地元業者の価格を内緒で比較

相場よりお得に工事できるかも!?

外壁塗装の剥がれを放置するとどうなる?剥がれを防ぐメンテンス方法も解説!

外壁の剥がれは、年数が経過することで起きる劣化原因の一つです。

 

塗装が剥がれてしまうと保護機能が低下しますので、放置すると建物に深刻なダメージを与える可能性があります。

 

外壁の剥がれが見つかったときは、外壁塗装を考える時期に来ていると思ってよいでしょう。

 

今回この記事では、塗装の剥がれの原因や対策についてご紹介します。

 

外壁の剥がれを放置しているという方は、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装の剥がれの原因

 

外壁塗装の剥がれが起きることには理由があります。

 

まず、経年劣化は避けられないと思っておいた方が良いです。

 

塗料がもつ耐用年数を超えると、塗膜は劣化し始めます。

 

紫外線や雨風などの自然環境によって劣化が進み、塗膜が剥がれる原因となるのです。

 

次に、施工不良も剥がれが起こる原因です。

 

施工不良は業者に原因があるのですが、施工不良を見抜くことは難しいため、劣化症状が出て初めて気づくことが多いのです。

 

これには、下地処理の不足、塗料の選択ミス、塗料の乾燥不足、塗装時の不適切な天候などが含まれます。

 

例えば、下塗りが不十分だと塗料が下地にしっかりと密着せず、剥がれやすくなります。

 

また、塗料が完全に乾燥する前に次の工程に進むと、塗膜の密着が弱くなり、剥がれの原因になります。

 

さらに、品質の悪い塗料が使われていると、耐久性が低いため剥がれやすくなります

 

高品質な塗料を使用すると塗装の持続性が向上するため、剥がれにくくなるのです。

 

これらの原因を理解し、適切な対策を講じることで、外壁塗装の剥がれを防ぐことができます。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の剥がれを放置するとどうなる?

 

外壁塗装の剥がれを放置すると、建物に以下のようなリスクが生じる可能性があります。

 

  • 雨漏り
    剥がれた塗装箇所から雨水が侵入し、外壁材を通過して雨漏りを引き起こす可能性があります。
    これは外壁塗装のみならず、外壁材の張り替えやリフォームが必要になることもあり、高額な費用が発生するかもしれません。

  • 建物の安全性低下
    外壁塗装の剥がれにより構造体にまで雨水が浸透すると、建物の構造体自体に影響を及ぼし、最悪の場合は倒壊する危険性もあります。

 

外壁塗装の剥がれを放置すると、見た目の美しさが損なわれるだけでなく、建物内部にも悪影響を及ぼします。

 

また、修理を依頼する業者探しに時間をかける必要があるなど、多くの時間とコストをかけることになるのです。

 

外壁塗装の剥がれは、主に経年劣化と施工不良の2つが原因です。

 

塗膜の剥がれを放置すると剥がれが広がり雨水が侵入することもあるため、早めの対処が必要になるのです。

 

そのため、定期的なメンテナンスがとても大切なのです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の剥がれを見つけたら

 

外壁塗装の剥がれを見つけたら、放置せずに以下のポイントを確認しましょう。

 

  1. 剥がれの範囲と深刻度の確認
    小さな剥がれであれば、清掃後に同じ種類の塗料で補修することが可能です。
    しかし、剥がれが広範囲に及んでいる場合や、原因が明らかでない場合は、自己判断せずに専門業者に相談しましょう。

  2. 専門業者への相談
    もっとも適切な判断は専門業者に相談することです。
    早めの対処で住宅を守るためにも、自分で判断しないようにしましょう。

  3. 保証期間の確認
    新築時または最後の外壁塗装時から1年前後で剥がれが生じた場合は、保証期間内であれば無償で補修が可能です。
    契約書を確認し、担当した塗装業者へ連絡を取りましょう。

  4. 補修方法の選定
    塗装剥がれの原因が施工不良の場合、外壁塗装工事による塗り替え、外壁カバー工法、または外壁材の張り替えといった補修方法があります。
    剥がれの程度により、補修方法はことなります。

 

外壁塗装の剥がれを放置すると、見た目が悪くなるだけではありません。

 

建物に深刻なダメージを与えるサインでもあるため、早急な対応が必要になります。

 

定期的なメンテナンスと早めの修繕こそが、大切な家を長持ちさせるポイントです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の剥がれを業者に確認する際のポイント

 

外壁塗装の剥がれに対する適切な対応方法について、以下のステップで行うことが一般的です。

 

  1. 保証書の確認
    外壁塗装には保証期間が設けられていることが多いです。
    剥がれが発生した場合、まずは保証書を確認し、保証期間内であれば無償で補修が可能かどうかを確認しましょう。

  2. 現状の記録
    剥がれた状態を写真に撮っておくことで、業者とのコミュニケーションをスムーズに行えます。
    また、将来的に同様の問題が発生した際の参考にもなりますので記録を残しておきましょう。

  3. 業者への連絡と点検
    専門業者に連絡し、点検を依頼します。
    業者は剥がれの原因を特定し、それに基づいた最適な補修方法を提案してくれます。

  4. 消費者センターへの相談
    業者が適切な対応をしてくれない場合は、消費者センターなどに相談することも一つの手段です。

 

外壁塗装の剥がれは、経年劣化や施工不良など様々な原因によって発生します。

 

専門業者による適切な診断と対応により、建物を長持ちさせることができるのです。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の剥がれを防ぐ定期的なメンテナンス

 

外壁塗装の剥がれを防ぐためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

 

メンテナンスを定期的おこなっていれば、内部にまでおよぶ深刻なトラブルに発展することはありません。

 

以下、外壁塗装のメンテナンスについて紹介します。

外壁メンテナンスの目的

新築後7〜10年経過すると、紫外線、雨水、風、温度変化などによって外壁の色褪せやひび割れが生じることがあります。

 

これらの劣化は、建物の構造に影響を及ぼす可能性があるため、定期的なメンテナンスが必要です。

 

外壁塗装を行う主な理由は以下の通りです。

 

保護機能
塗装は外壁を水分や紫外線から守り、材料の腐食や劣化を防ぎます。

 

断熱効果
適切な塗料を使用することで、建物内部の温度を一定に保ち、エネルギー効率を向上させることができます。

 

防水効果
塗装は外壁の防水性を高め、雨漏りなどの水害から建物を守ります。

 

美観の向上
新しい塗装は建物に新鮮な外観を与え、周囲の環境との調和を図ります。

外壁メンテナンスの方法

外壁のメンテナンス方法は、使用されている材料の種類によってことなります。

 

以下は、主な外壁材料とそれに適したメンテナンス方法の概要です。

モルタル系
点検:ひび割れや剥がれがないか定期的に点検します。
清掃:汚れや苔を取り除くために、優しい洗剤と柔らかいブラシを使用して洗浄します。
補修:ひび割れや剥がれが見つかった場合は、専用の補修材で修復します。
塗り替え:耐候性を保つために、定期的に塗り替えを行います。

タイル系
点検:タイルの割れや浮き、目地の劣化をチェックします。
清掃:タイル表面の汚れを落とすために、水洗いや専用クリーナーを使用します。
補修:割れたタイルや浮いているタイルは、新しいものに交換します。
目地補修:目地が劣化している場合は、目地材を打ち替えます。

サイディング系
点検:サイディング板の歪み、剥がれ、色褪せを確認します。
清掃:軽い汚れは水洗いで、頑固な汚れには専用の洗剤を使用します。
補修:小さな傷や剥がれは、補修材で直します。
塗り替え:サイディングの塗膜が劣化している場合は、塗り替えを行います。

外壁メンテナンスの時期

外壁塗装のメンテナンス時期は、一般的には10〜15年ごととされていますが、これはあくまで目安です。

 

実際のメンテナンスの必要性は、以下の要因によって大きく変わります。

 

外壁材の種類
異なる材料は耐久性や耐候性に差があり、メンテナンスの頻度に影響します。
例えば、木材は劣化しやすいため、より頻繁なメンテナンスが必要です。

 

 

気候条件
激しい日差し、多湿、塩害、寒冷などの厳しい気候条件は、外壁の劣化を早める可能性があります。

 

 

建物の立地
海岸近くや工業地域など、特定の環境は外壁にとってより過酷な条件となり得ます。

 

 

劣化の状況
外壁の色褪せ、ひび割れ、剥がれなどの劣化の兆候が見られた場合、すぐに対処する必要があります。

外壁メンテナンスを怠った場合のリスク

外壁メンテナンスを怠ると、以下のようなリスクが生じる可能性があります。

 

構造的な問題
外壁の劣化は、水の浸入を許し、建物内部の木材や鉄骨の腐食を引き起こす可能性があります。
建物の強度が低下し、最悪の場合、建物の倒壊につながる危険性もあります。

 

断熱性の低下
外壁の劣化は断熱性を低下させ、冷暖房の効率が悪くなります。
エアコンの使用頻度が増え、電気代が家計を圧迫します。

 

防水性の喪失
防水層が損なわれると、雨漏りが発生しやすくなります。
内部の壁や床にカビや腐食が生じる原因となります。

 

美観の損失
外壁の色褪せや汚れは、建物の外観を損ね、不動産価値を下げる要因になります。

 

修繕コストの増大
定期的なメンテナンスを行わないことで、小さな問題が大きな損傷に発展し、修繕にかかるコストが大幅に増加します。

 

健康リスク
建物内部の湿気やカビの増加は、居住者の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁メンテナンスの費用

 

外壁の種類によってメンテナンスの方法や費用が異なります。

 

以下に、モルタル系外壁、タイル系外壁、サイディング系外壁のメンテナンス方法と費用を具体例としてまとめてみましょう。

 

メンテナンス方法 メンテナンス費用
モルタル系外壁
  • クラックを補修する:クラックがある場合は防水モルタルやシーリングを注入し、塗装で仕上げます。
  • 浮きや擦れがある場合は塗り替える:塗装に浮きや擦れが出てきたら外壁全面塗り替えが必要です。

クラック補修
1,000〜2,000円/㎡塗り替え
500〜1,000円/枚

タイル系外壁
  • クラックがある場合は貼り替える:タイル自体を交換します。
  • コーキングを補修する:タイル同士の隙間部分のコーキングを新しく注入します。

タイル交換
500〜1,000円/枚コーキング補修
500〜700円/箇所

サイディング系外壁
  • 窯業系サイディングはコーキング補修と塗り直しを行う:コーキングの剥がれを補修し、塗装を行います。
  • 金属系サイディングは防錆処理と塗り直しを行う:サビを取り除き、防錆塗料を塗布します。

コーキング補修
500〜700円/箇所タイル交換
500〜1,000円/枚

 

外壁メンテナンスの時期は一般的に築10年ごろが適切です。

 

この時期にメンテナンスを行うことで、外壁の劣化を防ぎ、美観と耐久性を保つことができます。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

定期的な外壁メンテナンスの重要性

 

定期的なメンテナンスにより、外壁の劣化を早期に発見し、小規模な補修で済むことが多くなります。

 

これにより、建物の寿命を延ばすことができます。

 

外壁塗装のメンテナンスは、専門業者による定期的な点検と適切な時期に行うことが重要です。

 

これにより、塗装の剥がれを未然に防ぎ、建物を長持ちさせることができます。

 

定期的なメンテナンスは、建物の価値を維持し、将来的な大きなコストを避けるためにも、非常に重要な役割を果たします。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

外壁塗装の剥がれを放置するとどうなる?剥がれを防ぐメンテンス方法も解説!まとめ

外壁の剥がれは、見た目の問題だけでなく、建物の耐久性にも影響を及ぼします。

 

剥がれを放置せず、適切な対応を行うことで、建物を長持ちさせ、快適な住環境を保つことができます。

 

外壁の剥がれは外壁塗装をおこなう重要なサインですので、早めの工事計画をおすすめします。

無料で今すぐ見積もり金額を比較する(契約するまでお金は一切かかりません)

建築士

建築士