはその修理代を払わなければなりません。

 

このように、民法209条第1項は、自分の土地の境界や近くに何かを作ったり直したりするときに、必要ならば隣の土地を使ってもいいということですが、そのときは隣の人に迷惑をかけないように配慮しなければならないということです。
この規定は、土地所有者同士の良好な関係を保つためにあります。

ロープアクセス工法を使う

ロープアクセス工法とは、ロープを使って高所作業を行う方法です。

 

足場を設置するよりも安く済みますが、作業性や安全性が低く、広い範囲の修繕には不向きです。

 

狭小地で足場が組めない建物の最終手段と考えてください。

 

ロープアクセス工法は特殊な技術と経験が必要なため、専門の業者に依頼する必要があります。

 

また、ロープアクセス工法は風や雨に影響されやすく、作業中止になることも多いです。

 

ロープアクセス工法を使った作業としては、以下のような工事で使われる場合が多いです。

作業事例1
マンションの外壁にひび割れが見つかりました。
しかし、隣のマンションとの間隔が狭くて、足場を組むことができません。
そこで、ロープアクセス工法を使って、ひび割れの部分に直接アプローチして、補修材を塗ります。
ロープは屋上に設置したアンカーに固定して、作業者はハーネスで吊られています。
作業者は2本のロープを使って、上下左右に自由に移動しながら、ひび割れの部分を見つけて修理します。

作業事例2
橋梁の下部に錆が発生しています。
しかし、橋梁の下は川や道路などがあって、足場を組むことができません。
そこで、ロープアクセス工法を使って、錆の部分に直接アクセスして、塗装や交換などの作業を行います。
ロープは橋梁の上部に設置したアンカーに固定して、作業者はハーネスで吊られています。
作業者は2本のロープを使って、上下左右に自由に移動しながら、錆の部分を見つけて処理します。

ロープアクセス工法は、隣地との空間が狭い場合でも高所作業が可能な方法です。

 

足場を組まないことで、工期やコストや環境への影響も抑えることができます。

 

しかし、広範囲に及ぶ外壁塗装では作業効率と安全面から採用されるケースはまれです。

外壁塗装で足場が狭い外壁におすすめの耐用年数が長い塗料

 

外壁塗装で足場が狭い外壁には、足場スペースが広い外壁とはことなる対策をします。

 

隣地との距離が短い場合、メンテナンス回数を節約できる塗料を使うのもおすすめです。

 

隣家とのトラブルを避けるには、少し高価な塗料を使ってケア回数を減らすことも選択肢の一つです。

 

具体的には、以下の塗料は耐用年数の長くておすすめできます。

 

フッ素塗料
耐用年数は15~20年とトップクラスです。
防汚性・防寒性・耐熱性を有しており、光沢感も高いです。
ただし、塗膜がやや硬いためひび割れが起きやすい建物には向いていない場合があり、費用も高めです。

遮熱塗料
耐用年数は15~20年とトップクラスです。
熱を反射してくれる効果があり、室内を快適に保ってくれます。
省エネやエコなど環境問題にも配慮されており、自治体によっては補助が受けられる場合があります。

無機塗料
耐用年数は15~20年とトップクラスです。
耐候性も強く劣化しにくいのが特徴です。
セラミックやケイ素などの無機物を主成分としており、紫外線や雨風などに晒されても色あせしにくいです。

 

以上の3種類の塗料は、耐用年数が長く、高品質な塗料としておすすめできます。

 

ただし、それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご自宅の建物の状態や予算などを考慮して選択することが大切です。

外壁塗装で足場が狭い場合についてよくある質問

 

狭い敷地で足場を組むには、どのような許可や手続きが必要ですか?

狭い敷地で足場を組む場合は、隣の敷地や道路などに足場がはみ出す可能性があります。
その場合は、隣人や自治体などに事前に許可や協力を得る必要があります。
また、足場の設置や撤去の際には、騒音やゴミなどの対策も行う必要があります。
業者と相談して、必要な手続きや対応を確認しましょう。

狭い敷地で足場を組むと、費用は高くなりますか?

狭い敷地で足場を組むと、通常よりも工期が長くなったり、特殊な足場や機材が必要になったりすることがあります。
その場合は、費用が高くなる可能性があります。
しかし、業者によっては、狭い敷地でも安く済ませる方法やプランを提案してくれることもあります。
見積もりを取って、費用の内訳や詳細を確認しましょう。

狭い敷地で足場を組むと、外壁塗装の品質に影響はありませんか?

狭い敷地で足場を組むと、作業スペースが狭くなったり、作業員の動きが制限されたりすることがあります。
その場合は、外壁塗装の品質に影響が出る可能性があります。
しかし、業者によっては、狭い敷地でも高品質な外壁塗装を行う技術やノウハウを持っていることもあります。
実績や評判をチェックして、信頼できる業者に依頼しましょう。

外壁塗装で足場が狭い場合工法とは?具体的な設置方法と隣人とのトラブル回避法を紹介!まとめ

外壁塗装で足場が狭い場合は、隣の敷地や道路などに許可や協力を得る必要があります。

 

また、費用や品質にも影響が出る可能性があるため、作業には慎重さが求められます。

 

しかし、信頼できる業者に依頼すれば、狭い敷地でも高品質な外壁塗装を行うことができます。

 

足場の種類や対処法を知っておいたうえで、経験豊富な塗装業者に相談しましょう。

外壁塗装

外壁塗装